« 2度目のオリオン | トップページ | 1週間のごぶさたです »

11月レッスン2回目

思い返せば、10/30~11/8までも、仕事以外の用事がずっと入っていた1週間。ピアノの練習もままならず。

即興演奏 練習書(レッスン9回目→次回)

今回も宿題できず。

ツェルニー40番「第33番」(レッスン1回目)

左手のスケールができなくて、とりあえず最初の1ページだけ。

・右手の親指が突っ張っている(=力が入っている)。親指は中に入れておく。小指もピンとしてるから(=こちらも力が)、他の指に添わすようになるといいけど…。
・左手の和音(ズンチャッチャッのチャッチャッ)は軽く。腕は外回し。
・右手の下降のアルペジオ、拍の頭が消えないように。

片手ずつ練習後、両手で。

バッハ シンフォニア第15番(レッスン4回目)

一通り通して。
・右手の表現が足りない。もっと歌う。
・どの音に向かっていくか考えて歌う。
・左手の32分音符。手だけ動かすのではなく、上腕を動かして送っていく。指先はつぶすタッチ。
・拍の頭の音を注意して。

ショパン「ノクターン 第9番 Op.32-1」(レッスン3回目)

A-B-A’まで。

・最初のベースの音は腕の重みで弾いていて良い。
・上昇するアルペジオ。一番高い音に向かって。中の音が強すぎる。
・指(手首?)が落ちて音が響いてない。
・同じように上腕を上げて弾いた音と下げて弾いた音では違うから、Bの部分の左手は上腕を上げて弾く。最初のベースの音のように重量感が欲しいときは上腕下げる。
・音のベクトルを考える。

11/9~16は忙しいので、先生に予め「練習があまり出来ません」と伝えて帰りました。

ハナから言い訳してどうすんだ。

« 2度目のオリオン | トップページ | 1週間のごぶさたです »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/50041943

この記事へのトラックバック一覧です: 11月レッスン2回目:

« 2度目のオリオン | トップページ | 1週間のごぶさたです »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック