« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

9月レッスン4回目

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第34・35・36番」
34。響く音を出すために、腕を使う。腕から弦までつながっている感じ。弾いて脱力。響く音と響かない音を先生が聞かせてくれました。響く音は音を弾いた瞬間から拡がる感じ。響かない音は、一旦切れて、伸びているだけ。違いがちゃんと聞き分けられているのか疑問ですが。○。35。これはまあよかったようで。拍子の頭におもりを付ける。○。36。これはトリルの練習。もっと指先(爪)で弾く。速く。次は36・37・38・39。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第2番プレリュード」(レッスン2回目)
「メトロノームかけていい?」って先生、いきなりですか。家でもメトロノームでは練習してないよ。四分音符80から。むーん、速い。70に下げてもらいました。先生がレッスンを受けたときの楽譜(春秋社)を見せていただきました。四分音符108の指示が…。指遣いが私のより難しいので、指遣いは私が持っている楽譜のまま。宿題のコードも書けてません。ディミニッシュとか知らんし。
・小節の頭を強調。あとの音は小さく。
・左手のベースの音が変わる小節はフォルテで。
・コードに合わせて強弱を付ける。
先生の指示がレッスン終盤気味に感じます。プレリュードは形だけ出来たら終わりなのかな…。フーガみたいに歌う要素もあんまりないし。この調子だったら、フーガの譜読みを始めたほうがよいのかもしれません。

モーツァルト「ピアノソナタ イ長調 K.331 トルコ行進曲付き」(レッスン8回目)

第5変奏。これは結構弾けていたそうで、よかったよかった。しかし、先生の指示が入るところを全体的に見ると、スラーの切れ目が全然楽譜に沿ってないことに気づきました。先生は指摘してくださらなかったけど。もっとちゃんと楽譜を見ないと。

9月レッスン3回目

「ブログに練習しなきゃ、と書いたなぁ」と思いつつも、結局週2回ぐらいしか練習できず。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第30・33・34番」
30。腕をもっと使って。○。33。音を響かせるために、全音符はゆっくりと腕を広げて。○。34。これも音を伸ばす。全体を通して両手の手首を鍵盤の向こうへ押し出すように。4拍子を感じて、ゆっくり。次は34・35・36。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第2番プレリュード」(レッスン1回目)
いよいよ、平均律です。シンフォニアを終えて、こんな日がくるなんて。ちょっとどころか、大分感激。「スタッカートのように弾いている人(CD)もいるが」と尋ねたら、「レガートになってはダメ。ノンレガートで1音ずつ。スタッカートで練習するのもよし」とのこと。
・左手が小さい。よく聞いて、バランスをとる。
・指番号は出来るだけ守って。
・鍵盤をつかむ。
・ハイフィンガーにならない。
・ハーモニーの流れを考えて、そのコードにあった音色で弾く。
1小節ずつコードを書いてくる宿題が出ました。

モーツァルト「ピアノソナタ イ長調 K.331 トルコ行進曲付き」(レッスン7回目)

第4変奏。
・ゆっくり弾く(速く弾くと、弾けないところがあるから)。
・ラソシラソファのところは、この曲の中で一番ゆったり回っているところ。モーツァルトらしく、優雅に。

「モーツァルトが全然進んでないね~」「いえ、私が弾けないから」「これはもういいから、来週は次ね」「最後(トルコ行進曲)までするんですよね」「はい、します」
次の曲とその次の曲は、なんとか弾けるんです。その次は微妙…。あと5曲。年内に終わるかしら…。

楽譜購入

早く「平均律」の練習がしたくて、仕事後、楽器屋さんへ。昨日の記事でうろ覚えだったところは、ほぼその通りでした。

昨夜記事を書いた後も、ネット検索しまくり(2ちゃんねるまで見た)、のだめの漫画やドラマを見たり(漫画に楽譜の表紙はなく、TVドラマではコンクールの課題曲としても出てこなかった)。

「ウィーン原典版を買おうか、それとも別のにしようか」と悩んだあげく、ウィーン原典版の指番号が気になって(1番のプレリュード。左手の1音目が2の指になってた)、全音の「原典版」にしました。

決め手は、譜面の見た目。音友よりきれいで見やすかった。安い。1490円。安いからいざとなったら2冊目を買ってもよし。指番号も普通、という意見もサイトで見た。古い研究のものなので、最新のと比べると音が違っていることもあるらしいけど、音大生やピアニストじゃあるまいし、そこまで厳密に気にしなくてもいいのでは、という気持ちも(実際問題、前回練習していたリストの「愛の夢」。家にある楽譜を複数見比べてみたら、強弱のつけ方が全然違っていた)。解釈版も手許にあるといいのかもしれないが、曲の解釈や構成は自分で分かる範囲で考えて、あとは先生に聞く。

と自分の中で納得のいく理由づけをし、帰宅後、練習。

うーん、楽譜を選ぶことよりも、ピアノを弾く練習をもっともっとしないと!

一見ハノンのような2番のプレリュード。左手が動きません。

試しに1番のプレリュードの最初の音、2の指で弾いたら、意外にもいい音が。ウィーン原典版にすべきだったか?

楽譜検討

「平均律」の楽譜を手に入れようと、早速、楽器屋さんに行ってきました。昨晩amazonや楽譜選びというサイト(2箇所)でも研究済み。

しかし、楽譜を手にとってまじまじと見ると、考えるところが多々あって、結局買えず。以下、私が思ったこと。音楽の専門家ではないので、楽譜選びで迷っている方は参考にしないでください。運指の比較に、と見ていたのは、第2番のフーガのみ。

全音。サイトでは、「全音のクロール版は新しい研究が反映されてないとかで、買うなら全音のトーヴィ編を」というのを目にしたので、チェック。 → 先生がおっしゃってた全音の「原典版」はクロール。楽譜は清書?されているので、とても見やすい。トーヴィは曲1つに1ページ分の解説があるが、楽譜は直撮りのようで、きれいだけどちょっと汚いところもあり。余白はクロールより大きめの気もする(書き込みが出来る。その分音符は小さい)。運指の記載に、突然L(左手)と出てきて少し戸惑う。市田編は売ってないから確認しようがないが、amazonのレビューによると、楽譜がとても小さいそう。4声もあるフーガだと音を拾うのも大変そうで、パスしたほうがよいのかな…。

音友。先生が勧められた「原典版」はクロールと変わらないような感じだが、運指はもう少し詳しく書いてあった(と思う。うろ覚え)。しかし、楽譜としては全音のほうが見やすい。

ウィーン原典版。楽譜は全音と遜色なく見やすい。余白もあり。しかし、最初の旋律が他の楽譜は左手でとってあるのに、これは右手でとってある…(と思う。これもうろ覚え)。和声学や転調すら分からない私は、バッハの音楽性や運指など自分なりに研究も解釈もできるわけがなく、楽譜が一番の頼り。なのに、他の楽譜と違う運指が書いてある楽譜買っていいのか?

他にもたくさん(全部で10種類ぐらい)楽譜があったので、パラパラと眺めていたのですが、中には2番のプレリュード(c-moll)、ドミレミドミレミという曲なのに、ラドシドラドシドという楽譜もあって(c-moll=ハ短調の意味ないじゃん。平均律なのに)、この楽譜の存在意義は?と考えてしまうものも(→出版社のHPで知りました。簡単な調に置き換えることによってアナリーゼしやすく、また絶対音感でなく相対音感が身に付く、といったコンセプトによるものらしいです)。

先生は「ヘンレのシフ運指は楽器屋さんになかった」とおっしゃってたけど、探してみたら、ありました。輸入版だからドイツ語or英語ですが、内表紙にSchiffとあったから間違いないでしょう。運指は一番書き込みがあったと思います。

今日見た楽譜は、インベンション&シンフォニアの市田編にあるような、カデンツ、転調、詳しい運指、解釈に沿ったアーティキュレーションの記載がまったくなく、どう練習&学習を進めていけばよいのか、まったく未知の世界。

楽譜選びにこんなに悩んで、本当にやる意味あるのか(ある、ある。のだめもパリでやってたじゃないか)、疑問に感じてしまいました。楽譜を2冊買って(原典版と解釈版)比較するのが本当は正しい姿なのかもしれませんが、1冊3000円近くもする本、2冊も買えませんweep

ヘンレ版がいいかな~と思っているので、先生のOKが出たら、amazonで輸入版(円高で安い)買おうかな。

★後日談というか、記事を書いた後に、いろいろと検索してみました。シフの運指はやはり手の小さい私には無理なのかも。ヘンレは表紙も柔らかいので、すぐぼろぼろになりそうだし。おすすめ度の高いウィーン原典版にしようかな。

9月レッスン2回目

仕事が超忙しくて、お昼時間も短縮、さらに退社時間も伸び伸び。レッスンに少し遅刻。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第27・29・30番」
27。上昇スケールの入りには、アクセントを付けず、小さめに。上昇するに付け、右足に重心を乗せ、大きく。だが、pなので、控えめに。下降スケールはその逆で、最後を尻すぼみ。○。29。メロディーのミーミーミーは、一つ一つ音を揺らさず、先に進む感じで。左手のシレファシラファは、右手のアウフタクトが入りやすいように誘ってあげる感じ。○。30。装飾音は小さく。指を引き締めて、浅く。アクセントの音は腕を脱力して、指は上げる。次は30・33・34(31・32は以前済)。

バッハ「シンフォニア第9番」(レッスン6回目)
結局1週間練習できず、月曜日に30分ぐらい弾き込んで。
・3声の声部はちゃんと分かれて聞こえているが、4分音符が続くところで1つ1つ音が切れて聞こえる。スライムのようにねばーっという感じで。 → 自分が思うに、1つ1つの音が音価分伸ばされていないのが原因かと。また歌えていないので、1つ音が飛び出してしまったりしてしまう。
・もっと腕を使って、テーマを歌うようにすると、4分音符もきれいに聞こえるのでは。
先生からのご注意を気にかけて、最初から最後まで。とりあえず、○をもらいました。

次は平均律ということで、楽譜について先生が楽器屋さんで確認してくださったことを。

全音か音友の原典版、またはウィーン原典版がよいとのこと。春秋社もよいようだけど、先生はイマイチ。隣でレッスンしている先生に尋ねたら、全音の市田版(1集しかないが)も解説があってよい。ヘンレ版のシフは楽器屋さんにはなかったようで、需要が少ないのかも(音楽科の生徒も購入するお店だからあまりよくないのかも)とのことでした。転調が分かれば原典版でいいが、分からないのなら市田版かなぁ、という話。入手できたら、2番のプレリュードから、レッスン開始です。2番のプレリュード、かっこよくて好きなのだ。入手できなかったら、シンフォニアもう1回。

モーツァルト「ピアノソナタ イ長調 K.331 トルコ行進曲付き」(レッスン6回目)

またも第4変奏。
・左手の交差が右手の上のほうを通り過ぎ。時間がかかるから、もっと下のほうで。
・交差のスピードが遅い。肘の位置を決めて、腕の付け根の鎖骨側の筋肉を使って。
・左手の和音を弾いて、右にもっていく。右のメロディーを弾いて、左にもっていく。を別々に練習してから、慣れたら続けてやってみる。という練習を。
次は来週。今週こそ練習しよ。

お月見

今日は十五夜お月さん。高い空に煌々と輝いております。

予定が合えば、後楽園の観月茶会に行くのですが、今年は予定が合わず。

和菓子屋に寄る時間もなくて、スーパーで買ってきた利久饅頭(だんご系はすべて売り切れていた)で一服(麦茶)。

私の買ったお饅頭は、「利休」じゃなくて「利久」でしたが、利休饅頭が正しいよう(wikiによれば)。

利休といえば、昨日NHK-BSで勅使河原宏監督の「利休」の映画をやっていました。独身時代にお茶の先生からビデオをお借りして見たのですが、映像がとてもきれいで、朝顔と切腹のシーンが印象に残っています。録画したので、後日見ます。

さらに、利休といえば、10/23にある「茶道文化検定」の2級受験の申込みをしたので、ただいまテキスト流し読み中。覚えることがたくさんで、さっぱり頭に入りません。受験料4,900円もしたから、無事合格したいところだけど。あと1ヶ月ちょっと、がんばります。

研究会へ

今日は午後からお茶の研究会があったので、行ってきました。

着物で…。暑かった! 今日の最高気温32.6℃でございました。

「お茶の集まりには着物が前提。特に研究会に来られる業躰(ぎょうてい)先生はお家元代理なのだから」という先生のお言葉を胸に、研究会へは余程のことがない限り着物で出かけます。特に今日は、終身正会員以上が対象という1つレベルが上のものなので、勇んで出かけたのですが、来られている人の半分ぐらいは洋服でしたorz。

研究会では、勉強したかったお点前をしっかり見てきました。そのお点前はもう手順が書いてある本はなく、先生からの口伝。なので、他の人のお稽古場のお点前を見ることは研究会以外では皆無。忘れないうちにメモしておかないと。

しかし、体力のなさを実感。研究会の1時間15分の間、椅子にじっと座っていることが出来ません。足を前に出してみたり、もぞもぞ体を動かしてみたり。腹筋がないのでしょう、やはり。

帰宅後、汗をかきすぎて、プールの後みたいすかーっと眠りに落ちました。

明日も研究会はあるけど、特に見たいものではないので、パス。参加資格のある回数より出席できる回数が少ないので、残った券は12月の研究会に使います。

9月レッスン1回目

まずは、ピアノパーティーの報告。

私「本番に弱すぎて、全然ダメでした。こんなんじゃ、コンサートグレードも出られません~」
先生「今回は上級なかったから、いいのよ~」
私「出ても緊張しすぎて全然練習どおりに弾けません」
先生「同じサロンホールで翌日にコンサートグレードがあったけど、あそこの会場は響かない。だけど、審査員の先生は「会場が違えば、ピアノは全然違う。弾いてみてそのピアノが響くようにテクニックを駆使して弾くのよ」とおっしゃってた」
私「え~、それを要求しますか! でも審査員の先生がわざわざ言うということはやっぱり会場があんまりよくないということですよね」

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第25・26・27番」
25。左手の指を動かして弾いているのではなくて、腕によって指が弾かされているというふうになっていればOK。音が外れるのは、次に弾く音の上に指が先に移動していないから。次にどのキーを弾くのか考えて、腕で運ぶ。○。26。前回24番で疑問に思ったことを訊いてみました。指を置き換える際に指を高く上げると、最後の音が跳ねて大きくなってしまう&次に入る最初の音が小さくなってしまうので、指は上げない。一つ一つ切れないで、つながるように、ということでした。納得。25と同じように指が跳躍するところは腕も使って指を先に準備。上昇下降に合わせて抑揚を付ける。指が鍵盤に吸い付くように重みを感じて弾く(音が明瞭に出る)。○。27。アクセントが付いたメロディーは押し出すように。左手上昇、右手下降スケールは、子供と手をつないで、腕の下でくるっと回転させるような腕の動きで。次は27・29・30(28は以前済)。

「平均律」の楽譜について。amazonで手に入れた情報を基に「シフの楽譜がいいのかな~」とお伝えしたところ、先生が確認してくださるということで次回持ち越し。

バッハ「シンフォニア第9番」(レッスン5回目)
昨日1時間弾き込み、後半もバッチリ!と思っていたら、最初から続けて弾いたら、最後メタメタでした。昨日あんなに練習したのにweep ま、練習したのが昨日だけだからダメなのか。
・前半はOK。後半が崩れてきて、テーマが上手く出ていない。
最後から2段目の「4分音符を聞いて、テーマを弾く」というところを集中して弾き、最後の1段を重みをつけて弾き、レッスン終了。次回で最後となりました。今週1週間練習がんばろ。

モーツァルト「ピアノソナタ イ長調 K.331 トルコ行進曲付き」(レッスン5回目)

第4変奏。これが練習しても全然弾けない。最初から先生のご指導を受けながら、練習。
・左手のベースの和音は外側にまわして、響かせる(いつも同じところで同じことを言われてます)。外側に回して右手の上を交差しやすく。
・交差したら、右足に重心を置いて、上の音(メロディー)を歌う。最後の音を抜いたら、すぐ左手のベースの和音に戻る。
・ミの音は属音。強調。カデンツも強調。
・右手は抑えて。特に親指。上の和音(メロディー)歌う。右手と左手のバランスよく。
・右手と左手ベースのみ、右手と左手上部のみ、と練習する。
・後半はイ音に注意。
今回はこの変奏のみでお時間となりました。

岩手からのお土産

岩手の釜石市に7月から2ヶ月仕事で行っている弟から、今日お土産が届きました。

「三陸海宝漬」と「ミニかもめの玉子」です。

ミニかもめの玉子

かもめの玉子は以前頂いたことがあるので知っているのですが、「三陸海宝漬」は初めて。

弟に電話をしてみると、本人は食べたことがない、という…。

珍味にしか見えない(わが家はお酒を飲む人がいないのだ)のですが、いろいろネットで調べるとご飯にかけて食べるとおいしいようですね。よかった♪

冷凍物だったので、とりあえず冷凍庫へ。いつ解凍しようかな~。

弟は今週いっぱいで仕事が終わって、福井に帰るようです。元気そうでなにより。

電球切れ第1号

家を建てて3年8ヶ月。電球が初めて切れました(前のアパートから使っていた電灯を除く)。

それは、お風呂の電灯。掃除をしようとスイッチを入れたら、パチッと一瞬付いて消えました。

第1号はお風呂か~。流しの電灯が切れそうで切れない状態が続いていたので、そっちが一番かと思っていましたが。

買いに行くならコンビニしか開いてない。夫は飲み会で留守。

私の好みで、電灯が必要以上に明るい家なので、恐らく脱衣所の電灯が付いていれば、お風呂に入れないこともないけど、やはり不便。

どこかに同じ電球がないかと探してみたら、2階の廊下のダウンライトが同じものでした。2つあるので、1つ外してお風呂へ。

明日、電球買いに行ってきます。

生存戦略しましょうか

アニメ『とある科学の超電磁砲(とあるかがくのレールガン)』を見たいがために、今年初めに加入したAT-X。アニメ好きの夫のために、そのままずっと視聴中です。

で、夫が録画しているアニメを再生中に、私もチラチラ見ています。最近のお気に入りは「シュタインズ・ゲート」と「神様のメモ帳」、そして「輪るピングドラム」!→ 公式サイト

「輪るピングドラム!」最高です。

挿入歌を覚えたり、おなじみのセリフ(「生存戦略しましょうか」etc.)を覚えたり、ポーズを真似したり。アニメファンのツボを押さえまくってます。

高校生兄2人を持つ陽毬(ひまり)は不治の病で、一度死ぬのだが、水族館で買ったペンギンの帽子をかぶると別の人格が現れ、生き返る。その別の人格は「生存戦略のため「ピングドラム」を探せ」と兄2人に強要する。「ピングドラム」が何かも分からないのだが、兄2人が通う高校の先生・田蕗(たぶき)のストーカー、女子高生荻野目苹果(りんご)がそれを持っているらしい。それを手に入れるため、弟・晶馬(しょうま)は苹果に振り回されるのだが…。

昨日7話目が終わったところ。毎週金曜日が楽しみです♪ (TBSでは8話が終わっているらしい)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック