« またも再読 | トップページ | 12月レッスン1回目 »

『忘られぬ死』

はからずも2度目読了。

愛らしいローズマリーが自分の誕生日パーティーで毒をあおって死んで1年。本当に自殺だったのか。疑う夫ジョージはある計画を立てる。同じ場所で同じメンバーによるパーティーを催すのだ。ローズマリーの妹、得体の知れない男友達、政治家、その妻、ジョージの女秘書。そして、また悲劇が…。

誰もがローズマリー殺害の動機を持っている。自殺としか思えない状況での殺人。トリックは? そして犯人は?

探偵は出てきませんが、登場人物の心情がそれぞれ別立てで書き込まれていて読みやすく、犯人も意外で(よく読むと伏線があります)、面白かったです。

« またも再読 | トップページ | 12月レッスン1回目 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/50286484

この記事へのトラックバック一覧です: 『忘られぬ死』:

« またも再読 | トップページ | 12月レッスン1回目 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック