« 12月レッスン2回目 | トップページ | 今年も1年ありがとうございました »

12月レッスン3回目

レッスン3週間後の1/9にこの記事を書いてます。覚えてる範囲で。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第50・51・52番」
50。「弾いていない指に力が入って上がらないように」という注意事項ばかりを気にしていましたが、先生には何も言われず。それよりピアニシモにとらわれすぎて指に力がのっていないから、強弱は置いておいて力を乗せる。○。51。○。52。16分音符、すべらない。刻む。ゆっくりから初めてだんだん速くする。53。52とすべて同じ音(右手と左手で弾く音が違う)だが、こちらは左手から右手へ受け渡すように。左手の手首を柔らかく。52とは違って聴こえるように弾く。次回は51・52・53。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第5番プレリュード」(レッスン4回目)
・こちらもさっきのツェルニーと同じで16分音符すべらない。赤ちゃんが遊ぶカタカタを思って先生はいつも弾いているらしい。
レッスン室にあるアップライトの音色を変えて(自動演奏のピアノだったのね)、チェンバロモードで弾いてみました。ピアノと違って1音ずつはっきり弾かないと音が鳴りません。
もう1度年明けに弾いて終わり。フーガの練習をしてくる。

チャイコフスキー「四季」より 「6月 舟歌」(レッスン1回目)
レッスン1回目ですが、先生が止めることなく最後まで通して。先生に聴いてもらうと思うと、家で弾いている時と違って緊張して、最後のほうはミスタッチだらけ。
・左手最初の音は外にけって響かせる。
・左手和音のミドミレ、指つかんで。
・テヌートが続くところは前後の音が重なるように。
・間を考える。
・展開部の和音のアクセント、下から持ち上げるように響かせる。
・最後の左手、オクターブずつ下がっていくところ、オーケストラの楽器をイメージして。低音部に行くほどどっしりべっちょり。

次のレッスンは年明け1/10です。

« 12月レッスン2回目 | トップページ | 今年も1年ありがとうございました »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/53698427

この記事へのトラックバック一覧です: 12月レッスン3回目:

« 12月レッスン2回目 | トップページ | 今年も1年ありがとうございました »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック