« 洗濯槽クリーナー 使用後 | トップページ | 赤い羽根 »

『プレ・ハノン 弾ける弾ける!スケール&アルペジオ』

お久しぶりです。久々の更新(ほぼ1年!?)ですが、まだ読んでくださっている方はいるのでしょうか・・・。

息子も大きくなり、ピアノを弾いても泣いたりせず、そばでちょろちょろ遊んでいるので、時間があれば練習しようと思い始めました。

あるブログで、「音色がきれいな人は音階練習のおかげ」という一文を読み、昔のハノンを引っ張り出し、音階(スケール)練習してみたところ、基本のハ長調さえ指番号通り弾けてない自分を発見しました…orz

中学生の頃、ハノンの音階が半分ぐらい進んでやめてしまって、それからは全くレッスン受けたことありません。

うっすらと茶色くシミのあるハノンを広げるより、新しい楽譜を買ってこようと、今日楽器店に出かけてきました。

いろいろあったうち、選んだのがこの楽譜です。

「はじめに」から少し引用すると、

・スケール(音階)とアルペジオ(分散和音)を、一日も早くマスターしたい人のためにつくりました。
・スケールとアルペジオの技術に習熟することは、ピアノの上達を早めることに他なりません。
・いつもやさしく、最高に楽しい気持ちでピアノに向かう

「練習の進め方」として、「週に4日、スケールとアルペジオをそれぞれ10分ずつ熱心に練習してください」とあります。

「練習法」として、いろいろな楽譜が印刷されています。

まず、「指の準備」として、右手左手の指替えをゆっくり。
次に、「指番号の部分練習」として、1オクターブの上がり下がり。ドレドレ、ミファミファ、といった感じで。片手ずつ。
次は、「反進行の練習」。うーん、「反進行」の言葉の意味が分からない。これは両手。
次は、「すばやい動き」。16分音符で音符を4つずつ。こっちは片手ずつ。
最後に、「2オクターブのスケール」。これは両手。

上記はスケール。アルペジオはすべて片手ずつで、「指の準備」「指番号の定着」「ハーモニーを感じて」と3段階。

この練習本を終えてから、ハノンのスケールとアルペジオ(どちらも両手で4オクターブ)弾くと軽々弾けそうな感じです

明日から10分時間を作って、熱心に練習しようと思います。

« 洗濯槽クリーナー 使用後 | トップページ | 赤い羽根 »

ピアノ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ちいさいころからピアノの音を聴いて育つと
自分で演奏しなくても音感つくみたいです
(わたしがそうでした)
教本も一新ですね。続報楽しみにしています♪

白玉だんごさん、早速のコメントありがとうございます!
今日、練習してみました。課題が見えてきました。
左手の脱力ができてないのがやっぱり敗因かと。

上手な演奏を聴かせてあげたいなー。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/60379697

この記事へのトラックバック一覧です: 『プレ・ハノン 弾ける弾ける!スケール&アルペジオ』:

« 洗濯槽クリーナー 使用後 | トップページ | 赤い羽根 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック