« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

11月レッスン4回目

前回レッスンより2週間ありましたが、身を入れて練習できたのは22日以降。しかも25,26日は夜出かけたので練習せず。

即興演奏 練習書(レッスン9回目→次回)

今回も宿題できず。というか、忘れてる。隣のレッスン室で、大人の女性の方が聴き取りをしているのか、ノートに書き込んでいるのを見て、思い出した。

ショパン「ノクターン 第9番 Op.32-1」(レッスン5回目)

最後まで。

・pやppの5連符。ハーフタッチ(ファーストキーボード)で。→ 鍵盤を下まで弾かない弾き方なのですが、途中で止めるため、非常に力が要ります。
・左手小指で同じ音を弾き、上でテナーが歌う部分。小指は鍵盤から指を離さず、鍵盤が上がりきる前に弾く。→ GPだから出来るらしい。UPでは出来ないのかしら?
・fでベターッと弾きたいところは指の腹で。

そして、最後のコーダ。前日楽譜の音の長さ通りに練習していたのですが、「ここはテンポ・ルバートでいいのよ~」と先生に言われてしまいました。がくっdespair

ツェルニー40番「第33番」(レッスン3回目)

通して。

「(指先で弾いているから)前回のバタバタより、ずっとよくなりました。」

しかし、仕上がりはまだまだ。

・1ページ目はアルペジオの音が浮いている。しっかり指先に力を入れて、その力が移動していくように。立って弾いてみて。そうすると、指先に体重をのせられる。その感じを忘れずに。

・2ページ目は両手での下降スケールが同じく浮いている。つま先歩きで体重移動を感じるように、5本の指が5本の足だと思って同じように力を移動していく。

・左手の下降は手がバタバタになっている。手の筋肉がない。小指の付け根から手首にかけたところと、同じく親指の付け根からの筋肉、4本指の付け根ちょっと下辺りの筋肉をつける。手を丸くして、手のひらのくぼんだところが固くなるように。そうすると自然と指が丸くなる。トレーニングをすれば、筋肉はすぐ付くから(止めるとすぐ取れるけど)トレーニングを。

バッハ シンフォニア第14番(レッスン1回目→次回)

時間切れ。まだ1ページしか譜読みしてません。

次は来週。

11月に買う本

11/4 『機巧童子ULTIMO 5』 武井宏之 ジャンプコミックス

味方が戦ってどんどん命を落としていくのが、なんともつらい。

11/19 『天上天下 22』 大暮維人 ヤングジャンプコミックス

最終巻らしい。知らんかった アワ((゚゚дд゚゚ ))ワワ!! まだ買ってない。

行き当たりバッタリ気味の本作。どのようにまとまるのでしょうか。
興味津々。

目覚まし時計買いました

電池を変えたら、ちゃんと動いてる時計…wobbly

でも、古いのに違いはないので、新しい時計を買ってきました。

・スヌーズ付
・カチコチしない秒針
・暗くても見える文字盤

アナログの電波時計は気に入ったのがなかったので、止しました。

さて、取扱説明書を見ると

・アラームは機械の構造上、セット時刻に対して5分前から5分過ぎの間に鳴り始めます。

とある。7分前に鳴るのは壊れてるんじゃなかったのね…。

そして、

・アラームつまみを逆方向に回すと、目覚まし精度が悪くなることがあります。

今までばりばり回してましたけど…。今日買った時計も説明書を読む前に1,2度逆回転させてしまいました。一方向にしか回せない目覚まし時計は選択外にしてきたんだけど、それはわざとそういう構造にしてあったのね。忘れないでおこう。

あと、

・一般に充電式の電池は電圧が低いので時計には不向き。使用しないでください。

ともある。古い時計にはエネループが入っておりました…。これも一因だったのか。

静電気

静電気がたまりやすい体質?です。着てるものが帯びやすいのかもしれないけど。いやな季節になってきました。

特に車から降りたらテキメンで、火花散ることがしょっちゅう。

今日一人で車でおでかけ中、ガソリンが少なくなり、意を決してガソリンスタンドへ。

ガソリンスタンド爆発させませんように。

と祈りながら、静電気除去のところをべたべた触った後、ガソリン注入。

無事何事もなく帰ってきました。ほっ。

目覚まし時計

今朝は絶対早く起きないといけない用事があったのに、目覚まし時計が壊れてて鳴らなかった…despair

以前から調子が悪くて、時折そんなこともあったけど、昨日も含めここ最近ちゃんと鳴っていたのよ! なぜよりにもよって今日鳴らないのか! はあ。

やはり寿命かしら…。10年以上使っているから。それも酷使している。鳴っては止め、鳴っては止め、の5分ごとの惰眠を楽しみに、目覚まし時計と30分ぐらい毎日遊んでいる。恐らく目覚まし時計のアラーム機能は寿命を超えて使用しているものと思います。セットした時間より7分前に鳴り出すぐらいに壊れてます。

ご迷惑をおかけした人へお菓子を持ってお詫びに行ったけど、玄関のピンポンが壊れているのか、おうちにいる(電気付いてる)のに出てこられない。お詫びに行ったのに玄関をどんどんと叩くわけにもいかないから、すごすごと帰ってまいりました。普段なかなかお見かけしない方だから、困った。

明日目覚まし時計を買いに行こう。この際だから電波時計。

必須条件は

・秒針がカチコチしない → 音に敏感で、カチコチしない壁掛け時計の秒針が回る音も夜は気になる。
・スヌーズ機能つき → 当然
・しっくりくる大きさと形 → 置く位置を動かしたり、倒したりするので。

アナログがいいけど、電波時計ならデジタル? 秒針はないよね。

『スリーピング・マーダー』

昨夜というか、今朝未明(AM3:00)読了。

A・クリスティです。

「マープル最後の事件」と帯に書かれていましたが、最後の事件として書かれたわけじゃなくて結果最後になったのよねーと思っていたら、夫も同じように考えていたらしく、滔々と私に話してくれました。似たもの夫婦ということで。事実は違うようですが。

ニュージーランドからイングランドに来た若妻グエンダは、ある海辺の町で気に入った家を買う。初めて住む家なのに、ドアの位置、壁紙の模様など、こうだったらいいのに、と思うことが昔はそうだったと知り、不安になる。ロンドンである演劇を見た彼女は、昔その家で人が殺されたことを思い出し…。

これはミス・マープルのテレビで何度も見たので、犯人は誰か、動機は何か、すべて分かっています。あるトリックだけはテレビで出てなかったので、分かりませんでしたが。テレビは別の話とミックスさせていたような気もするけど…DVDで確認しよう。

犯人や動機が分かっていても、読ませてしまうあたりがクリスティならではです。最後の詰めは少し甘い感じもするけど、面白かった。

漬物屋さんのエクレア 4枚(200g)

夕方近所のスーパーで。

上から品物を取れる冷蔵棚に、「シュークリーム エクレア 88円」と書いた看板が立っていた。見ると、エクレアが2つきり。おいしいのかも。食後のデザートに、と手に取り、どこのメーカー製かと看板を見ると、

○○漬物
シュークリーム 12コ入り
エクレア 4枚(200g)
88円

と書かれていた。

漬物屋さんがお菓子作っているのか、んなばかな。

エクレアの袋を見ると、山崎製パン。

以前この同じ棚で、「だしがきいている ヨーグルト」なる看板を見たことがあったので(そのときもヨーグルトの原材料表示をまじまじと見てしまった)、単なる入力間違いなのだと納得。

レジもちゃんと88円で通りました。

12コ入り、4枚(200g)で同じ値段になるものって、一体なんだろう?

夫の予想は、直径4cmぐらいのハムステーキ(12コ入り)と大きなハムステーキ(4枚200g)。私の予想はおでんの具になる練り物。

「だしがきいているヨーグルト」は納豆の間違いかと。

庭仕事

なんの予定もない祝日とお茶のお稽古がお休み(仕事も休み)の水曜日。1ヶ月ぶりの予定のない2連休です。

今日は夫も家にずっといて、3食作ってしまったぞい。

ほったらかしにしていた庭仕事ようやくできました。夫も一緒に。

チューリップを植え、草をむしり、ゴミ袋に詰め、畑を耕し、枯れてほうっておいた植木鉢の片づけをし、最後は家の前の木にイルミネーションの取り付け。

後は植木の剪定。剪定ばさみを今日やっと買ったので、また明日しようっと。

着ていたウインドブレーカーを土で汚してしまって、まだまだ甘いなあ、と思ったよ。仕事が出来る人は着ている物を汚さないと思っているので。

何月?

私の仕事は、手書きの書類をワードやエクセル等で作成すること。原稿には締切日が書かれたメモが付けられています。

「お願いします」と渡された原稿の締切は12/26(金)。11月の間違いだよね~、と12を消して10に直そうとした私…。次に別の人から渡された原稿の締切は2/25。2月って来年なんですけど…。

旅行業で先の日付の仕事が多いから、みんなごっちゃになってる。私は後戻り。

無事

今朝はお肌がピン!としておりました。お化粧のりもよかったです。夜も変わらずハリがあります。昨日のローション。1本(120ml)17,000円の商品でした…。同じラインのこのパック。1回分2,100円なら安いかも、と金銭感覚が麻痺してきました。あぶないあぶない。

お茶の本番も無事終わり、ほっとしてます。案外アガることもなく出来、楽しかったです。最後の最後で小さいポカをしてしまいましたが、全体的にはまずまず。着物も昨日よりちゃんと着れていたのか、前がはだけることもなく。

端から見たら、いろいろご指導があって大変そうに見えたらしいのですが、私はご指導を受けられて感謝の気持ちでいっぱいでした。会場ではたくさんの青年部の方が励ましてくれて、うれしかったし。機会があったら、また出たいな。

ロイヤルエステ&お茶のお稽古

今日は久しぶりのロイヤルエステ。ビューティーアドバイザーの方とお会いするのも、3度目。すっかり顔なじみです。去年の記事はこちら。去年のことはすっかり忘れてて、今日も必要最低限のものしか買いませんでした。今思えば、もっと買って、と暗にお願いされていたような気もする…coldsweats02

こないだから粉ふきがひどかったけれど、毎朝毎晩しっかり基礎化粧をしていたら、よくなりました。

今日のエステは新発売のリフトアップも兼ねたパック&リンパマッサージ→ワックスパック→ローションパック(お高い化粧水で)。

アドバイザーさんから、顔の皮膚が固いから、酵素パックで皮膚を柔らかくして、化粧水をたっぷり、乳液、クリームもちゃんとつけて、とのアドバイス。「畑も土が固いと水がしみこまないでしょ」「耕して、化粧水ですね!」「きれいなお花が咲くよ」

リフトアップを兼ねたパックは、翌朝のハリツヤが違うようで、朝が楽しみです。

が、明日はお茶の大事な本番…。

夜、最後のお稽古に行ってきました。他の方は仕事帰り。おつかれさまです。私は明日着る予定の着物で。

お茶用に仕立ててないのですが、今までよく着ていたのと同じ寸法。

なら、これでいいか、と思っていたのですが、下前に柄が合って、膝を動かして体の向きを変えるごとにそれがちらちら見えて気になる。また、最後の最後で前がちょっとはだけてしまいました。

むーん。どうしよう。もう1枚しつけを取っていない色無地(こちらはちゃんとお茶用に仕立てた)があるんだけど、しつけを取るのがもったいない。下前の柄のことを先生に訊いたら、別によい、というので、明日はこれでいこうと思います。

今日は身が入っておらず、また少しポカを。明日は満点でいけるよう、がんばろう!

芝寿し

お昼を買いにデパートに行ったら、「お取り寄せ限定○セット」と銘打って、富山の「ますのすし」、金沢の「笹寿し」、奈良の「柿の葉すし」が売られてました。

芝寿し! 懐かしい~。おいしいんだ~。

商品名は「笹寿し」なのですが、くせで「芝寿し」と言ってしまう。

ケチな性分なのだが、なんのためらいもなく、「笹寿し」購入。「ますのすし」は2週間前に夫のお土産で食べたので今日はパス。「柿の葉すし」も好きだけど。ちょうど同じ時間帯に購入されていったのは「柿の葉すし」のみ。「笹寿し」あまり有名じゃないのかも。

比較的涼しい玄関に置いておいて夕食に食べようと思っていたのに、夕食時にはすっかり忘れてて、ご飯のおかわりをよそう寸前に存在を思い出した…。慌てて取ってきて食べました。1膳目よそうの少しにするんだった。昨日の記事じゃないけど、なんでも忘れ過ぎ。

見た目紅白ということで、紅鮭と小鯛。夫と分け合っていただきましたが、記憶にあるほどおいしく感じられないのは、なぜ?

昔食べた時からその後、おいしいものを食べ過ぎたのかなあ。それとも好みが変わったのかしら。

思い込み

年のせいで頭が固くなっているのか、最近思い込みが激しくて、こうと思い込んだら、他人にいくら説明されても考えが変わらない。というか、柔軟に考えられない。

こないだもたくさんの人に何回も説明されてやっと納得した(それは前提となる事実を私が覚えていなかったからで、そのことを先に言ってくれればすんなり分かったと思うのだが…と負け惜しみ)。

ストレスフリーを実践する余り、生き死に以外のことはあまり深く考えず覚えもせずスルーしているのが一因とも思われる。

また、仕事のことでは思い違いが多く、口にしてから確認すると違ってた、なんてことが多い。これはフルタイムで働いていないために責任感がないのが一因かと。フルタイムで働いていて自分の責任だったらもっとちゃんと覚えていると思うんだけど…とこれも負け惜しみか。でも週20時間程度のパートの仕事に慣れた今となっては、これからフルに戻ってもそういった集中力は保てないと思う。

脳トレのために、毎月パズル雑誌でも買うか。とも考えるが、8月に1冊買ったフツーのパズル誌は簡単すぎて、3-4日で全部終わらせてしまったから、脳トレというより、人間関係に対する身の入れようが問題だと思われる。

今日も突然振られた話に、とんちんかんに応えてて恥ずかしかった。夫と2人暮らしで、他人とあまり話をする機会が少ないからかな~。自分のことしか考えてないし。だめだなあ。

お茶のお稽古

今日はお稽古日。日曜日の本番に向け、着物で出かけました。

10月30日から数えて、6回目の着物でのお出かけ(楽しいお出かけならいいけど…。着物で楽しいお出かけというものをしてみたい)。3日に1回は着物というなんだかすごいことになってます。洗濯物も毎回あって大変です。

今日の収穫は、足があまりしびれなかったこと。体重はさておき、やはり小さい足袋でしびれるのかと。洗って縮んだようにも思えるし。本番ではもう一つ大きめの足袋にしよう。足袋のサイズといえば、亡くなった祖母から「足は何文?」とよく訊かれたのを思い出します。ジャイアント馬場は16文だけど、私はいったい何文なんだろう…。

そして、今日の大ポカは。最後の茶杓を拭くのを、1回余計めにしてしまいました。本番でこんな基本的な間違いをしたら、会場がざわつきそうだ…。集中して乗り切ろう!

また、今日は着物がちゃんと着れてなくて(上前のかぶさり具合が少なかった)、座るたびに前が開きそうになって、困った。本番ではお茶専用に作ったものじゃないものを着ようと思っているので、土曜日の最後のお稽古で一度着てみようか。それで具合が悪かったら、お茶専用のいつもの着物にしようかな。

11月レッスン3回目

しな~っと昨日「11月レッスン2回目」をupしました。そちらからどうぞ。

忙しかった1週間。練習したのは、木曜日と月曜日だけ!

即興演奏 練習書(レッスン9回目→次回)

今回も宿題できず。

ツェルニー40番「第33番」(レッスン2回目)

最初の1ページを弾き終わった後、先生から衝撃の一言が!

「(夏衣さんは)手が小さいから、言おうかどうしようか…ずっと前から思っていたことがあって…指の腹で弾かないで、指の先で弾いてね。音が全然違うのよ。ほら違うでしょ?」

と先生が「わざと指の腹で弾いた音」と「指の先で弾いた音」を出して聴かせてくれました。

まったくもって違います。

まあ、ある意味(今さらながらに指摘されたという点では)、衝撃だったのですが、うすうすと、というか、中学生の頃から「手を丸めて弾きましょう」と楽譜に書かれてきていた私。特に何も言われないから、別にいいのかと思ってた…。

「指も回るし、腕の動かし方もよくなってきたし、指の間も広がってきているようだから、これからは指先をしっかりしておいて、すとんと鍵盤に落とすようにしていきましょう。ツェルニーやバッハはやっぱりこういう指で弾かないといけないから。来年の発表会の課題はこれ!」

しかし、悩み事が一つ。

中指、薬指、小指は第一関節(指先に一番近い関節)をしっかり立たせておいて指の先で鍵盤を押すことはできるのですが、人差し指は第一関節を立たせると指先より爪が先に当たってしまいます。それを先生に訊いたら「爪が当たらないところで弾くのよ」。指トレが必要ですね…。イメージは鉄琴や木琴のバチ。バチの固い頭が第一関節から先の指先。あとはバチの持ち手。

「左手も同じように指先で。意識して弾いてみましょう」ということで、最初から。楽譜を見ないと弾けないので、自分の指先は見ることもできず、とりあえず意識だけはしっかりと。

「先生、どうでしたか?」
「4の指が弱いけど、いい感じで弾けていたから、この響きを忘れずに。言えば治るから、すぐに出来るようになるわよ~」

そうありたいものです。

そして、昨日一、二度しか練習ができなかった右ページ。

・左手の上昇スケール。手首や上腕の角度に気をつけて。4の指をよっこらっしょと持ってこない。
・同じく左手の下降スケールも角度に注意。1の指が大きくならないように。
・右左6度の上昇スケール。右手も左手もお互い気にならないようなぐらいすらすらと弾けるようにしておいて。1オクターブずつ等少しずつ合わせていく。

バッハ シンフォニア第15番(レッスン5回目)

先ほどのツェルニー同様、指先を意識して最後まで弾いてみました。
「音はよくなったけど、まだまだ指先に力が乗ってない。椅子に深く腰掛けて、体重を指先に乗せる。つま先に体重をかける感じ」

なんとなく感じはつかめました。

・伸ばす音は音の長さ分ちゃんと伸びるように弾く。押さえつけたり、力を入れて弾いたりせず、キーに対して垂直に指を落とすだけ。

垂直に落とすのが難しい。しかし、○をもらえました。次は14番。

ショパン「ノクターン 第9番 Op.32-1」(レッスン4回目)

A-B-A’まで。こちらも指先意識で。

Aの左手アルペジオの音量と、Bの左手テナーの部分をベースよりも強調して歌う部分を注意。

次回はノクターンからレッスン。でも来週は祝日で休みで、再来週です。

1週間のごぶさたです

毎日仕事以外の予定が入っている1週間でした。ピアノの練習木曜日に1度したきり、まったくしておりません。疲れて、また口唇ヘルペス出ちゃったよ…。今週もまた21日の大事な用事に向け、特訓あり。忙しい日々が続きます。

こんな気ぜわしい中、『星の瞳のシルエット』全10巻&番外編『ENGAGE』『ENGAGEⅡ』読み直してしまいました。くどいようですが、夫の所有しているマンガです。

連載当時、主人公と近い年。当時読んでいたときも何かしら思っていたのかもしれないけれど、私には香澄ちゃんの気持ちが全く理解できません…。

好きな人から告白されたのに、友達のために応えられない。さらに「失恋した」とまでウソをついて、友達とくっつけようとする始末。

なんなんだ一体。好きな人の気持ちは考えないのか!

と憤慨していたら、夫に「マンガだから」と諭されました…。まあ、そうすんなり話が進んだら、お話としては成り立たないけど。

しかし、また、番外編の『ENGAGE』を読んだら、憤慨することが。

「久住くん」「香澄ちゃん」と呼び合っていた2人が、いきなり名前呼び捨て!

私、人の名前って呼び捨てに出来ないし、呼び捨てにされるのもキライ(仲の良い同性の友人から呼ばれるのはいいんだけど)。妹や弟でも名前プラスさん付けで呼んだりします。夫婦間でもお互い「さん」付けか「ちゃん」付け。

だから、いつまでも「久住くん」「香澄ちゃん」でいて欲しかった! 単なる私のわがままですが。

11月レッスン2回目

思い返せば、10/30~11/8までも、仕事以外の用事がずっと入っていた1週間。ピアノの練習もままならず。

即興演奏 練習書(レッスン9回目→次回)

今回も宿題できず。

ツェルニー40番「第33番」(レッスン1回目)

左手のスケールができなくて、とりあえず最初の1ページだけ。

・右手の親指が突っ張っている(=力が入っている)。親指は中に入れておく。小指もピンとしてるから(=こちらも力が)、他の指に添わすようになるといいけど…。
・左手の和音(ズンチャッチャッのチャッチャッ)は軽く。腕は外回し。
・右手の下降のアルペジオ、拍の頭が消えないように。

片手ずつ練習後、両手で。

バッハ シンフォニア第15番(レッスン4回目)

一通り通して。
・右手の表現が足りない。もっと歌う。
・どの音に向かっていくか考えて歌う。
・左手の32分音符。手だけ動かすのではなく、上腕を動かして送っていく。指先はつぶすタッチ。
・拍の頭の音を注意して。

ショパン「ノクターン 第9番 Op.32-1」(レッスン3回目)

A-B-A’まで。

・最初のベースの音は腕の重みで弾いていて良い。
・上昇するアルペジオ。一番高い音に向かって。中の音が強すぎる。
・指(手首?)が落ちて音が響いてない。
・同じように上腕を上げて弾いた音と下げて弾いた音では違うから、Bの部分の左手は上腕を上げて弾く。最初のベースの音のように重量感が欲しいときは上腕下げる。
・音のベクトルを考える。

11/9~16は忙しいので、先生に予め「練習があまり出来ません」と伝えて帰りました。

ハナから言い訳してどうすんだ。

2度目のオリオン

先週木曜に引き続き、今日も遅くなり。

東の空には、オリオンが。

シリウス見ると、「久住くん」「香澄ちゃん」とつぶやいてしまう。

夫所有のマンガ読み直そうか。

プロフェッショナル 再放送

国会中継で中止となった 吉田都さん の『プロフェッショナル』、再放送があるようです!

11/7(日) 午前10:00~ BS2。

11月レッスン1回目

10/26 10月レッスン3回目書きました。そちらからどうぞ。

即興演奏 練習書(レッスン9回目→次回)

今回も宿題できず。

ツェルニー40番「第34番」(レッスン3回目)

音を外してもいいから止まらずに弾こうと思いましたが、結局何回か弾き直してしまった。

「音もきれいに響いて上手に弾けてます。左手もきれいに回っているし」。しかし。

・右手の和音が固い。もっと手首に弾力を。カスタネットを叩くようなイメージで。
・小節の終わりの32分音符を強く弾きすぎ。そこは軽く。

何回か練習。中間部の和音。「一番上の音が出ないんです」と先生に告げたら、「いつか出来るようになります。3の指の音がを大きいよね。1の指は意識して小さく弾いているようだからOK(→いや意識してませんが。私は音を出したい小指を他の音よりも深く鍵盤を下げるようにしています。」

・最後のppのところ。左手でクレッシェンドで盛り上げる。右手は上声部を歌うように。
・(前回も指摘のあった)ミーミー。出したい音を勢いをつけて弾く。他の32分音符がばたばたうるさすぎる。もっと落とす。オノマトペで口で発音しながら練習する。

「同じようなことはこれから曲の中でも出てくるから、そこで練習しましょう。」ということで○もらっちゃいました。いいのか~。次は32番。こっちもオノマトペで練習。

バッハ シンフォニア第15番(レッスン3回目)

一通り通して。

「表現をつけて弾けているけど、テンポがずれる。」

・テンポを刻んでいるメロディーは淡々と刻む。歌う部分と一緒に流されない。
・32分音符のアルペジオが速くなる。うるさいけどメトロノームで、16分の9拍子を刻んで合わせる。
・32分音符。指がばたばたするから、和音をつかんだ状態で指は鍵盤に乗せた状態から押し下げるだけ。指を上げない。
・導音や属音の弾き方を考える。

ショパン「ノクターン 第9番 Op.32-1」(レッスン2回目)

前回レッスン後、家に帰って楽譜をガン見。調や導音・属音を探してみました。やたらと#が多いこの曲。初めはロ長調。#5つから始まります。途中で嬰ヘ長調(#が6つ)に転調。さらに嬰ニ短調(#レ#ミ#ファ#ソ#ラシ##ド#レ)→嬰イ短調(#ラ#シ#ド#レ#ミ#ファ##ソ#ラ)先生曰く、これだと変ロ短調(♭シド♭レ♭ミファ♭ソラ♭シ)と同じなんだけど、これは#系だから嬰イ短調ということで。音を拾うのも一苦労でしたが、調を見つけてからはえらく納得。だからといって、音が拾いやすくなるわけでもありません。

今日はまた最後まで一通り弾いて、転調、導音、属音を先生と探しながら、表情付け。

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック