« 『「百人一首」かるた大会で勝つための本』 | トップページ | 3月に買った本 »

4月レッスン1回目

世の中新学期ですね。いつもは学校帰りの子供たちがいるレッスンの受付、だれもおりませんでした。レッスンはあるはずなのに…なぜ? いつもは早く来て宿題しているのかな。

さて、今回、2週末続けて留守にしていたので、全然練習してません。2週間で4日ぐらい?

即興演奏 練習書(レッスン13回目→次回)
くサボリぐせが抜けません。今度こそ絶対!

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第9・10・11・12番」
9・10はアップ・ダウンで6/8拍子を。11・12は小指が上がるのを直すために、小指は押さえたまま、他の指を動かす練習を。指はしっかり、手首はゆるめて。小さく丸をかくように。指は引っかく感じで、しっかり弾く。
指を直していきたいから、意識して。親指の形はよくなってきました。→ということですが、今までどんだけメチャクチャだったのか、ということ? coldsweats02
次回も同じ9・10・11・12。

バッハ シンフォニア第5番(レッスン2回目)
最後まで。
・メロディーの音がつながるように。1の指、力を抜く。上から吊っている感じ。音の質がそろうように。
・左手は3拍目を弾く時、次の音に向かうように。アップ。こちらも音の質をそろえる。力が次の指次の指に移り変わっていくように。
・テンポを手首で刻まない。じっとして。

リスト「愛の夢第3番」(レッスン2回目)
練習をあまりしなかったので、イメージトレーニングを兼ねて、久しぶりにCDを聞いてみました。→感想。…私、発表会で弾けるレベルまで、もっていけるのか?
あまりに不安で、先生に「選曲ミスかも…」と弱音を吐いたところ、「弾けると思うけど…」と先生。その言葉を信じて、がんばってみようと思います。

まず、前半。メロディーを出す。メロディー以外の音は違う音質で弾きたい。右手の伴奏?を練習。右手の形を作って、第3関節を動かして弾く(小指下の手の外側の筋肉を意識)。鍵盤は下まで弾かない。左手は外へ外へ。

カデンツのところ。指を丸めてはじくように。はじめはゆっくりでいいので、タッチを意識。タッチができれば、速く弾ける。

次、中間部。ここはメロディーの音質をそろえたいけど、まあ弾けているので、もっと弾き込む。→現状は、楽譜を目で追って指を動かしているだけ。臨時記号が多くて、いちいち確認して弾いているから、楽譜を見なくても弾けるようにしたい。

2回目のカデンツ。和音で練習。指番号は弾きやすく変えてもよい。

早急の課題は、前半の右手。そこが早く弾けるようにならないとお話にならないようです。

4月。心持ちもあらたにがんばりたいと思います。

« 『「百人一首」かるた大会で勝つための本』 | トップページ | 3月に買った本 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/51312787

この記事へのトラックバック一覧です: 4月レッスン1回目:

« 『「百人一首」かるた大会で勝つための本』 | トップページ | 3月に買った本 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック