« 7月レッスン1回目 | トップページ | エステで爆睡 »

ピアノは優雅?

今日はお遊びのお茶の日。準備も早々と終わり、遊びに来てくださる先輩2人を待つ間、ピアノの練習を。

発表会の曲。最後のアルペジオがなかなか弾けません。何回も練習していたところ、お2人がちょうど同じ時間に来られたのですが、ピンポンの音が聞こえず無視していた私。窓をどんどん叩く音ではっと気づき、急いで玄関へ。

私「ごめんなさい。ピンポンが聞こえなくて」
先輩1「ううん。ピアノの音が聴こえてきていいなーと思って」
先輩2「昼下がりにピアノ、優雅ね~」

え……。端から見たらそう感じるのね、と思ってしまいましたdown ずっと同じところを練習していたんだけど…。

私としては全然優雅な気分など感じません。むしろ、うまく弾けないことへの嘆きというか、焦りというか、悔しさというか、高み(自分なりの)に近づくための必死さというか。これまであんまり考えたことなかったけど、「十分満足」なんて演奏したことないかも。もっとこうしたいとか、ああしたいとか。

夫に話したら「いつも最後のところでゆっくりになって、止まって何回も練習してるよね。だーっと弾いてしまえばいいのに、もう少しで終わりなんだから、とよく思うよ」と言われてしまいました。彼の観察眼(耳?)は鋭いなあと思うとともに、「だーっと弾けたらいいけど、だーっと弾けないから練習してるのよpout これまでのメタメタな演奏を帳消しに出来るぐらいの終わり方じゃないと決まらないでしょ! 終わりもメタメタだったら目も当てられない」と反論してしまいました。

本音が言える相手がいて精神的にいいわ、と思った今日このごろです。

« 7月レッスン1回目 | トップページ | エステで爆睡 »

日々つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/48822849

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノは優雅?:

« 7月レッスン1回目 | トップページ | エステで爆睡 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック