« 11月レッスン3回目 | トップページ | 11月レッスン4回目 »

11月レッスン3回目(本)

火曜日の振替です。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第44・45・46番」
44。○。45。右手はレガートで伴奏だから、小さな音で指は落とすだけ。弾いた後に指を上げず鍵盤につけたまま。左手のアクセントが右手につられて出来ていない。1小節ずつ練習。もう一度。46。出だしはよい。5度和音しっかり。スケールはクレッシェンド。曲想を付けて何度も弾いて○。時間がなさそうなので、今日はここまで。次は45・47・48。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第2番フーガ」(レッスン4回目)
・3声で歌えているが、後半ちょっと出来てないところも。
・左手がもっと響くはず。腕を支えていて、力が入っている。響く音を家でもよく聞いて。
・音がでこぼこしないように、同じ音量音質で。音をよく聞いて。
・バロックの弾き方が出来ていないと、グレードなどはすぐ落とされる。3声で歌うことも大事だが、チェンバロ等で弾いた音色に近い金属的な音が出るように。
先生はまだまだといった感じでしたが、とりあえず先に進みます。○。

モーツァルト「ピアノソナタ イ長調 K.331 トルコ行進曲付き」(レッスン14回目)
トルコ行進曲。最初から5パートまで。
・1パート。シラソラで指を返して、次のドは入りなおす。拍頭をしっかりと。
・2パート。ラソファミ、レ、と切らずスラーで。左手、1箇所音間違い。
・3パート。左手のラドミラ、もっとズジャーンと。ペダル踏む。→ペダルと左手のアルペジオと右手のオクターブに翻弄されています。
・4パート。音がずれている。16分音符均等に。メトロノームを使って練習。
・5パート。ここも同じく16分音符。きれいに弾けるようになったら強弱つけて。
これでほぼポイントは網羅。あとはララシシドドのオクターブと最後のコーダ。

次の人の時間を私は気にしてのレッスンでしたが、後で聞いたら次の人は急遽お休みになったようで、今日も長い時間みてくださいました。ありがとうございました。

« 11月レッスン3回目 | トップページ | 11月レッスン4回目 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/53302808

この記事へのトラックバック一覧です: 11月レッスン3回目(本):

« 11月レッスン3回目 | トップページ | 11月レッスン4回目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック