« シューマン ピアノ協奏曲鑑賞 | トップページ | 練習時間 »

自主練のために

最近すっかりピアノブログと化してますが、特にピアノばかりに力を入れていたわけでもありません。

10日の水曜日は、わが家で”お遊びのお茶の会”開催。朝から掃除、準備に明け暮れ、みんなが来る前に準備完了。いやー、うちの中がきれいになって、とてもうれしい(普段からきれいにしておけばいいのですが)。

変わり映えのしなかったお茶道具。先月新しいものを2点ほど追加購入しました。塗りの替蓋と煤竹の茶筅。

【茶道具】真塗替蓋【茶道具】茶筅

わが家にある唯一の水指(みずさし)の蓋は、共蓋(陶器)。水指の形もいろいろあり、うちのは円形なので既製品でOK。これを塗りの蓋に変えると、「荘物(かざりもの)」のお点前が出来ます。荘物には5つ(茶碗荘濃茶・薄茶、茶杓荘、茶入荘、茶筅荘)あるので、これで家にある道具で出来るお点前が5つ増えることに! おお!

さっそく、私が茶入荘を。最初の準備の仕方を忘れていて、みんなから教えられながらのお点前。しかし、途中あーだこーだと定まらず。結論「先生はちゃんと順番を教えてくださって、すごいねー」。

煤竹の茶筅は、貴人清次(きにんきよつぐ)というお点前に使います。本来は囲炉裏の上などで燻された煤竹を使用して作るのですが、今の世の中数少なく。国産だと安くて1本10,000円以上。お稽古用に私が買ったのは半額程度の中国製の品。

先月プラスチックの容器から出したばかりの茶筅で点てたお茶をいただいた私は、思わず「お茶の味が違う」。人工的に燻された煤竹から、成分がにじみ出たものと思われます…。「スモークだと思えばいいか」と気軽に話したものも、みんなが帰ってから気分が非常に悪くて。今月はどうかと思い、「1ヶ月空気にさらしておいたから大丈夫だと思うし、お茶を点てる目的で作っているのだから、そう変なものも入ってはないと思う(第一、安いといっても100均とは違うんだし)。でも、気分が悪くなっても困るから、危なそうだったら今回は使うのをやめて」と話したが、やはりお湯につけたら「変な匂いがする」とお点前さん。「この匂いってバリ島で買った竹や籐で編んだものの匂いと一緒だ!なかなかとれないのよ」という別の人の言葉を聞いて、私も以前もらったベトナム製の籐のカバンから蚊取り線香のような匂いがしてたのを思い出した。「買ったお茶屋さんで、どうしたらいいか聞いてみたら?」という結論で、結局お茶は普通の茶筅で点てたのでした。

2点の道具で出来るお点前の数も増えましたが、これだけでは「小習(こならい)」の範疇から抜け出せません。せっかくお茶歴の長い先輩が2人も来てくださるので、「四ケ伝(しかでん)」という口伝のお点前も家で自主練(先生から教えていただくものなので、先輩に教えを請うわけではなく、あくまでも自主練習)がしたいsign01

そのためには、たくさんのお道具がいるのであった…weep

炉のお釜を買おうと検討していたのだが、これはとりあえず”なんちゃって炉”で誤魔化しておいて、「四ケ伝」+「茶通箱(さつうばこ)」のためのお道具を買おうと考え中。来月は先輩の1人がお持ちの四ケ伝のお道具を持ってきてくださることになったので、お借りする予定。曲水指(まげみずさし)と茶通のための丸卓(まるじょく)ぐらいは買っておきたいなぁ。

« シューマン ピアノ協奏曲鑑賞 | トップページ | 練習時間 »

茶道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/47804271

この記事へのトラックバック一覧です: 自主練のために:

« シューマン ピアノ協奏曲鑑賞 | トップページ | 練習時間 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック