« 7月に買う本 | トップページ | 7月レッスン1回目 »

過去問を解いてみた

昨年11月に実施された茶道文化検定2級の問題を解いてみました。ちなみに、テキストは1度も目を通してない、まっさらの状態で。

4択のマークシート80問。

悩んで分かる問題ではないので、時間は測らず、引っかからない(正しいものor間違いのものを答える等)ようにだけ注意して。

80問中49問正解。確実に分かったものは21問で、これは一つも落とさず。70%以上が合格なので、7問正解が足りません。

テキストは読んでないのだから、読めば必ずプラスになる…とは言い切れないところがつらいところ。なぜって、ほとんど丸暗記しないといけない歴史部分が覚えられないであろうから。

上記の本にある「学習のポイント」によると、「テキストは9つの分野(茶の歴史、茶事・茶会、茶道具、茶と禅、茶席の花、懐石、菓子、茶室・露地、茶業)に分かれていますが、どの分野に関しても、歴史変遷や経緯を意識するようにしてください。」

まさにその通り。テキストを読んで、歴史のノートまたは年表(年代、国名、人物名、人物相関、著作名など)でも作らないと頭に入りません。

お盆を迎えるこの時期、残り1ヶ月で320ページのテキストを読んでノートなど作る時間はあるか?

ないよなー。歴史が苦手(歴史の暗記も)だから、高校時代理系を選択した私(社会は地理のみ)。日本史は中学生レベルの知識しかありません。覚えようにも基礎知識が足りません。

さらに、練習問題も一通り目を通してみましたが、分かるものはほんの数問…。

今回は試験パスしよ。歴史物の小説でも読んで、ちょっと地固めを計ろうと思います。

ちなみに、平成21年度の2級の合格率は 受験者数 3367名 合格者数 2051名 合格率  60.9% とのことです。公式HPには載ってないんだけど…。

« 7月に買う本 | トップページ | 7月レッスン1回目 »

茶道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/48807757

この記事へのトラックバック一覧です: 過去問を解いてみた:

« 7月に買う本 | トップページ | 7月レッスン1回目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック