« 4月に買う本 | トップページ | 錦帯橋(きんたいきょう)へ »

科学的アプローチからのピアノ奏法

気になっていた本があり、本屋でぱらぱらめくってみて、よさそうだったので購入しました(しかし、amazonには否定的なレビューもありますね)。

サブタイトルに「脳・骨格・筋肉の科学的研究による革新的メソッド」とあるように、ピアノを弾くときに指を動かすとどこの筋肉が使われるか図で説明してあります。同じような本に↓があり、こちらは以前図書館で借りて読み終えてます(こっちはamazonのレビューは好意的なものが多いですね。私には翻訳本だからかちょっと読みづらかった)。

以前買おうかと悩んだ本↓はぱらぱらめくったところ、私の求めているものとは違ってました。アルペジオなどの演奏法について知りたかったんだけど、うーむ。

↓の本のほうが分かりやすくて、よいです。こっちは持ってて、いつも参考にしています。

« 4月に買う本 | トップページ | 錦帯橋(きんたいきょう)へ »

ピアノ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/48000670

この記事へのトラックバック一覧です: 科学的アプローチからのピアノ奏法:

« 4月に買う本 | トップページ | 錦帯橋(きんたいきょう)へ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック