« スーパーへ | トップページ | 甘酒 »

3月レッスン4回目

覚書として。

木・金・月曜日と練習。夜更かしがたたって、家に帰るとすぐ昼寝をしてしまう…のび太くん。

即興演奏 練習書(レッスン13回目→次回)
くサボリぐせが抜けません。今度こそ絶対!

ツェルニー125のパッセージ練習曲「第7・8番」
ダウンアップも大事だけど、きらきら輝く音を出す。そのためには素早いタッチ。鍵盤から指を離すのを速く。バロックや古典に大切な音。

バッハ シンフォニア第5番(レッスン1回目)
最後まで。装飾音を入れないと比較的簡単な曲です。
・伸ばす音を押さえつけすぎ。弾いたら脱力。でないと音が響かない。
・アウフタクトで入るから、左手の最初は音を抑えて、高い音に向かって。
・3拍子を感じて弾くのだけど、3拍目は手首を柔らかくしないで、肘を上げる感じ。
・ハーモニーの響きを感じたいから、調、和音を調べてくる。分からなかったら、明るい感じ、暗い感じというふうに。

リスト「愛の夢第3番」(レッスン1回目)
発表会に向けて。ですが、全然弾けなくて、先生も「前途多難。どこから手をつけていいのやら」といった表情でした…。
・メロディーと右手の伴奏のバランスを考える。メロディーもっと出す。
・右手の伴奏は軽く。ファーストキーボード。
・メロディーはチェロ、右手は上のほうできらきら鳴っている、といったふうに層を感じる。
・左手のアルペジオ。手首を内側に入れすぎ。手首内側に入れない。
・カデンツのところ。指の形を準備して上から押さえるのではなく、じわじわ這って行くように。指の準備が遅い。左手は手首の角度に注意。指も鍵盤のどの位置を押さえるのか考えて弾く。
はあ、大丈夫かな。選曲が無謀だったかも。

来週はお休みで、2週間後。

« スーパーへ | トップページ | 甘酒 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/51191804

この記事へのトラックバック一覧です: 3月レッスン4回目:

« スーパーへ | トップページ | 甘酒 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック