« 試験を終えて その2 | トップページ | 11月レッスン1回目 »

10月レッスン3回目

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第39・40・41・42番」
39。肩から動かす。○。40。4の指腹で弾かない。指先はすべてつかむように。○。41。指の付け根の筋肉を使うのだが、まずは指の付け根の骨が動いているか確認。楽譜を覚えて指を見る。42。同音連打は力を入れない。指は落としているだけ。エステでよくあるタッピングのように。次は41・42・43。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第2番フーガ」(レッスン1回目)
2ページ中1ページしか弾きこなせていないのだが、先生に説明する間もなく、1度目から最後まで突っ走りました。もちろん最後のほうはボロボロです。

・すべてスタッカートで(私はうちのCDを参考にスラーで弾いていた箇所もあった)。
・左手の下降スケール。くくりを考える。
全体の転調、カデンツ、主題の移り変わり等は考えてきたとおりでよかったようです。

フーガに熱中しすぎていて、モーツァルトのレッスン受けずに帰るところでした。アホな私。

モーツァルト「ピアノソナタ イ長調 K.331 トルコ行進曲付き」(レッスン11回目)

第2楽章メヌエットから。
・スラーの切れ目、拍の頭、を考える。
・指番号の指定のないところは、スラーを元に考えてもよいのでは。
前回ちょろっと弾いて、今日も2回ばかり弾いて○もらってしまいました。よいのか?
次、トリオ。これがなかなか弾けません。第1楽章でひっかかっていた変奏と同じ、左手の交差、右手の重音。
・重音は指が変わっても同じ質の音がなるように。上の音が聴こえるように。
・内声の親指の音は小さくてよい。
・交差のとき慌てない。
ゆっくり練習ということで。これであとモーツァルトはこのトリオとトルコ行進曲のみ。11月中に終わるかな。

« 試験を終えて その2 | トップページ | 11月レッスン1回目 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/53132812

この記事へのトラックバック一覧です: 10月レッスン3回目:

« 試験を終えて その2 | トップページ | 11月レッスン1回目 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック