« 9月レッスン4回目 | トップページ | 10月レッスン2回目 »

10月レッスン1回目

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第36・37・38・39番」
36。独立していない指を使うときに、他の指に力が入っている。○。37。これはきれいに弾けています。書いてないけど、向かう音に向かってクレッシェンド。指を高く上げないで、やさしく。38。上昇アルペジオ。最初の音は静かに入る。39。左手のアルペジオ。右手と同じぐらい動くように、右手の動きと比べながら。親指の脱力ができていない。次は37・38・39・40。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第2番プレリュード」(レッスン3回目)
・プレストの前まではいい具合に脱力できていて、無駄な力が入っていない。→2度目に弾いたときは、力の抜け具合を目で確認(楽譜を見て弾いているから、難しい)。
まあ弾けているようで、フーガの譜読みを始めてよいとのこと。

モーツァルト「ピアノソナタ イ長調 K.331 トルコ行進曲付き」(レッスン9回目)

第5変奏。左手もっと出してもよい。
第6変奏。途中から右手のみで最後まで。16分音符が一つ一つ同じ長さになるように、メトロノームで練習。
第6変奏が終われば、メヌエット、トリオ、トルコ行進曲と残り3曲。トルコ行進曲はレッスンを受けたことがない(先生が驚いていた)ので、最後までやることに。
次のレッスン曲は、私のリクエストはチャイコフスキーの「四季」か、バルトーク「ルーマニア民族舞曲」。有名曲もいいな~ということでドビュッシー「月の光」。いろんな作曲家の曲を、という私のリクエストに応えて先生がおっしゃってくださったのがグリーグの「ピアノソナタ」(かっこいいのだ)、私の前の人がレッスンしているチャイコフスキーの「メディテーション」もいいよ、ということでしたが、同じ曲は(先生が)つまらないということで、今回はパス。何にしようかな~。
来週はお休みです。

« 9月レッスン4回目 | トップページ | 10月レッスン2回目 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/53019143

この記事へのトラックバック一覧です: 10月レッスン1回目:

« 9月レッスン4回目 | トップページ | 10月レッスン2回目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック