« 9月レッスン3回目 | トップページ | ピアノレッスンその後 »

10月レッスン1回目

ブラームス「間奏曲 Op.118-2」(レッスン3回目)

申込用紙に演奏時間を書く欄があったのを発見。先週同様、先生に確認。先生は受付の方に確認してくださって、「なるべく5分以内で」ということ。賞の対象にはならないかもしれません・・。「繰り返しの部分1回になるかも、でも練習は繰り返してしましょう」

・よく似たフレーズでも、音が微妙に違う。その違う音を強調。
・左手の終止形はしっかり。
・18小節目からは、流れを感じる。歩いたり、体を動かしたり。波が打ち寄せては帰るような感じ。
・2ページ目の4小節は不思議な感じが出ていない。2の指の音質が違う。タッチを考えて。
・ペダルの切り方。
・calandoの次のdolce、天から降ってくるように、優しく。
・piu lentoの和音、指の動きを上下させずに、ずらすだけ。スイングしない。
・テンポⅠは左手でメロディーとるところ、はっきり出るように。

全体的に音作りを考えて弾く。ここにはどんな音が欲しいか?

楽譜を見ただけではそう難しく感じないんだけど、なんのとっても難しい曲です。一つ音を弾くにも脳みそフル回転。練習するととっても疲れます。頭が。

« 9月レッスン3回目 | トップページ | ピアノレッスンその後 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/55848348

この記事へのトラックバック一覧です: 10月レッスン1回目:

« 9月レッスン3回目 | トップページ | ピアノレッスンその後 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック