« 12月レッスン3回目 | トップページ | ピアノ調律 »

シューベルトの本・CD

図書館へ本を返却しに行き、次はなんの本を借りようか、ぶらぶらしてきました。

島田荘司さんの『写楽』 → 手に取るが、掃除・年賀状等することがたくさんあるときに読む本じゃない、と棚に戻す。現在の夜のお供は、むかーし買ったSFのペーパーバック。日本では人気がなく翻訳本が出ないので。シリーズものだから登場人物や人間関係は分かる。ペーパーバックなんて初めて読むんだけど、フィーリングで。分からない単語(だらけなのだが)はあえて調べない。ストーリーの内容さえ分かればOKというゆる~いスタンス。

百人一首の本 → 100首覚えているか確認のため。語呂合わせで覚えるようになっていてイラスト入り。覚えてないものはこれで覚えよう。

詰め将棋の本 → 初心者用の本はなく、借りられず。

シューマンの歌曲集 → こないだのコンサートで聴いた”ミルテの花”。訳詩も楽譜も載ってます。

シューベルトのソナタ CD → youtubeで聴いてくせがない演奏に惚れ、欲しいなと思っていたリヒテルのCDがありました! 好きな「さすらい人幻想曲」も収録。早速聴きました。ソナタの第2楽章は全音の『ソナチネ・アルバム』に載っていて、昔から弾き散らしていましたが、こんなにゆっくり弾く曲だったなんてー。目からウロコです。あまり好きじゃなかったのですが、ゆっくり弾くととってもとってもきれいな曲。挑戦してみよう。 ↓ amazonで試聴できます。

『シューベルトの音符たち―池辺晋一郎の「新シューベルト考」』 → シューベルトを弾くにあたって、何か参考になる本はないか、と探していたところ、このソナタについての少し詳しい記述がある本を見つけました。大好きな池辺先生の本。初めて読みましたが、先生の文章(先生が書かれているのかどうかは分かりませんが)は読みやすくて面白い。他の項目もちゃんと読んで、別の作曲家の本も今度借りてこよう。

« 12月レッスン3回目 | トップページ | ピアノ調律 »

ピアノ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/50372274

この記事へのトラックバック一覧です: シューベルトの本・CD:

« 12月レッスン3回目 | トップページ | ピアノ調律 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック