« 楽譜購入 | トップページ | 9月レッスン4回目 »

9月レッスン3回目

「ブログに練習しなきゃ、と書いたなぁ」と思いつつも、結局週2回ぐらいしか練習できず。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第30・33・34番」
30。腕をもっと使って。○。33。音を響かせるために、全音符はゆっくりと腕を広げて。○。34。これも音を伸ばす。全体を通して両手の手首を鍵盤の向こうへ押し出すように。4拍子を感じて、ゆっくり。次は34・35・36。

バッハ「平均律クラヴィーア曲集1 第2番プレリュード」(レッスン1回目)
いよいよ、平均律です。シンフォニアを終えて、こんな日がくるなんて。ちょっとどころか、大分感激。「スタッカートのように弾いている人(CD)もいるが」と尋ねたら、「レガートになってはダメ。ノンレガートで1音ずつ。スタッカートで練習するのもよし」とのこと。
・左手が小さい。よく聞いて、バランスをとる。
・指番号は出来るだけ守って。
・鍵盤をつかむ。
・ハイフィンガーにならない。
・ハーモニーの流れを考えて、そのコードにあった音色で弾く。
1小節ずつコードを書いてくる宿題が出ました。

モーツァルト「ピアノソナタ イ長調 K.331 トルコ行進曲付き」(レッスン7回目)

第4変奏。
・ゆっくり弾く(速く弾くと、弾けないところがあるから)。
・ラソシラソファのところは、この曲の中で一番ゆったり回っているところ。モーツァルトらしく、優雅に。

「モーツァルトが全然進んでないね~」「いえ、私が弾けないから」「これはもういいから、来週は次ね」「最後(トルコ行進曲)までするんですよね」「はい、します」
次の曲とその次の曲は、なんとか弾けるんです。その次は微妙…。あと5曲。年内に終わるかしら…。

« 楽譜購入 | トップページ | 9月レッスン4回目 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/52840664

この記事へのトラックバック一覧です: 9月レッスン3回目:

« 楽譜購入 | トップページ | 9月レッスン4回目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック