« 凝りがひどくなりました | トップページ | またも再読 »

『ゼロ時間へ』

クリスティー。新訳が出版されてますね。私は昔の訳で読みました。

読むのは2回目です。「これは読んでないはず」と手にしたのですが、数章読み始めて、2回目と気付いた次第です。夫は「前読んだ時、絶賛してたじゃない」。…覚えてない。

ポアロ(ある人のセリフの中に名前は出てきますが)ものでも、マープルものでもない、長編ですが、クリスティーならではの斬新な設定。

いわく、普通の推理小説は初めに殺人事件が起こってからの話だが、殺人事件というものはそれが計画された瞬間から始まっている。その計画の究極(=殺人)がゼロ時間。そこへ向かっていろいろな出来事が進んでいくのだ。今このときにも…。

とまあ、こういう感じの前置きがあって、お話が進んでいくのです。初めから読者に挑戦状が叩きつけられていますね。

犯人をすっかり忘れていたので、2回目でも楽しめました。傑作です。

« 凝りがひどくなりました | トップページ | またも再読 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/50220318

この記事へのトラックバック一覧です: 『ゼロ時間へ』:

« 凝りがひどくなりました | トップページ | またも再読 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック