« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

DJクラシック

わが家のダイニングの友「NHK-FM」ですが、4月の番組編成で少し変わりました。自分が聞いている時間帯にクラシック番組が多くなって、うれしい。

日曜の午後2時~4時は「きらクラ!」。これまでの金曜の「○○クラ!」は仕事で聞けなかったのですが、これから日曜家でぼーっとしているときは、まさしく「気楽にクラシック」。司会は私の好きなふかわりょうさん。ピアノを習っていたようで、クラシック音楽の素養があって話が楽しい(前年度までのタレントさんの司会が夫は好きでなかったらしく、月曜の朝の再放送は極力聞かないようにしてた)。なんと、6/3はアリス=紗良・オットさんがゲスト出演。これは聞かねば。

で、平日夜の「ベストオブクラシック」が終わると、ぷちっとラジオを消していたのですが、金曜夜は「DJクラシック」が始まりました。

たまたま聞いたのが、5/11の錦織健さんの番組。去年の秋だったか、会社で錦織健さんのチケットをいただいてリサイタルに行ったのですが、これがもう筆舌に尽くしがたいほど素晴らしくて心が震えました(その後、日経プラス1で禁欲的ともいえる節制した食生活を送っていることを知って、プロの心意気、それあっての最高級のパフォーマンスを実感しました)。その錦織さんの番組、面白くないはずがありません。

で、5/25に聞いたのは、清水和音さんの“痛快ピアニスト列伝” ~マルタ・アルゲリッチ~。

ピアニストの視線から、同じピアニストのアルゲリッチの紹介をしてくれます。清水さんの言葉を聞いて、アルゲリッチの演奏を聴くと、まさにその通り。バッハが意外と上手、演奏は体を動かさない理想ともいえる姿勢、一音一音がクリア、等々。協奏曲のCDは持ってますが、ソロのCD(最近はソロリサイタルをしないそうで)は持ってないので、欲しくなりました。

そして、悲しい知らせが。土曜日午後9時からの「名曲の楽しみ」吉田秀和さんご逝去。あの声が聞けなくなると思うと淋しいですが、生前に収録済みの音源や、既に執筆済みの原稿が多数残されているため、年内いっぱい放送は続けていくそうです。ご冥福をお祈りいたします。

5月レッスン4回目

発表会申し込みました。あと2ヶ月しかないんだよね・・。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第77・78・79番」
77。上昇スケールに従ってクレッシェンド。重心を右足に移動して。○。78。何回か弾いて○。79。この装飾音がよく分からなかったんだけど、初めに出てきたのと同じように弾くとのこと。2小節でワンフレーズ。スタッカート指を跳ね上げない。もう一度。次は79・80・81。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第10番フーガ」(レッスン1回目) → 次回

★ドビュッシー「月の光」(レッスン4回目)
最初から最後まで。

・大体譜読みはできてます。
・歌うように、ではなく、セリフのように。フランス語の発音のように。
・間をどこでとるか、ペダルをどこで離すか、自分で考える。

5月に読んだ本 その2

こっちはぐっと変わって、SF。『ダーコーヴァ年代記』。シリーズものなんだけど、同じ星ダーコーヴァを舞台にした連作のようです。作者は、私の好きな『アヴァロンの霧』を書いたマリオン・ジマー・ブラッドリー。古本屋で揃えた(全部揃えたっけ?)んだけど、シリーズの後のほうになると絶対数が少ないからか、定価より高かったことも。

『惑星救出計画』 マリオン・ジマー・ブラッドリー 創元推理文庫

薄い本で、こんなに薄くて本として出版されたのか?と疑問に思うぐらいです。訳は大森望さん!

ダーコーヴァで48年ごとにはやる熱病。地球人とダーコーヴァ人のほとんどが死滅してしまう。もうすぐその年がやってくる。同じダーコーヴァの山岳地帯に住むが、ダーコーヴァ人と関わりをもたない、知性のない動物、非人類知的生命体と思われるトレイルマンには免疫がある。トレイルマンの血液から血清を作るべく、幼い頃山岳地帯に不時着してトレイルマンに育てられた地球人ジェイスンが交渉人として選ばれた。しかし、彼はトレイルマンとの生活を心に封じ込めた医師ジェイ・アリスンの別人格だった。ジェイスンは、ジェイ・アリスンを封じ込め陽気な山男として、山岳地帯に赴く。行く手に待つのは・・・

『はるかなる地球帝国』

背表紙に小さく「2」とあるので、2番目に出た訳本と思われますが、「1」の『惑星救出計画』のあとがきの著作リストによると、原作のシリーズ2作目ではないようです。

お話は『惑星救出計画』よりも何年も前のお話。まだ地球人がダーコーヴァにやってきて、それほど時間が経ってない頃。父の転勤によってダーコーヴァにやってきた16歳の地球人ラリー。好奇心いっぱいの彼はダーコーヴァに興味津々なのだが、他の地球人はダーコーヴァと交流を持とうとしない。ある日、地球人地区を離れ迷子になり、不良にからまれたラリーは、ダーコーヴァ貴族の息子ケナード・オルトンに助けられる。それをきっかけに友達になった2人。オルトン家の郊外の領地に招待されたラリーは、山賊に襲われ・・。

トレイルマンも出てきます。あっと驚く伏線も。

5月に読んだ本 その1

読む本がなくなり、図書館に行く機会もなく、家にある「昔買ったが読んでいない本」をひっぱりだしてきました。

読み出すと、面白くってhappy01 なぜ今まで読まなかったのか。人生損してるぞ。

『サマータイム・ブルース』 サラ・パレッキー ハヤカワ・ミステリ文庫

V・I・ウォーショースキー第1作です。表紙イラストは江口寿史氏でした。知らんかった。原作は82年で、85年の訳本なので、少々時代が古いところ(金銭感覚とか)がありますが、お話自体はとても面白かった。

『私がウォシャウスキー』映画化もされましたね(見てないけど)。キャスリーン・ターナーの立ち姿が脳裏に浮かびます。

「ウォシャウスキー」と私が口にするたび、「ウォシャウスキー兄弟?」とうるさい夫です。『マトリックス』も久しぶりに見たいな。

『レイクサイド・ストーリー』 サラ・パレッキー ハヤカワ・ミステリ文庫

第2作。手許になかったので、古本屋でゲット。スケールの大きなお話でした。これを基に映画を作ったらしいので、上記DVD見てみたい。

5月に買う本

4/28 『マリア様がみてる フェアウェル ブーケ』 今野緒雪 コバルト文庫

雑誌に連載された短編集。合間でつないであるのは書き下ろし。祐巳ちゃんも薔薇様なのね~。最後まで読むと、また最初から確認したくなります。

5/11 『アトリックス・ウルフの呪文書』 パトリシア・A・マキリップ 創元推理文庫

レジに持っていっていいのか悩むお値段です。ただいま読書中。独特の文章についていくのがやっとです。翻訳者の方、苦労してるだろうなぁ・・。

5月レッスン3回目

10月に地元のホールにユンディ・リが来るので、絶対行くぞ!とピアノの先生と前々から話合っていたのですが、同じく10月にアリス=紗良・オットも来る話を先生から聞きました。先生はアリスのファンなので、こちらも絶対行くとの話。名前は知っているけど、ちゃんと聞いたことはありません。もう二度と来ないような気がするので、こっちも行くことに。そうしたらば、今朝(5/28)の新聞に10月にエル=バシャも来るとのこと。うーん、3つも行けないなあ・・。6月の先生の先生のリサイタルチケットも買ったところです。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第75・76・77番」
75。まだ親指の力が大きいが、どうですか? 慣れましたか? 一応○。76。こちらもメロディーの重心移動はどうですか? 一応○。77。和音はちゃんと指の形を整えて、位置も確定してから弾いているのはOK。次回抑揚つけて。次は77・78・79。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第10番プレリュード」(レッスン4回目)
まとまってきた。歌えています。後半がまだちょっとバタバタするから、そこを直して。家でおさらい。○。次はフーガ。

★ドビュッシー「月の光」(レッスン3回目)
3~6ページ。左手のアルペジオだけで。

・低音を響かせ、他の音は浅く。腕をだんだん上げると、タッチが浅くなる。
・呼吸する。

レッスン時間が少なくて、とりあえず最後まで行って終了。

日食

私の住んでいる地域では金環日食は見られないのですが、朝から日食グラスを片手に夫と日食の観察。曇りの予報でしたが、起きてみると雲ひとつない青空。運良くというか、わが家の東隣は今空き地。庭からきれいに見ることができました。

食の始まる6:30頃から、最大の7:28頃、終わりの8:50頃まで、夫(フレックスな職場)と庭に出たり入ったりしながら、満喫happy01

写真はいろいろ条件を変えて撮っているので、見え方が異なります。

Img_5054

Img_5061

Img_5077

↓食の最大(93%)の写真です。東京は雲がかかっていたけど、こちらは快晴。部分日食だけど、93%も隠れるからか、徐々に薄暗くなりました。

Img_5093

Img_5097

Img_5126

Img_5133

ちょっと分かりづらいけど、木漏れ日

Img_50842

5月レッスン2回目

早々と発表会の申込用紙をもらってしまいました。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第72・75・76番」
72。指の動きに慣れてきたから、スピードを上げて。○。大事なので、家で練習してください。75。前よりはよくなった。フレーズは2小節に渡っていて、2小節目が山。親指と人差し指の音を抜いて、メロディーを感じる。もう一度。76。これは右手5の指を小さく、他の指でメロディー。メロディーは重心移動を意識して。分解して弾いてみる。もう一度。次は75・76・77。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第10番プレリュード」(レッスン3回目)
・前半はよくなった。右手の伸ばす音は、腕も使って。和音は腕をすばやく動かして、弾く位置においてから、つかむ。
・後半。すべての音を一生懸命弾かず、ファーストキーボードで。バタバタ聴こえるところを直す。

★ドビュッシー「月の光」(レッスン2回目)
1~3ページ。

・色やグラデーションをイメージして。
・下から上へ階段上に弾く音は、徐々に錘を乗せていく。
・低音の伸ばす音の中に、小節内の他の音が収まるように。
・低音。厚み深みのある音の響き。
・左手アルペジオ。ベースの音はしっかり、他の音は浅く。

次回は最後のページまで行くようです。

5月レッスン1回目

GW遊び呆けて、全然練習せず・・・。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第72・74・75番」
72。お腹と太ももで体をしっかり支える。下降のアルペジオ、左手の角度に注意。大事だから、もう一度。74。指を立てて。スピードを上げて。○。75。右手のメロディーをしっかり。右手の親指、人差し指の音は鍵盤に触れるぐらいで小さく。もう一度。次は、72・75・76。

★ドビュッシー「月の光」(レッスン1回目)
とりあえず最後まで。

・3連符と2連符がとりづらい → 8分の9拍子。最初の1拍は3連符、次の2・3拍は2連符でリズムをとる
・(フレーズの中で)抜く音を考える
・バスの音を響かせるために、腕でけりだす
・3拍目が短くなると慌てて聴こえるので、音価分伸ばす

「ピアノ王子」と呼ばれている12歳の男の子のこと(牛田くん)を先生に教えてもらいました。CDデビューし、テレビにもよく出てるとか。手が小さいから、鍵盤のつかみ方等、ピアノの弾き方がとても参考になるとのこと。

検索したら「愛の夢」を弾いている映像をキャッチ。うーん、私と全然違うぞ。どうしたら私の演奏はよくなるのか?考えよう。

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック