« 12月に買う本 | トップページ | 肩が凝る »

『UFO大通り』 買った、読んだ、懐かしかった!

島田荘司さんの新刊(といっても、2年前に新書で発売されているものの文庫化)が読みたくて、会社終わるなり本屋に直行し、マンガ(天天とバーディー)ともども買って来ました。

ピアノの練習(火曜日のレッスン後一度も練習していない)をやめ、家事も省力化し、マンガも文庫も読み終えました。

久しぶりに読む御手洗さんの新作。それもまだ横浜にいた時代のお話。あの突飛な言動で周りをハラハラさせる御手洗さんに久しぶりに会えました。石岡くんとのやりとりも笑えたし。

「UFO大通り」と「傘を折る女」の2編収められています。まあ、ご都合主義な部分もありますが、どちらも最後はハッとさせられる謎解きがあって、面白かったです。

「UFO大通り」を読むと、日本人の嫌な性質に流れないよう身を律しようと考えさせられるし、「傘を折る女」を読むと、女性特有の嫌な面が垣間見えて(同性からするとうなずけるところもあり、疑問に思うところもあり)「ああ、女性ってそういうものなのかなー」と考える節もあり。「島田荘司さんの昔からの変わらない考え方だなー」「設定となる年代に起こった社会事件との関連もうまいなー」と懐かしくもあり。昔、御手洗さんの短編集を読んだ後の感じも思い出されて、全体的に懐かしかったです。

最近では御手洗シリーズの神秘的なミステリーに慣れてしまったので、そちらのほうがもっと読みたいかな。

« 12月に買う本 | トップページ | 肩が凝る »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/50195274

この記事へのトラックバック一覧です: 『UFO大通り』 買った、読んだ、懐かしかった!:

« 12月に買う本 | トップページ | 肩が凝る »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック