スカート製作 その8

1.ウエスト部分にステッチ

 裏地が表から見えては、と少し控えて折り返した(後で本見たら、その場合、表と裏の印を少しずらして縫う縫い方にするべきだったらしい)ため、作り方では2mmのところを、裏地までステッチが通るように4mmにしました。

Fj310817

2.裾のまつりぬい

作り方ではミシンでしたが、赤い生地の部分に黒糸が渡ってしまうので、まつり縫いすることに。まつり縫いでも赤のところは結構目立ちます。ミシンにしなくてよかった。
まつり縫いも、奥まつりがいいのだろうけど、布の端を使っているためジグザグミシンかけてなく、ふつーのまつり縫いでしました。

Fj310818_2

さあ、後はカギホックつけと糸ループつけ、仕上げアイロン!

スカート製作 その7

1. 裏ヨーク・裏地と表ヨーク・表布を中表で合わせて、しつけ。ミシン掛け。

 裏ヨークをどこまで縫っていいのか分からなく、印のところまで縫ったらファスナーに裏地がかぶさってしまいました。手作りだし、あまり問題はなさそうなので、このままにしておきます。

2.裏返して、ファスナー脇の裏地をまつり縫い、星止め。

キットについてた作り方がいまいち分かりづらいので、昔の洋裁雑誌を参考に作っています。

あとは、ウエスト部分のステッチ、裾のまつりぬい(レシピはミシンになってるが)、裏地と表地のループ、カギホックつけ。あと少し!

Fj310815

スカート製作 その6

1. 裏ヨークと裏地をミシン掛け 印つけのあるヨークを上にして縫うので、裏地がつるつる滑りミシンが進まないため、ハトロン紙を一緒に縫いました

2.縫いしろに切り込みを入れ、アイロン

今日はこれまで。

スカート製作 その5

実に9年越しのスカート製作再開です!

前回の記事 → スカート製作 その4

1.裏地の脇縫い 後で本で確認したら、生地の裏表かんちがいしてて、裏を表にしてしまいました。まあ、あんまり変わらないからいいかbleah

2.スリット部分縫い 縫いしろを割ってダダダーッと

3.裾始末 三つ折りでミシン。少しずれた

4.裏ヨーク左脇縫い レシピの書き方が分かりづらくて、実際のスカートと合わせながら確認後、縫い縫い

5.裏ヨークと裏地のしつけ 裏地スカートはタックを付けるのだけれど、表のタックは3本、裏は2本で、タックを取る方向は考えなくてよいのか分からず適当に

9年分のしわがすごくて、アイロンかけたけど取れない…

Fj310814

オリムパス 刺し子 花ふきん

以前、オリムパスの刺し子花ふきんのキットを買って作ったことがあります。

↓こんな感じのかわいいの。

作った後に、今度はオーソドックスな柄のを作りたいなぁと、図案がプリントされた布だけの品を買いました。

↓柄は違うが、お安めの。私が買ったのと同じ柄の仕立て上がり・糸・針付きキットはお高め。

これはふきんが仕立て上がってなくて、自分で縫わないといけないものでした。しかし、ふきんの仕立て方がどこにも書いてない…。どうしたらよいのか分からないまま、手芸用品の箱の中に眠っていました。

そうだ、ネットで検索すればいいんだ! と思いついたのが最近。

ネットで検索したところ、オリムパスのHPに載っていたという…。商品の説明書にも印刷しておいてほしい。

オリムパスの該当ページ より

「布を中表にし、図案の外枠から1.5cmの所を「わ」にし、反対側の外枠から1.5cmの所を縫い合わせます。縫い代は0.5cmほど残し切りおとします。」

待ち針で留めてミシンをかけたのですが、少しずれてしまいました。これは私の腕が悪いせいだと…。800円も違うと仕立て上がりのキットを買うのもバカらしいですよね。針もあるし。

クラフトテープでカゴ作り

アンパンマンのブロックパズルを作るのと並行して、クラフトテープでカゴも作りました。これはコープで頼んだキット。通常6ヶ月のキットなのですが、たまーに4ヶ月のキットもあり、それを注文。

以前、お茶の行事で竹かごを作ったことがあり、それがめっちゃ面白く、かつ自分では上手にできたなーと思っていたので、それに似てるかと。

くるくる巻いてあるクラフトテープを2mとか測って切るのと、一番要の底のテープ組みが出来れば、後はひたすら編んでいくだけ。生活用品のかごやざるを編んでいた昔の人になった気分にも浸れます。

↓初めて作ったもの。上手に出来たなと自負しております。

Fj310550

↓次に作った籠バッグ。縦ひもが多くなったのと、編む横ひもが細くなって難易度アップでした。

Fj310549

キットを1つママ友に譲ったので、後1つ残っています。ままごとグッズが出来たら取り掛かる予定~。




チャコエース-1

アンパンマングッズを作ったときに苦労したフェルト切り。本に書いてあったやり方で、型紙のコピーを少し大きめに切ってフェルトに貼り、その線に沿って紙ごとチョキチョキ。

しかーし、ままごと作りにはこの方法は使えない。なぜって、パーツが大き過ぎるから。

世の中は進歩している。私が知らないだけで、フェルトに印をつけられるチャコペンがあるはずだ!! と鼻息荒く(ウソ)手芸屋さんで物色。

あったぜ、その名も「チャコエース-1」!!! 280円也(税抜)。

Fj310548

しかも、このチャコペン、自然に消えるのだ。なんて素敵なんでしょう~(ウットリ)。

ピンクは早く消える(1~7日位)、紫は遅く消える(2~14日位)、ということで、ピンクを購入しました。

メーカーはアドガーという聞いたことないとこだったけど、使い心地は、もう大満足heart04 書いた具合は、水性サインペンみたいな感じです。湿度や温度によって消える早さが変わるのですが、下手したら書いて少し置いておくと薄くなってきます(早く切らなきゃ、おっとっと)。赤色のフェルトは少し見えづらかったけど、ままごとグッズ作成に必須アイテムです。

フェルトでままごとグッズ

アンパンマングッズを作り終え、余ったフェルトを消費しようと、ままごとグッズを作り始めました。男の子でもままごと大好きです。

↓ 今回は購入

コープ宅配のキット(リンク→ネコジロウTV)が欲しかったのですが、6ヶ月単位でしか申し込めない上、少しお高いので、本を購入。しかし、ディテールはキットのほうがよかった…orz。

本は作品によって製作者が異なり、気に入るものは少し。その中でも私が気に入り、息子が作ってちょうだいと言った「サンドイッチ」を作り始めました。

しかし、このサンドイッチ、材料に洗えるフェルトが指定されていて、手持ちにある普通のフェルトと色合いが微妙に違う。なので、結局洗えるフェルトを新しく買ったので、在庫のフェルトは使ってません…。そして、パーツが多すぎて、暇を見つけてはチクチクしているのですが、あんまり進んでないのが難かも。

フェルトでアンパンマングッズ

図書館で見つけた本を参考に、アンパンマングッズを作りました。

↓ 昨年11月に完成

Fj310371
アップリケの位置をフェルトに写しづらいのが困った点。マスコットを作るのが難しく、中国の縫製会社の人を尊敬します。

↓ 今年10月に完成

Fj31053212079552_857369701037685_4020851564

本では10cm角だったのですが、扱いづらいだろうと7cm角に修正。その分縫うところが少なくてグー。こちらはアップリケの位置が分かりやすくてよかった(分断されているから)。立体にするのが難しいかと思ってたけど、案外楽でした。

そして、問題の息子の反応はというと。

バッグは喜んで持っています。が、ブロックパズルはほとんど遊んでいません(涙)。

流行先取り?

先日手芸屋さんに行きましたら、こぎん刺しのキットが多数販売されておりました!

20年ほど前に図書館で本を見つけて、やってみたかった「こぎん刺し」。その当時、インターネットも整備されてなく、物品の購入は店舗限定の時代。布を手に入れるのすら難しくあきらめていました。

↓購入して持ってます。

で、今流行ってるの?

うわ、amazonで「こぎん刺し 本」で検索したら、たくさん出た!!

↓ オリムパスのキット(一例)

同じような時期にビーズアクセサリーの本を手芸屋さんで見かけて作りたかったのですが、こちらも材料を入手するのが困難であきらめていたら、5,6年後にビーズブームが…。

今、クラフトテープでカゴを作るのが好きで、キットを買って2つばかり作ったのですが、これももう少ししたら流行るかな?

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック