« 疲れ | トップページ | 疲れてます… »

4月レッスン1回目

今日は朝から高橋大輔くんのパレードをタッチの差(死語かしら?)で見逃して(オープンカーじゃなくて後続のワゴン車しか見られなかった)ちょっとブルー入ってましたが、お昼に職場の友人と川原へお花見ランチに行き、少し盛り返し。

しかし、先生のご機嫌がよろしくなかったのか、私がなにかまずかったのか、いつになく少し厳しいレッスンでした…。

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

ツェルニー40番 第30番(レッスン2回目)

まず通して。と思ったら、椅子の高さと鍵盤との距離が合ってなくて、調整しなおして、最初からやり直し。ある箇所で右手の小指と薬指の間の腱?が傷むので、その箇所に近づくとドキドキしてしまいます。手の動きがおかしいんだよな。

1ページ目
・左手の上腕の位置は脇を広げた状態でキープ。
・1の指を支点として手を動かすのだけれど、1の指の音が大きくならないように。
・音の大きさ、粒をそろえて。指に圧をかける。
・オクターブで動くところは、ベースラインの流れがでるように。1の指は軽く。でも音の長さはきちんと。

2ページ目
・左手のベースの音が出るように。音の性質を考えて、強弱(広がって落ち着く等)弾き分ける。ベース以外の音は小さめ。
・右手の動きが遅すぎる。次に弾く鍵盤の上に素早く指を動かす。

これからの課題として、指の圧がもっとかかるように。その圧がかかった音をちゃんと聞き分ける。

今後の課題まで、先生に言い渡されてしまいました…どうしよ。

バッハ シンフォニア第12番(レッスン3回目)

自分では「割と弾けるようになったな~。もう合格かな~」と思っていたのですが、甘かった…coldsweats01 がんがんご指導が入りました。

全体的にレガートで弾きすぎていたようです。もっとタカタカリズムを感じて、と何度もご指導が…。しかし、その箇所はレッスン1回目に「音色を変えるためにレガート気味で」と指導され、「レガート気味で」とメモ書きも。うーん、レガート過ぎるのかなあ。

前回も指導が入った左手が16分音符でタカタカするところ、何度も練習するように言われました。…はい。1音1音に圧が均等にかかってないから歯抜けのような感じになっているのと、打鍵する前の指が上がりすぎているから鍵盤から指を離さないように。

・音が長いところはその音を響かせておいて、他の声部はその音の響きの中に収まるように。長い音は下降していくからだんだん小さく。
・声部が別々に歌っているように聴こえない部分がある。そこも何度も練習。

ショパン「即興曲(アンプロンプチュ) 第1番」(レッスン5回目→次回)

時間がなくて、まったく出来ず。強弱の用語で気になったところを確認しました。

7月の発表会まであと4ヶ月。のんびりしていましたが、5月からは本格的に取り組まなければなりません。4月は回数調整もあって、あと2回。ショパン3曲(即興曲第1番、ノクターン第9番、ワルツ第14番)のうちどれにするかGW明けには決めないといけません。ページ数が少ないからノクターンかな。有名じゃないけど、ガラッと変わる最後の部分も気に入っているし。

« 疲れ | トップページ | 疲れてます… »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/48018168

この記事へのトラックバック一覧です: 4月レッスン1回目:

« 疲れ | トップページ | 疲れてます… »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック