お茶道具鑑賞

仕事帰りに、デパートで開かれている茶道具展へ出かけてきました。

この展示会、これまでは平日の1日のみホテルで行われていたのですが、いつからかデパートの画廊で行われています(主催は変わらずデパートの外商部)。ホテルであったときは、先生から話を聞いていったのですが、招待状が必要だったようで・・。先生のお名前を出して入れてもらいました。そこには、なんと2,500万円もする江戸時代(だったか)の茶釜が複数あって。そりゃ招待状もいるわ・・。2,500万円もあったら、家が建つよ。一緒に行った社中の女の子と、一瞬では判断できず、値札の桁ばかり数えていました。お道具もちゃんと見てたけど。

今回も2,500万円のお釜あるかな~と見に行ったのですが、そこまでのお釜はありませんでした。しかし、江戸時代のお釜がいくつもあって、平成の時代まで残っている(もちろん使えます)、いろんな人の手に渡って、管理してきて、今ここにあるんだな、と感慨深いものがあります。

他もすごいお道具ばかりで、20万円でも安く思えてしまう・・。

下世話な私は、何が一番高いものかとキョロキョロ。黒の楽茶碗で500万以上のものが3,4点ありました。

「お塗りは?」「宗哲です」といつも気軽に応えている「宗哲さん」のお棗。黒の中棗150万円でした・・。私がこないだ買った軽自動車より高いよ。

一通り見た後、お値段は関係なく、「私ならこれが欲しい」というものがあったか、もう一度ひとめぐりしてみたのですが、「これ」というものがなく(はなから買えるわけがないので、そういう気分でもなかったのか)、まあ、これならいいかな?(尊大)と思ったのが、きれいなお茶碗。しかしそれは他流派のお家元のお箱書のある250万円のお茶碗で、求めても(求めませんが)人前では使えません、多分。

一つ良いものがあっても、他のお道具とのバランスが大事なので、おいそれとは求められませんね。庶民には。一体誰が買うんだろー。想像のつかない世界です。

ただでいいお道具がたくさん見られて満足♪でした。

おひなさま

閏日の今日、インテリアコーディネーターさんが来てくださって、いつものお遊びのお茶を。先月予定がつかず、今年会うの初めてです。

昨年の2月と同じお菓子屋さんで、かわいいお菓子を買ってきてくださいました\(^o^)/

Img_4909

いい菓子器がないわが家です・・・。

衣がほんのりニッキの味で、とってもおいしかったですheart01

で、私からもお土産を。正月の帰省時のお土産なのですが。

Img_4907_3 コシヒカリで作ったお菓子。見本ではクッキーのようでした。袋のデザインがお米の袋になっているのがいいでしょ。

お手伝い

最近なかなか記事が書けず(理由はネットでコンピュータ相手に花札やトランプばかりしてるからcoldsweats01)、「ピアノレッスン思い出し日記」と化しているので、もう一つの趣味の茶道の話をば。

あまりブログにのせてませんが、毎週お稽古も行っているし、役員会の会議にも毎回出席してるし、家でも役員会の資料を作ったり、お茶の本を眺めたりもしてるんです。

で、昨日(準備)、今日(本番)とお茶会のお手伝いに行ってきました。

今回は初めての役割が与えられ、「これまで他の人がやってきたようにすればいいんだな。もう1人同じようなことをする相手もいるし、相談しながら」と出かけたのですが、いざミーティングが始まってみたら、今回はいつもと違う方法でする、今回の私の役割には人手がいらないように考えたから1人でしてね、というお達しが・・・。え、相談する相手いないんですか・・。

ま、楽ならいいか、と呑気に構えてやっていたら、実は想像もしていなかった(というか、ちゃんと説明を受けていなかった)非常に大それた役が当たっていたのでした・・・。

その「非常に重要な役」は、本来なら、私ごときではなくて、一番重要なポストの人がするべき(だと私は思う)。しかし、そのポストの人は他の大切なことに気がまわっていて、すっかり放り出されてしまっていた私。それに気づいてくれたのか、午後からはフォローに入ってくれましたが、午後よりも午前の一番大事な時間にとてもまずいことをしたような・・・。

今日は、「前席の失敗を次席で改めよう」と上手くいくようにと改めたことがすべて裏目に出たという、なんとも変な感じで。よーくよく考えると1席ずつ状況が違ってくるのだから、それに対応しないといけなかったのですが。

いつもは自分がしたことに対して落ち込んでばかりいるけど、今日は消化不良のようなモヤモヤ感があります。どよーんと落ち込んではいませんが・・。

って結局グチ日記になってしまうお茶関係なのでした。

初釜へ

今日は社中の初釜へ。ここ2年ほど先生のご都合で正月休みに催されていたため、不参加だった私。久しぶりの初釜です。

行ってみたらば別の曜日の社中の方も全員来られていて総勢10名。

こちらも先生のご都合上、先生の練った濃茶をいただき、その後に員茶(かずちゃ)の式で社中全員薄茶を1服、そしてお祝い膳の点心を。

員茶の式、いつもなぜか「札元」の役が当たる私(くじ引きで決めてます)。これまで3~4回はしてると思うぞ。年に1回しかしないのに…。2009年の初釜でも当たってます。

帰ってからは明日のピアノの練習を。12月最後のレッスン以来、初めて練習しました…orz

干支のお茶碗買いました

土曜日、用事があってお茶道具屋さんに行ったので、これ幸いと自宅用に干支のお茶碗買いました。いつもいつも出遅れて買いそびれていたので、ほっと一安心。今回はまだたくさんある中から選べました。

が、「辰」年は絵付けの茶碗がなかなか好みにあうものがないのです。「寅」年も困ったけど。

で、今回は絵付けの茶碗はやめて、文字のお茶碗にしてみました。

よく見ると、「おおっ」という小さな発見もあって、楽しめるお茶碗です。

試験を終えて その2

午後1:30から試験開始の茶○文化検定を終えて、帰ってきました。2級の受験です。前回の様子

「2級のテキストは難しすぎる~」と以前ブログでグチっていました(2010年6月7月)が、今年は一念発起、勉強することにしたのです。

勉強するに当たって、テキストをすべて読み、イマイチ人の名前と人物関係が覚えられないので、小説『利休にたずjねよ』を買って読み。

いや~、これがどんぴしゃでした。お話は面白いし(直木賞受賞)、「テキストを参考に書いたの?」と思うぐらいテキストにある記載が満載。名前だけだった人物が、生き生きと描かれていて、私の中で血肉を持った人物となりました。

さて、次は過去問。2級は初めて実施の第2回問題。テキストを読まずにした際は49問/80問正解でしたが、テキスト読了後は61問。合格の70%にはのってます。第3回は72問。第2回が難しすぎたのか、簡単になってます。これなら合格間違いなし。

という勉強法を先週終え、2度目のテキスト読みを半分だけ済ませ、今週はなにもせず。一夜漬けも忘れてしまいそうなので、当日漬け。

今朝は第3回の問題で、問題集からの出題数を確認。11問でした。うーん。大丈夫かな。家でテキスト読んでないところを読み、試験前に残りすべてを読了。

岡山会場の受験者数は1級31人、2級47人、3級45人、4級15人。2年前と比べると格段に少なくなってます。どおりで案内がよく来るわけだ。来年は受験会場が減るかもしれませんね。前から2番目の席だったし、あまりきょろきょろしなかったのですが、年配の方が多いように思えました。

さて、試験。4択のマークシートです。今回も”マークシート用鉛筆”持参で。出題数は80問。解答時間は80分。

試験スタートの合図でパーッと問題を見て、正解と思われるものに○をしていって、約15分。初めに戻って落ち着いて問題を読み直して確認に約20分。マークシートに転記に約15分。転記の確認に約10分。さらに受験番号や問題をもう一度確認して10分ほど。考えても分からないところはいくら悩んでも分からないので、途中退室しました。(←前回のコピペです。まったくおんなじ行動の私。ハハハ)。途中退室は少なかったです。

問題は、というと、今朝読み返して覚えたところがばっちり出てそれは安心。試験前に読んだのに、覚えてないところも出て、むむむ。怪しいところが25問。これでは不合格だよ~、と思いつつも覚えてないことは答えの推測のしようがないので、すっぱりあきらめよう。

帰宅後自己採点しました。テキストに記載されているものがほとんどで、問題集と同じものが28問ほど。テキストにも載ってないものも5問ほど。自己採点では、80問中、69問正解。7問不正解で、答えが分からないものが4問。10/28から公式サイトで解答速報(?)が出るらしいので、出たら確認しようっと。合格できたようでよかった。

この覚えている状態で1級を受けたいけど、次は来年なんだよな~。

お月見

今日は十五夜お月さん。高い空に煌々と輝いております。

予定が合えば、後楽園の観月茶会に行くのですが、今年は予定が合わず。

和菓子屋に寄る時間もなくて、スーパーで買ってきた利久饅頭(だんご系はすべて売り切れていた)で一服(麦茶)。

私の買ったお饅頭は、「利休」じゃなくて「利久」でしたが、利休饅頭が正しいよう(wikiによれば)。

利休といえば、昨日NHK-BSで勅使河原宏監督の「利休」の映画をやっていました。独身時代にお茶の先生からビデオをお借りして見たのですが、映像がとてもきれいで、朝顔と切腹のシーンが印象に残っています。録画したので、後日見ます。

さらに、利休といえば、10/23にある「茶道文化検定」の2級受験の申込みをしたので、ただいまテキスト流し読み中。覚えることがたくさんで、さっぱり頭に入りません。受験料4,900円もしたから、無事合格したいところだけど。あと1ヶ月ちょっと、がんばります。

研究会へ

今日は午後からお茶の研究会があったので、行ってきました。

着物で…。暑かった! 今日の最高気温32.6℃でございました。

「お茶の集まりには着物が前提。特に研究会に来られる業躰(ぎょうてい)先生はお家元代理なのだから」という先生のお言葉を胸に、研究会へは余程のことがない限り着物で出かけます。特に今日は、終身正会員以上が対象という1つレベルが上のものなので、勇んで出かけたのですが、来られている人の半分ぐらいは洋服でしたorz。

研究会では、勉強したかったお点前をしっかり見てきました。そのお点前はもう手順が書いてある本はなく、先生からの口伝。なので、他の人のお稽古場のお点前を見ることは研究会以外では皆無。忘れないうちにメモしておかないと。

しかし、体力のなさを実感。研究会の1時間15分の間、椅子にじっと座っていることが出来ません。足を前に出してみたり、もぞもぞ体を動かしてみたり。腹筋がないのでしょう、やはり。

帰宅後、汗をかきすぎて、プールの後みたいすかーっと眠りに落ちました。

明日も研究会はあるけど、特に見たいものではないので、パス。参加資格のある回数より出席できる回数が少ないので、残った券は12月の研究会に使います。

今日のお菓子

今年初のお遊びのお茶。

いつも来てくださっているインテリアコーディネーターさんにお菓子調達をお願いしたところ、こんな可愛いお菓子が。

146_4633

ご製は玉島の老舗和菓子屋さん、松涛園さん。ご菓銘は、「豆まき」です。

4つ盛ってありますが、2つで1組らしいので許してくだされ。

いただくのが惜しい&かわいそうですが、ちゃんといただきました。とってもとってもおいしかった。毎回ここのお菓子がいいです。お願いします~paper

干支の茶碗

今年も早、気付けば、12月も半ば。

まだ、干支のお茶碗、買ってないよ~。

なんとしても今週中にはお道具屋さんに行かねば。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック