« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

整体その後

月曜日、思ったほどの、というか、まったく揉み返しは感じませんでした。まだ首の筋が痛いところはあったけど。

押すと痛く感じるところもありましたが、水曜日の今日はそこもまったく痛くありません。

ですが、やっぱり首を回すとピキピキ痛く、寝ると後頭部がすこぅし痛い。まあ1回行っただけで、完全に肩こりがなくなるとは思えませんが。

また今週末も行ってこようと思います。

4月レッスン3回目

今回は残業したりで、あんまり練習してない。

即興演奏 練習書(レッスン13回目→次回)
いつになったら戻るつもりなの、私…。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第12・13番」
12は何回か弾いて○。13はいきなり間違っていた。3拍子なのに勝手に4拍子で弾いてました。ちゃんと楽譜読みましょう。動揺のあまり、楽譜どおりに弾くのがやっと。次回は13・14・15。

バッハ シンフォニア第5番(レッスン4回目)
メロディーの音(右手の重音)はきれいにつながって流れるように聞こえているし、転調を感じて弾いているのも分かる。が、その分、左手が雑になりすぎ。弾く指、黒鍵白鍵の違い、等でバラバラに聴こえる。意識してやってみて。

再度弾いてみました。最後のほうになったら、集中力が欠けておろそかになってしまい、先生にも指摘され。

でもまあ、ある程度は弾けているということで○。残りは7番と9番。来週はリスト1本で、GW後に聴かせてください、ということで次は7番。

リスト「愛の夢第3番」(レッスン4回目)
今回は一小節ずつ、細かに。まだまだ基礎的なことばかりで、これプラスアルファがたくさんあるようです。今日言われたことは次週までに出来るようにしておこう。

お茶会と整体

今日は着物でお茶会へ。去年お点前をしたお茶会ですが、今年は担当じゃなくなったため、お客様で。

この大きなお茶会。何回もお手伝いに出ていますが、お客様は初めてです。初めて会記もらっちゃったhappy01

とてもうららかな日で、お席も3席ばっちり入り、桜が散ってピンクのじゅうたんのようになったところをお散歩し、お茶会を満喫してきました。

いやー、やっぱりお茶会(大寄せ)のお客様って楽しいね。

しかし、件の首の痛みが出てきて、今日は思い切って、人生初、整体に出かけました。

左の骨盤がずれているらしく、まずはそちらから。背骨もカーブしてないといけないところがまっすぐらしく、そちらも。「ストレスが溜まってますね」と言われたのだけど、自分ではストレス溜まってないと思っているんだけど…。自分では気づいていないだけなのかしら…。

そして、肝心の首。頚椎がずれているらしく、何の前触れもなく(構えるから何も言わずにするらしい)、首をボキボキとされました。痛みというよりもその音にビックリ。

首も前よりスムースに動くようにはなりましたが、まだちょっと痛いです。

明日揉み返しがあまり出ないといいなあ。

起きるときに頭がじんじんして痛いのが、明日の朝なくなっていたら、効いているのかも。最近湿布も効かなくなってきたし。

固定資産税

お待ちかね?の固定資産税の通知が数日前にやってきました。

入居して4年目。今年から「新築住宅に対する減額措置」の期間が切れて、1/2の減額分がなくなります。

どきどき開けてみたら。

3割弱増しでした。予想していたよりは少ないけど、それでも多いぞ。

さらに今年から「前納報奨金」が廃止され、1年分一括で払っても報奨金分減額はされません。

少しでも税額を減らすため、全納にしていたのですが、分割でも金額が変わらないのなら、分割のほうがお得です。

が、全納での口座振替にしているため、それを変更するのは大儀。また、口座に残金があるかどうか年に4回気にかけないといけない、というのも気が重い。

ので、そのまま全納振替にしておきます。ふところは痛むけど…。

4月レッスン2回目

今回はまあ練習しました。

即興演奏 練習書(レッスン13回目→次回)
もう二度と戻れないかも…。

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第9・10・11・12番」
9・10はアップ・ダウンがまあ出来てきたらしく、○。10の右手の和音、ソプラノを響かせるために、外の指を長めに構えて弾くというテクニックを教えていただきました。
11はなんとか○でしたが、12は左手と右手のバランスがうまく出来なくて、再度やりなおし。次回は12・13。

バッハ シンフォニア第5番(レッスン3回目)
練習中に、あまりにテンポが遅いとつまらなく聞こえると感じたので、少しアップテンポで最後まで。
・メロディーの音(右手の重音)はきれいにつながって流れるように聞こえるようになりました。
ということでしたが、すべてが一本調子だったようで(テンポの問題じゃなくて、つまらなく聞こえるのは表現力のなさ)、和音の変化に注意して、広げるところ、短調で暗めに弾くところ、いろいろ考えながらやってきてね、ということで、また次回。

リスト「愛の夢第3番」(レッスン3回目)
先週は、ほとんどこればかりを練習。スーパーピアノレッスン、ダルベルト先生の回も視聴。

最後まで。

まず、前半。メロディーはまあ出てきたようです。メロディーを歌う。ブレスを大切に。

次、中間部。テンポが揺れているので、ちゃんと刻む。和音は弾いてすぐ手を離さない。鍵盤を押して、伸ばすところは伸ばす。

次回は「愛の夢」を中心に。発表会まであとレッスン12回。なんとか仕上げまで持っていけるとの先生のお言葉でした。

湿布

去年の7月にサーキットトレーニングをやめてから、ずーっと肩こりに悩まされてきた。

ここ半月ぐらいは、寝ている間に頭の皮膚が痛くなって、寝返りも打てず、朝、枕から頭も上げられない状態。昼寝をしても痛いので、寝るのが苦痛。起きるとなんともなくなるのが不思議。

日帰り温泉に行ったり、全身マッサージをしてもらったり、エレパルスで電気流したり、温湿布を貼ったり、いろいろしてみたのだが、まったく改善されない。

水曜日の夜は、寝ている間とても痛くて、数時間起きに目が覚め、布団の中で「こんなに痛いのはおかしいから、明日病院行こうか…」と考えていたところ、木曜日会社で目薬をさそうと思ったら、首肩が痛くて上が向けない。寝そべる状態でなんとかさした。結局時間がなくて病院には行けず。さらには帰宅後うがいも出来ない…。

ネットで検索してみた。これまでは「頭皮 痛い」で検索して、薄毛対策が出てきたりしていたのだが、「上を向けない」等で検索すると、寝違いと出てきた。冷たい湿布がいいらしい。

まあ、なんでもやってみよう、と、家にあった消費期限がとうに切れた湿布を貼って寝てみた。

そうしたら、寝ている間に寝返りもうてるし、頭皮も全然痛くない。まだ上を向くには本調子じゃないけど。

そして、金曜の夜も湿布を。

寝返りを打てるこの幸せ! 徐々に上も向けるようになってきました。

ここまで劇的に違うとは。頚椎ヘルニアとかだと勝手に思っていたよ。

今日も湿布して寝ます。

4月に買う本

4/15 『やじきた学園道中記 Ⅱ(2)』 市東亮子 プリンセスコミックス

社交ダンス。どういう展開になるのか、楽しみ~(≧m≦)

3月に買った本

2/10 『溺れる人魚』 島田荘司 文春文庫

リスボンを舞台にロボトミー手術を題材にした『溺れる人魚』、コペンハーゲン、ベルリン、ワルシャワを舞台に、ナチの人体実験を扱った『人魚兵器』、ロシアを舞台に、モンゴル帝国と遺伝子研究をからませた『耳の光る児』、横浜の今を描く『海と毒薬』(『異邦の騎士』必読)、計4編収録。

昔見た街歩きのテレビに出てきた、革表紙の古書修繕屋さんや狭い坂道を走る市電といったリスボンの風景そのままが書かれていて、イメージしやすかった。人魚兵器では、海ほたるをドライブしたい気持ちになったけど、地震はなんともなかったのか? また、不得手分野の世界史、やっぱり少しは知っておかないとだめかも。戦争ばかりで苦しくなるけど。

3/4 『機巧童子ULTIMO 6』 武井宏之 ジャンプコミックス

全キャラ集合!っていった感じで、amazonのレビューにもあったが、キャラ紹介で終わっているような。どことなく『仏ゾーン』、『マンキン』に似たところもあって、少し食傷気味。さらには「中2病」とか出てきて、大人はもうついていけません…。次回のストーリー展開に期待。

3/11 『ちはやふる 12』 末次由紀 Be・Loveコミックス

表紙がいいですね~。黒のバックに梅が映えます。この巻、新としのぶちゃんのからみが面白い。詩暢ちゃん、好きだなぁheart04 去年近江神宮にいたのはそういうことだったのね。なぜ制服なのかが気になるが。去年も蝉時雨。

3/11 『眺めのいいヘマ』 ジル・チャーチル 創元推理文庫

またジェーン、シェリル、メルに会えました。とってもうれしい! 今回、犯人・動機がすぐ分かってしまったのだけれど、その真実は思っていたものと違ってたので、○。しかし、最初の殺人をどのように行ったのかは分からずしまい。今回初登場のヒットキャラは、ガス。こういう意外性のある人になりたいな、と思うけど、無理だなあ。

4月レッスン1回目

世の中新学期ですね。いつもは学校帰りの子供たちがいるレッスンの受付、だれもおりませんでした。レッスンはあるはずなのに…なぜ? いつもは早く来て宿題しているのかな。

さて、今回、2週末続けて留守にしていたので、全然練習してません。2週間で4日ぐらい?

即興演奏 練習書(レッスン13回目→次回)
くサボリぐせが抜けません。今度こそ絶対!

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第9・10・11・12番」
9・10はアップ・ダウンで6/8拍子を。11・12は小指が上がるのを直すために、小指は押さえたまま、他の指を動かす練習を。指はしっかり、手首はゆるめて。小さく丸をかくように。指は引っかく感じで、しっかり弾く。
指を直していきたいから、意識して。親指の形はよくなってきました。→ということですが、今までどんだけメチャクチャだったのか、ということ? coldsweats02
次回も同じ9・10・11・12。

バッハ シンフォニア第5番(レッスン2回目)
最後まで。
・メロディーの音がつながるように。1の指、力を抜く。上から吊っている感じ。音の質がそろうように。
・左手は3拍目を弾く時、次の音に向かうように。アップ。こちらも音の質をそろえる。力が次の指次の指に移り変わっていくように。
・テンポを手首で刻まない。じっとして。

リスト「愛の夢第3番」(レッスン2回目)
練習をあまりしなかったので、イメージトレーニングを兼ねて、久しぶりにCDを聞いてみました。→感想。…私、発表会で弾けるレベルまで、もっていけるのか?
あまりに不安で、先生に「選曲ミスかも…」と弱音を吐いたところ、「弾けると思うけど…」と先生。その言葉を信じて、がんばってみようと思います。

まず、前半。メロディーを出す。メロディー以外の音は違う音質で弾きたい。右手の伴奏?を練習。右手の形を作って、第3関節を動かして弾く(小指下の手の外側の筋肉を意識)。鍵盤は下まで弾かない。左手は外へ外へ。

カデンツのところ。指を丸めてはじくように。はじめはゆっくりでいいので、タッチを意識。タッチができれば、速く弾ける。

次、中間部。ここはメロディーの音質をそろえたいけど、まあ弾けているので、もっと弾き込む。→現状は、楽譜を目で追って指を動かしているだけ。臨時記号が多くて、いちいち確認して弾いているから、楽譜を見なくても弾けるようにしたい。

2回目のカデンツ。和音で練習。指番号は弾きやすく変えてもよい。

早急の課題は、前半の右手。そこが早く弾けるようにならないとお話にならないようです。

4月。心持ちもあらたにがんばりたいと思います。

『「百人一首」かるた大会で勝つための本』

『ちはやふる』のコマの片隅にたま~に出てきた『「百人一首」かるた大会で勝つための本』。覚えている範囲では、10巻第56首。佐々さんが読んでます。12巻第65首。ナパーの手許に。

「こんな本ないだろ~」と思っていても、本屋で「百人一首」の本が売られているコーナーを眺め、「やっぱりないよな~」と思っていたのですが。ががが。

なんと、今日別の本屋で見つけてしまいました。わお!

無論、即購入。姪っ子へのプレゼントを探していた、児童書コーナーにありました。

12巻と見比べてみると、おお、一緒。

児童書だけあって、漢字は全部ルビあり。オールカラー。競技かるたのルールや試合の流れも、姿勢や取り方(札の払い方)も写真入りで解説。札の並べ方や送り札のかけひきまでも載ってます。

参考までに簡単に目次。

百人一首の歴史・競技かるたの成り立ちと進め方とルール
決まり字一覧表と枚数別グループ一覧
競技かるたに強くなるためのポイント
 初心者向けアドバイス
 1 百首を覚えることは意外とカンタン!
 2 競技かるたは「集中力」との闘いと思え
 3 並べ方の基本パターンを覚えておこう
 4 札の並べ方、8つの注意ポイント
 5 暗記時間15分で取札を覚える順序とは?
 6 勝負を左右する、「送り札」のかけひき!
 7 「三字決まり」に強くなるという方針もあり!
 8 自陣のチェックはこまめにしよう!
 9 決まり字の変化に強くなろう
 10 自分の札を作り、特定の位置に置いてみよう
 11 マナーを大切にする人は強い
 上達するためのポイント
 1 「攻めのかるた」を目指して、上達しよう
 2 「戻り手」と「渡り手」をマスターしよう
 3 配列は、考えと実践の積み重ねで変化します
 4 「聞き分け」が勝敗を決する
 5 「取りたい」・「勝ちたい」の心を捨てよう 
上の句はなに?暗記力を試してみよう
百人一首・歌の意味と札の覚え方や決まり字
競技かるたQ&A

これを読めば、あなたも名人!

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック