« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

9月レッスン4回目

即興演奏 練習書(レッスン7回目)

前回やり残した分の伴奏付け。和音の性格(Ⅰ…トニック、落ち着く。Ⅳ…サブドミナント、広がる。Ⅴ…ドミナント、沈む・重量感)を把握して、演奏する。
次に変奏。フレーズのモチーフが違うところは、変奏も違うように。

次の宿題の和音のチェックをしてもらいました。和音のベースの音とメロディーの音が重なっているところがあってNG。フィーリングで付けた和音がイマイチで、そこも訂正。基本はⅤ7(属七)を使用。
次回はこの宿題の伴奏と変奏。レッスンのパターンができそうです。

ツェルニー40番「第38番」(レッスン3回目)

・よくできるようになりました。
・属7の和音はちょっと長めに。強調する。
・左手上昇アルペジオスタッカートと左手が右手を越す音。右手の音が大きすぎる。特に親指の音。左手の音をよく聞く。ここはレッスン中、何度も練習。
・最後の左手と右手が交互に弾くところは、一つの手で弾いているように聴こえて、上手に出来てます。

「次をみてきてね」ということで、来週には○がもらえそうな予感。次の34番はこれまでしたツェルニーの中でもベートーベン(ツェルニーはベートーベンのお弟子さん)の曲のようで、とってもかっこいい曲です。試聴できるサイトを見つけたので、よかったら聞いてみてください。→【MUSICO】渚 智佳「ツェルニー 40番練習曲: 34. Allegro molto vivo ed energico」の試聴はこちら http://musico.jp/contents/player.aspx?tid=&rid=r8WH4Q&afl=external

バッハ シンフォニア第4番(レッスン4回目)

・左手の8分音符が元気よすぎる。地を這うような感じで。
・「よく弾けてはいるんだけど、うーん、どうしようかな」と悩みつつも、先生は○をくれました。

自分では「これ以上なにをどうしたらよいのか?」という感じなんだけど、先生には何か物足りないところがあるのかも。レッスン中に、音が一つ間違っていたところを発見。今さらですが…。

次は15番。

ショパン「即興曲(アンプロンプチュ) 第1番」(レッスン10回目)

前半部A。

・表現がついてきました(やった!)。このままでテンポアップ!

ということで、テンポをあげて再度トライ。

・テンポをあげても表現がそのまま出来てましたよ。

中間部B。

・強く欲しいところ、もっと強く。

最後のコーダ。

・左手、スラーはないけど、右手と同じように。ドファミラ。<>盛り上がって、小さくまとめる。
・右手の親指音が大きい。鍵盤に載せるだけ。

「次はノクターンね」ということで、この即興曲も来週には終わりでしょうか? 長かった…。でもレパートリーとして今後弾くことが出来ると思います。

記憶が上書きされる前に…9月レッスン3回目

明日レッスン。9月3回目(9/21)のレッスン。

まずは、今後の曲を決めてもらいました。

ツェルニー … 他のもやれそうなので、全部やりましょう。特にしてほしいのは32番の左手を返す動き。
シンフォニア … 第15番。速いけど。
曲 … ショパンのノクターン第9番。「少しレッスンしましたっけ?」「いや、さらっと弾いただけです」「音がどこに向かっていくか、ベクトル等練習しましょう」

即興演奏 練習書(レッスン7回目→次回)

家では伴奏和音を弾いただけで終わってしまい、ノートがとれなかったので、次回。

ツェルニー40番「第38番」(レッスン2回目)

・左手の和音は弾むように、勢いをつけて、右手の位置へ移動。下へ押さえつけない。
・躍動感のある曲。左手は全体的に弾む感じで。
・3度、6度(今は弾けなくても後々弾けるようになるでしょう)のトリルは指を内側に集めるように。ボールを握って指先に力を入れる練習を(100均でボール買ってきた。まだ握ってないけど)。
・左手のオクターブの返しは上手く出来てます。
・テヌート伸ばす音。指を鍵盤の向こうへ押し出して響かせる。
・オクターブのトリル、手首が上下しないほうがいいけど、届かないんだよね…。
・左手上昇アルペジオスタッカート。音が抜けないようにだんだん大きく。
・左手が右手を越す音。上から叩くんじゃなくて、鍵盤に指を置いてはじかせる。そのほうが音が大きく出る。

バッハ シンフォニア第4番(レッスン4回目)

自分の中ではまとまっていて、今日で終わりかと思っていたら甘かった。6番でも同じようなこと言ってたな…。

・高橋大輔くんのように、見せたい(聴かせたい)ところは強調する。ゆっくりめでも構わない(バロックだけどいいんだろうか…)。
・Ⅱのパート。タイの最後の音が短くなって、速くなる。
・ヘ長調は明るく。

ショパン「即興曲(アンプロンプチュ) 第1番」(レッスン9回目)

「歌う(歌える)ように弾きましょう」ということで、先生が私のピアノに合わせて歌ってくれました。

前半部A。今回はあまり細かいことは言われず(少しは進歩?)。

・息継ぎの間が短かったところあり。もっと間を。
・指示はないけど、アッチェレランド。
・ここも指示はないけど、ゆったりめで次の音につなげる。
・次第に速く、次第に遅く。→大いなる勘違いで、次第に速くの指示のところですぐに速くしていた私。遅くも同じく。「次第に」だからだんだん速くすればいいんだよね。一番速くする頂点でアテンポで弾いてた…。

中間部B。

・ショパンの特徴の装飾音。ファーストキーボード、ハーフタッチ。鍵盤を下まで下げないで音を出す。余計なアクセントはつけない。小さな音だけど指の力は必要。鍵盤を途中で止めないといけないから。こういうところが夢見るような音で弾けるようになったらいいんだけど。練習あるのみ!

世の中3連休だったのね…

高速渋滞のニュースを聞いて、「世間一般では3連休なのね」と他人事の3日間でした。

というのも、夫は土日と仕事で、土曜日は7:30には出かけていきました。夫は先々の予定を全然把握してない(職場でスケジュール確認しないと分からないらしい)上、私には口では教えてくれず、「予定を書いたカレンダーを見て分かれ!」と無言…。話しようよ…。仕事の話を聞いたのも前々日ぐらい?

なので、土曜日は、車も予定もなく、黙々と掃除。夫がいないほうがはかどるので、いいんですが。

日曜日も夫は朝早く出かけていきましたが、この日は私がお茶の用事が立て続けで入っていて、帰宅したのは深夜。

そして、今日。町内会の役をしているので、敬老の日のお祝いを配るべく、8:00から公民館で商品券受取。その足で各家庭を回ってきました。途中、いきなり雨が降ってきて一時家に避難。10分ほどで止んだのでもう一回り。みなさん家にいてくれてよかったー。

雨が降って予定していた外掃除もままならず、夫は古本市へ出かけていったり(誘われたけど、行く気にならず)、昼寝をしたり、ピアノを弾いたり、家にいるのに夫とは全く別のことを。

私は今週仕事に行く日が、明日と金曜日しかなくて、さらに金曜日は会社の健康診断。全然仕事モードになりませ~んhappy01

しかし、夕食時、夫が今週金曜日の予定を突然口に。金曜の夜は食事に行こうと決めていたのですが、夜仕事があるらしく、しかも飲み会にも行かないといけないらしい…。約束した時点で思い出しておけよ! カレンダー見るけど、何も書いてありません…。さらに木・土・日は自分の仕事でアップアップしているのが予想されるらしく…。

今週何して過ごそうかな。しないといけないことはたくさんあるんだけど。

ピアノの練習

昨日できなかったので、今日はちゃんと練習。

ツェルニーはいまいちだけど、バッハとショパンはなんとなくまとまってきた。

譜読みに時間がかかるので、バッハは「次に」と言われているシンフォニア第15番の練習を開始。速く弾けるととてもカッコイイ曲なのだが、まだそんなところに到達していないのでゆっくり。早く、速く弾けるようになりたい。

ショパンの次は何をするのか? 来週先生に訊いてみよう。気が早過ぎる気もするが、○をもらってから次の曲を決めていたのでは、譜読みが全然できない。

ツェルニーも。もう終わりにして、ショパンのエチュードに入るのだろうか…。うれしいけど、それはそれで難しすぎて問題かも。

マンガ三昧

やっと時間が出来て、「9月に買う本」すべて買ってまいりました。

夜はお茶関係で出かけるので、それまでに、とマンガ3冊読んでたら、ピアノの練習ができなかった…orz

寝る前はゆっくり、マキリップ♪ メグエットとヒューの関係が気になります。い~い感じの2人のロマンスheart01

缶けり

未読の古い新聞を読んでます。8/5の夕刊に「缶けり 今は昔?」の記事を見つけました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

UCCが小学生から60代の男女計600人にインターネット調査。
「小学生のころ、缶けりをしたことがあるか」の問いに、20代以上の92.4%が「ある」と答えたのに対し、現役小学生は25.0%。経験がない小学生に理由を尋ねたところ、「場所がない」37.3%、「一緒にいる人がいない」33.3%、「時間がない」12.0%と続いた。「缶けりを知らない」と答えた小学生も10.7%いた。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事を読んだら、忘れていたトラウマ(?)を思い出しました。

私は小学生のころ、というか今まで、缶けりをしたことがありません。缶けりはマンガで読んで知ってはいました。なぜしたことがないか、というと、「缶がない」。

缶けりをするような空き缶がなかったのです。道端に空き缶など落ちてもいることもなく、家から誰か持ってくることもなく。

そもそも実家の町内(40軒の小さな集落。物を売っているお店は現在もありません)に自動販売機が設置されたのは、平成に入ってから。それに、私が小学生低学年だったころは、コーラはビンだったし、ビールも当然ビン。缶飲料なんてあんまりなかったような気も。

なので、缶けりはしたことがありません。缶をけってそれを探している間にかくれんぼするんですよね。缶をけるスペースがあるような空間でかくれんぼしても、どこに隠れるのか、いまだに疑問です。だって探している間は目が開いているよね。

ポコペンだったら、鬼は目をつぶっているけど…。

ポコペンといえば、うちの町内では「ポコペン、ポコペン、どなたがつっついた~ポコペン♪」と歌っていましたが、妹が友人にその話をしたら、「どこのお嬢様~?」とからかわれたらしいです。「どなた」とは言わないらしい。どなたのほうが音数が合ってる気がするけど。

9月レッスン2回目

ツェルニー「第38番」の6度重音のトリル…。やっぱり難しい。ので、レッスンはバッハとショパンをみてもらおう、と勝手に決めました。

即興演奏 練習書(レッスン7回目→次回)

ツェルニー40番「第38番」(レッスン2回目→次回)

バッハ シンフォニア第4番(レッスン3回目)

なんとか最後まで弾けるようになったので、最後まで。

・左手の8分音符は指の腹で弾く。元気よく弾かない。
・左手のテーマ、しっかり出す。
・右手の8分音符の流れを考えて、上昇なら徐々に大きく、下降なら徐々に小さく。
・ソプラノ、アルト、バス。テーマが出てきたら、よく音を聴いて。他のパートは小さく。
・和音の長調、短調で明るさ、暗さを。
・不協和音の嫌な音は強調する。

ショパン「即興曲(アンプロンプチュ) 第1番」(レッスン8回目)

前半A。

・フレーズの中で大事なところを探して、音を響かせる。少し遅れ気味に入ってよい。
・小さめに入るフレーズ。鍵盤に触りたくないようなタッチで。右手のニュアンスを変えたら、左手も同じように変えることが出来て上手ね、と褒められた。自分では無意識。
・右手のアクセントがあるところ、スラーでつながっているけど、レガートにしなくてよい。速いタッチで、指で突くように。内声は小さく。鍵盤に触っているだけ。左手はスラーがもともとないから、こちらもレガートでなくてよい。
・左手アクセントで上昇するクレッシェンド。最初は小さめに。アクセントしっかり。どこの音に向かっていくか。
・右手の裏拍アクセント。ンのリズムで。

中間部B。久しぶりにみてもらいます。

・メロディーのクレッシェンドはできてます。
・3つのアクセントが付いている和音。どれもイメージが違うアクセント。どんな音か注意して弾く。→分かっているのだが、家のピアノと違って鍵盤が軽く、考えずに触れると大きな音が出てびっくりする。
・アルペッジョで弾く和音。ベースの音を大きく。腕の外側に重心を置く。
・下降する装飾音。最初はゆったり腕を回してゆっくりめ。後のほうは手を小さくまとめてすばやく。

ショパン、前半Aと中間部B、すべてをみてもらえました\(^o^)/ 構成はA-B-A-コーダなので、ほとんど全部。

「表情いろいろつけていきましょう!」
はい!

電話勧誘への対処法

一時ひどかった「光回線」の勧誘電話。

知らない人から家のPCの接続状況を質問されて、なぜ答えないといけないのか! しかも、答えたくない私がなぜ気まずい思いをしないといけないのか!

と憤懣やるかたない私ですが、きつい言葉で応対するのも苦手で、「うちは間に合ってます」と断っておりました。

そんな話を友人にしていたら、「『うちはパソコン持ってません』って答えてるよ~」と言われ、それはよいかも、と今日久しぶりにかかってきた電話に、その答えで応答したらば。

「それはよかった」

ん? なにが?

「パソコンをお持ちでない方なら、500円でパソコンを購入できるんですよ」

はぁぁぁっ。なにそれ。500円のパソコンって何?

いろいろ突っ込みたかったけど、パソコン持ってないと言ってしまった手前、どうにもできず。

変な売り込み(NTTなんちゃらと言っていた)にうんざりして、「興味がありませんからお断りします」とがちゃんと切りました。

これでパソコン買ってしまう人もいるんだろうな~。よく分からないのに、高い光通信代を払う人もいるんだろうな~。と思うと、なんらかの規制をするべきではないのか!! と切に思います。

掃除 後日談

朝。唇にヘルペス、出来てました…。疲れると出るヘルペス。掃除が原因としか思えません。どんだけ~。を塗り塗りしています。この薬も最近出番がなかったことを思うと、やっぱり普通の掃除で疲れてる私って一体…。

体重も、夜に測ったら+2kg。いくらなんでも一晩で2kgも増えるわけがない。体重計を動かしたから、電池が動いて接触不良だったのでしょう。糠喜び。

たまには? 主婦活動

最近なにかと忙しく、家のことがほったらかし。

さすがに「いかん!」と今日はお茶のお稽古から帰宅して、掃除&洗濯。

ピアノの練習も、夕食の準備(これも家事だけど…)もなにもせず、もくもくと。

手がのろいので、5時間半もかかってしまった…。きれいにはなったが、普通の掃除をしただけ。手を掛けて掃除しないといけないところはまだたくさんあるし、整理整頓片付けなど、ノータッチ。

とりあえず今日はこれで終えて、汗を流そうとシャワー。久しぶりに体重計にのったら、ここ7~8年は見た覚えもないぐらい、軽かった! 掃除のおかげ? 明日の朝になったら戻ってたりして。

9月レッスン1回目

新しく練習を始めたツェルニー「第38番」の6度重音のトリルが弾けなくて、ネットで検索三昧。気がかりで3時過ぎまで寝られない日が何日もあった1週間でした。趣味なのに、自分で自分を追い込んでいる…。

即興演奏 練習書(レッスン6回目)

久しぶりの即興演奏。
まずは左手伴奏のハーモニーから。→大体出来てましたが、5小節目の和音は、Ⅰの和音(ファラド)よりも、Ⅰの第1展開(ラドファ)のほうがよいとのこと。ハーモニーづけのNGも教えてもらいました(無意識にNGのないように避けてはいるが)。
次は伴奏。→メロディーに合わせたものを考える。
最後は苦手な変奏。考え付かなかったので、先生に助け舟を出してもらいました。→軽快なものにするか、ゆったりとしたものにするか。イ音。音を重ねて弾く。刺繍音や経過音を使う。右手に合わせて左手の伴奏も変える。などなど、覚えておきたいことをメモメモ。

<これからの目標>
・ハーモニーづけは探りながらでなくて、頭の中でぱっと出来るように。
・変奏はソナチネアルバムやブルクミュラーのメロディーなどを参考に。

ツェルニー40番「第38番」(レッスン1回目)

最初の繰り返しまで。やはり6度重音のトリルが弾けません…。しかし、先生は「いや、弾けてますよ」。…全然弾けてませんが…。

・初めの左手の和音は外へ蹴り上げるように。腕を外回し。そして、右手の重音につなげる。2拍が1フレーズになるように。
・親指の音が大きい。鍵盤に触れるぐらいで。
・左手の分散オクターブ。外回しで。
・6度の重音(トリルとは別のところ)。薬指と小指でしっかりつかむ。下の音は小さめに。

バッハ シンフォニア第4番(レッスン2回目)

4パートに分かれているこの曲。指が複雑なので、3パートまで。なのに、調子に乗ってメタメタに最後まで。右手と左手で弾くアルト部分を何回か。

・心細い、憂鬱な感じで始める。
・テンポ遅く。

「この曲は転調が多いね」→調べてきてねということだと思います。

ショパン「即興曲(アンプロンプチュ) 第1番」(レッスン8回目→次回)

時間切れ。

次のレッスンはショパンからしてもらおうかな。

9月に買う本

8月に買った本。

『趣味工房シリーズ 暮らしにお茶の楽しみを 茶の湯 裏千家』 NHKテレビテキスト

8-9月、毎週木曜日の午後10時から放送中です。明日はお昼に「季節感を味わう」の再放送と、「生活空間で気軽にお茶を」。9/9は点心、9/16はお菓子の作り方。テキストに作り方が写真入りで載ってます。

8/23 『天才柳沢教授の生活 29』 山下和美 講談社KCモーニング

表紙のお母様がよいですねー。まだ買ってません。

9/11 『もっとだめよめにっき』 私屋カヲル アクションコミックス

おー。久しぶりにヨメちゃんに会える。ツマコさんも好き。

9/11 『白鳥のひなと火の鳥』 パトリシア・A・マキリップ 創元推理文庫

先月買った1巻目を読み始めようと思います。

9/13 『ちはやふる(10)』 末次由紀 BE LOVEコミック

9巻の最後はどんな話だったっけー。

9/16 『パズルゲーム・はいすくーる X(キッス) (3)』 野間美由紀 ボニータコミックスα

新刊が出るのですが、最近のカットの流用に閉口して買う気が起きません。7月に出た本も買ってません。もう多分新刊では買わないと思う。

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック