« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

花粉症と昼寝

昨日までなんともなかったのに、今日からいきなり花粉症の症状が…。目はかゆいわ、鼻水は出るわ、くしゃみは出るわ。対策を施さねば。

今日中に目途をつけたい難しい仕事を頼まれ、必死になって時間までにやり終えて、予約していたプチエステへ。

いつもどおり、マッサージ → 酵素パック → 今月サービスの無料のパック(ふっくらハリのあるお肌になるらしい) → 化粧 の流れだけれど、今日はマッサージ終わった後、爆睡でした。毎回寝てる(夢まで見てる)けど、今日はいつもにましてぐっすり。「…次はオイルを塗りますよ…」と話しかけられ、「はい…はい…」と寝ながら返事。化粧中も目を閉じれば、寝てしまうzzz。変なこと口にしてなきゃいいけど。

夕食後も、眠気に耐えられず30分ほど睡眠。

疲れてる? 春だから? それとも、成長期?

お茶会後、初お稽古

14日のお茶会が終わって、落ち込んだり、夜外出することも多くて、家事にやる気が起きない10日間でした。自然、家の中はむちゃくちゃです…。マンガ『ちはやふる』を読んで、かるた熱がヒートアップしているのに、唯一の和室は着物広げっぱなしだし。

先生とは21日にお茶の総会でお会いしているのですが、あまり話もできず、今日がお茶会後、初のお稽古でした。

自分ができなかったことをくどくど話してもどうしようもないよなー、と思い、さっと流そうと「お茶会では自分の反省点がたくさんで」と挨拶したところ、「じゃ、みんな揃ったら、反省会をしましょう」ということに。やぶへび…。

「お水屋でしゃべってしまった」ことを話したら、「そんな話してる風には感じなかったし、お茶会に関係することでしょ。別にいいわよー」と先生は流してくれました。心は少し軽くなったけど、いまだに反省中。あといくつか話したけど、先生はさほど重要に思ってないようで。まあこれも少し安心。

しかし、私はそんなに気に留めていなかったことを、先生はすごく気にされていて。

お席の間は先生はずっとお客様の前に出ずっぱりで、お水屋のことは先生のお友達の先生方にお任せだったのですが、先生の「こういうお席にしたい」という意志が十分伝わってなかったところがあり。私も先生の意志を汲んでいたのに、お水屋の先生にそれを伝えづらく(私が言うと生意気ですので…)。結局、お水屋の先生に促されるままに行動してしまったところがあり。先生がそれを非常に残念に思っていて(「なんていっても私の席なんだから。こうしたいと思う雰囲気のお席を作りたかった」と先生の言)、お水屋の先生にもう少し強気で行けばよかったのかなあ、と思います。失礼にならない程度に抵抗していたのですが…、押しが弱かったか。

等々、みんなで話し合っていたら、部屋の換気がなされてないことに気づき。炉の季節になってから、炭をたくさん焚くからか、炭酔い(一酸化炭素中毒ともいう)が激しく、冬の間はお稽古を休もうかというぐらい(お茶もしたいけど体のほうがもっと大事)悩んだ末に先生に換気を提案。みなさんに断って、窓を開けたり、出入り口を開けたりしていたのですが、今日はすっかり忘れていて。生あくびが出る頃になって、ようやく気づいた次第。案の定、家に帰ってから頭痛がひどくて、つらい思いをしました。今はよくなったけど。結局家の片付けはできずに、夜は歓迎会で外出。まだまだ家が片付きません。今日のお稽古で精神的に少しは落ち着いたかなあ。明日から家事がんばろ。

2月レッスン4回目

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

バッハ シンフォニア第10番(レッスン3回目)

1週間練習を重ねた結果、最後まで同じテンポで弾けるようになりました。
・テンポがキープされていて、よい。
・Ⅰの左手が縦割りに聴こえるので、横に流れるメロディーを意識して。
・3声のうち、聴かせたい声部をもっと出すように。
・1拍目に注意して、3拍子の感じを出す。

次回もう1回やって終わりの予定です。「次の練習はしてる?」と聞かれたのですが、ショパンで頭がいっぱいでやってません。次は11か12ということで、第12番に決定。私はトリルの有無(12は3、10と同じく無し)で、先生は♯か♭か(12は3、10と同じく♯)で決めました。先生と視点が全然違います。

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第2楽章(レッスン6回目)

最初から最後まで通して。
・全体の流れはよくなっています。
・が、手が小さいから無理なのかもしれないけど、右手のメロディーラインがもっと響いて、なめらかになるとよい。

手の広がり具合はすぐには変わらないから、ちょっと寝かせておきましょう。ということで、とりあえず終了。でも、楽譜に○はついてません…。

ツェルニー40番 第28番(レッスン2回目)

「悲愴」第2楽章にも、次にレッスンするショパンのためにも、右手を広げるこの練習曲をきちんとすることに。↓こんな感じの練習曲。

141_4172

上のミミファファを5454と動かしていきます。私の中では「尺取虫奏法」と呼んでます。最後まで弾くと、右手がつりそうに…。先生曰く「腕の脱力は出来ているのに」。親指は力を入れずに触れるだけ、親指だけをぐるぐる回して脱力、親指は手首の動きで弾かない、と親指がポイントですが、うまくいきません。

ショパン「即興曲(アンプロンプチュ) 第1番」

3曲のうち、これが一番弾きにくそうだったので、これからレッスンをお願いしました。家で練習したら「大分弾ける」気でいたのですが、先生からいろんなご指導を受けました。練習ではまったく出来てなかったということ。片手ずつ前半部。

・指の圧力をそろえたいから、最初は全部フォルテで。
・小節の最後はきちんと四分音符分伸ばして、指を抜く。
・四分音符を伸ばした状態で内声部を弾くところは、伸ばす指は指の腹で弾いて、内声部は指を曲げてひっかくように(同じ右手でするのです。小指は伸ばして、人差し指と親指は曲げて)。
・5度の下行部は2拍子を感じて、一気に弾く。ここで手の広がり具合が必要。アクセント部は指の腹で。ちょっと長めに弾くとよい。

次、左手。
・ベースの音を出す。2拍子をとるために1,2,1,2と意識が必要だが、変わった音は裏拍でもちょっと大きめに。
・バッハと同じで、歌うところは横に流れるように。息継ぎを考えて。

次週はレッスン回数の調整上、お休み。2週間モチベーション持つかな。

ピアノ歴 その2

前のピアノ歴が長くなってしまったので、こちらで改めて。

HPを検索してたら、ピアノ曲を選曲するに当たってとても参考になるHPを発見しました。→ 西尾音楽教室ホームページ おすすめのピアノ曲

このサイトの「発表会定番曲」や「★(レッスン向け)」に、レッスン歴(子供も大人も)に沿った難易度の目安や曲の簡単な紹介があります。

ちなみに、前に書いた私のレッスン歴12年目に相当する発表会向けのおすすめの曲は、

・ラヴェル 「クープランの墓」、「水の戯れ」、「道化師の朝の歌」

そんな難しい曲、弾けません…bearing まあ、この12年というのは小1から始めた目安です。

このおすすめの発表会定番曲の中に、実際私が大人になってからレッスンした曲がたくさんあり、自分のレベルが見えてきます。ピアノ歴は小1から始めた目安で、大人は毎日練習できる人。

・ベートーベン ピアノソナタ Op.13 2楽章(悲愴) 7年程度より(大人は4年程度より)
はは、明日合格するかなぁ。

・ショパン 別れのワルツ Op.69-1 6年程度より
28歳のとき発表会で暗譜shineして弾いた曲です。よく暗譜できたなー。今じゃ楽譜見ないと弾けません。

ショパン ノクターン Op.9-2 6年程度より
・ドビュッシー 2つのアラベスク 第1番 6年程度より
20代のレッスンでしました。

・シューベルト 即興曲 Op.90-4 6~8年程度より
これからレッスンしてもらおうと、只今譜読み中。

・メンデルスゾーン 無言歌集より「プレスト・アジタート」 7~9年程度より
おお、こないだ発表会で弾いた曲ではないか。コメントには「よく指が回る小学校高学年~中学の男の子向けかな」とあり、複雑な気分gawk

・モーツァルト ソナタ イ短調Kv.310 第1楽章 8年程度より
20代後半のレッスンでしましたが、今ではまったく弾けません。練習量が足らないのと、やはりレベル的に難しかったのだと。リベンジしたい曲です。

・ドビュッシー ベルガマスク組曲より「プレリュード」 8年程度より
29歳のとき発表会で楽譜を見て弾いた曲。ソフトペダルも用いて、両足でペダルを踏んだのがいい思い出。

・メンデルスゾーン ロンドカプリチオーソ 8~10年程度より
20代のレッスンで、次のレッスン曲に候補として上がっていた曲。当時はまったく弾けなかったけど、最近は指が大分回るようになってきたので、たまーにちゃら弾き。

この後は難しすぎて続きませんね。最近読譜力がついてきたのと、指が回るようになってきたので、ショパンの「幻想即興曲」や「別れの曲」も気が向けば練習してます。

ピアノ歴

ピアノ歴というか、レッスン歴です。

1.小3の春から中1か中2?の冬?ごろまで(4年半か5年半)週1回のレッスン

始めたのははっきりしてますが、いつ辞めたのか覚えてません…。
・バイエル(上)(下)
・ハノン39番のスケールの途中まで
・ツェルニー100番
・ツェルニー30番(1,2だけ)
・ブルグミュラー25番
・ソナチネアルバム1
家にはずっとピアノがなくて、電子オルガンで練習。ソナチネアルバムかな、練習してたら、左手の鍵盤がなくなって(オルガンは鍵盤数が少ないから)困った覚えがあります。その後、ピアノを買ってもらって1年ぐらいでレッスンを辞め(させられ)ました。

レッスンを辞めてからは、家で好きなように弾いてました。

2.大学3年のころ1年間ぐらい? 1回30分のチケット制のレッスン

クラビノーバのレッスンで、ポップスや映画音楽などを。ピアノのレッスン歴に数えてよいものか…疑問。アルバイトして買ったクラビノーバで。

3.1997年7月から2001年5月まで(26歳~30歳)週1回のレッスン(4年弱)

・ツェルニー30番
・ツェルニー40番(10番まで)
・インベンション(15曲全部)
・シンフォニア(1・2だけ)
・ソナタアルバム
・その他いろんな作曲家の曲を(ギロック、シューベルト、ブラームス、ドビュッシー、ショパン、先生と連弾(ルロイ・アンダーソンや簡単アレンジのチャイコフスキー、サウンド・オブ・ミュージック)、シューマン)
もっぱらクラビノーバで練習。仕事もあったので、練習を一度もせずにレッスンに行ったことも。

結婚後は、アパートの上の階の人が家族でお店をしてて、出勤は夕方、帰宅は明け方という生活だったため、弾くのが憚られ。また、ヘッドフォンで長時間練習していると耳が痛くなるし、お花やお茶を習いに行っていたので、レッスンは行かず。

4.2008年1月から2009年8月まで月2回、2009年9月から週1回のレッスン(37歳~現在)(2年2ヶ月)

家を建てて、グランドを買い、理解ある夫のもと、日々練習に励んでおります。これまでのピアノ人生の中で一番幸せ。今日も2時間練習。全然飽きません。

とまあ、ピアノ(レッスン)歴はトータル12年ぐらい? こうやって書き出すと、結構長くやってますね。小1から始めて続けてたら高3かあ。年数で考えるともっと上達してないといけない気もしますが、ま、練習環境やブランクもあるし、自分としては納得してます。

青島広志先生

今日の『ソロモン流』(テレビ東京)は、音楽家の「ブルー・アイランド」こと、大好きな青島広志先生でした。テレビによく出てらっしゃるので、ご存知の方も多いと思います。

音楽家と書きましたが、イラストレーターでもあるようです。番組で初めて知りました。

作曲家であり、指揮者でもあり、ピアニストでもあり、東京藝術大学の講師も務め、著書も多く、天才としか言いようのない青島先生。超超多忙な方で(睡眠時間3時間ってナポレオン?)、この番組がきっかけで見つけた青島先生のHPのスケジュールによると、2月はほぼ毎日全国あちこちで演奏会や講習会が。その内容も多種多様。

しかし、先生は苦にすることなく、楽しそうに活動されています。睡眠時間も無理やり削っているわけではなさそうで。「音楽家はサービス業」とおっしゃる青島先生。サービス精神たっぷりの面白い語りが大好きです。

まだ一度も演奏会等には行ったことがないので、機会があったら是非行ってみたいです。

古本屋へ

15日締めのわが家の家計。ようやく小遣いが手に入ったので、マンガを求めて古本屋へ。

『のだめカンタービレ』はこないだ1-6巻をゲット。合わせてむかーし録ったドラマ見てる。4話まで見たけど、ほとんどドラマ見てなかった…。マンガとほとんど一緒で面白い。音が聴こえてくるのが、いいな。「デタラメだけど、すごいうまい」ってどんな演奏なんだかマンガでは想像できないし。

今日行った2軒には、7巻以降がなくsad

でもでも、2軒目では今まで行った3軒以外では見つけられなかった『ちはやふる』が1-6巻まで全揃い。即買い。

さっきぱらぱら読んでみたけど、すっごいおもしろい。ちゃんと読まないと。

学校であったカルタ大会しか出たことないけど、ちゃんとかるたやりたいなー。

今年は岡山で「国民文化祭」があって、10月に玉野市で「小倉百人一首かるた競技全国大会」があるから、何が何でも見に行こうと誓ったのに、同じ日に同じ「国民文化祭」関係でお茶会があるのだ…。水曜日役員会でその話を聞いたときは、ショックで「え…」と固まってしまった。お茶会パスして、かるた見に行ってもいいですか…。

外食続き

昨日はお茶の役員会(おにぎり等軽食)、今日はお茶関係で打ち合わせ(料亭で修行された和食屋さんでコース料理)、次の日曜日はお茶の総会(一流ホテルでお食事)、来週の水曜日は職場の歓迎会(イタリアン予定)と外食続きです。

夫は好きなものを食べるので、夕食の用意は必要なし。

最近朝起きられなくて、昼も中食が多く、台所の使用率が低下中。明日はちゃんとご飯つくろ。

今日も昨日も午後11時に帰宅で、家にいる時間も短いなあ。

柑橘王国?

瀬戸内地方は暖かい。近所の庭々に柑橘類が植えてあって、実が結ばれている。北国育ちの私にはとても珍しい光景。大きな果実が結実してたりするが、食べられなくて観賞用というのもあるようだ。わが家にも何か植えてみようかと思ったが、実の後始末を考えるとどうしようもなくて、やめた。

スーパーに行くと、生産地が近いからか、時代が経って新しい品種が出回っているからか、子供の頃と比べるといろんな品種の柑橘類がたくさん並んでいる。

せっかくなので、食べたことのないものにトライ! と、高知産文旦(ぶんたん、て読むのかしら?)1個100円也を購入してみた。黄色い直径10cmぐらいの玉。いい香りがする。

夕食後に食べようと半分に割ったら、白いワタが多かった。そういえば、この間ワタも食べられる柑橘類があると聞いた。これも食べられるのだろうか? 2人とも食べ方が分からないので、ネットで検索。便利な世の中。

ワタは食べられないそうで。

結構タネが多かったが、おいしかった。2人とも果汁がぼとぼと出るのは苦手なのだが、文旦はまったく出ない。八朔のような感じ。

また買ってきて食べよう。食べる量よりゴミの量が多いのが難点だけど。

2月レッスン3回目

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

バッハ シンフォニア第10番(レッスン2回目)

木、金、月と練習を重ね、なんとか最後まで弾けるようになりました。前回書いた難しい運指法も、解説を熟読し、7小節に1時間かけマスター。やればできる、って気持ちがいいものです。しかぁし、4つめの最後のパートがまた難しかったweep 今までやってきた運指法とは全く異なる新しいパターン。この8小節も昨日1時間かけマスターしたと思ったのですが、レッスンで弾いてみたらば、テンポが速すぎたのもあるけど、全然弾けませんでした。やっぱり1日経つと体も頭も忘れるよ…。

・前回よりよく弾けてます。
・16分音符が続くところは先へ先へ走っていってしまうので、3拍子を忘れずに、1拍目にアクセントを置くとよい。
・Ⅱ。左手がぼそぼそと聴こえるのではっきりと。下行部分は腕を広げて。いやな感じの音はいやな感じで弾く。
・Ⅲ。最初は小さく入る。曲の流れを考えて。右手と左手の追いかけっこも感じて。
・Ⅳは、先生が言われる方法(自分でやってた練習方法と似てた)で、数回練習。昨日の感覚が思い出されてきました。

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第2楽章(レッスン5回目)

最初から最後まで通して。先生が静かに聴いてくださっているのに、間違えたところで「あれ」と口にしては弾きなおしている私。性分は一朝一夕では変わりません。こういうところがお茶で出るからあかんのよね、と頭の中では重々承知しております。

・これも前回よりよく弾けてます。右手のメロディーラインもよく聴こえる。
・スフォッルッアンドのところが左手が大きすぎ。右手より大きくならない。徐々に大きく。
・オクターブのところは弾きづらいけど、指を置くように弾いてみて。

ツェルニー40番 第28番(レッスン2回目→次回)

時間がなくて出来ず。

夏の発表会の曲選びについて、先生とお話

前回先生が選んでくださった中で、弾けそうな曲を選んで、自分なりに感じたことを先生に伝えました。
・ワルツなら「第14番遺作」…左手の音が飛ぶので、覚えないと弾けないから、あたためる(暗譜が出来ないから忘れてしまう)には不向き。
・ノクターンなら「第9番」…全体と最後の数小節のギャップが面白い。4ページと短いし、最後まで譜読みも出来た。他の曲はオクターブが多いし、難しすぎるので×。
・アンプロンプチュ「第1番」…7ページと長いけど、重複している部分が多いので、ダブルフラット等音が読めたら弾けそうな感じ。

「バッハと悲愴はもう1回ぐらいして終わりにしましょう」と嬉しいお言葉をいただいた後、「発表会の曲は3ヶ月じゃ足りないから、半年ぐらいは弾き込みましょう」とのお言葉。「半年発表会の曲の練習するんですか?」「そんなレッスンはしないから、別の曲をしてもいいし。なんならショパン3曲して発表会に好きな曲弾いてもいいよ」

えええ、うまく弾けないから、ショパンあんまり好きじゃないんですけど…。でもまあ、ピアノ弾きなら避けては通れないショパン。みんなが知ってて、聴きたいショパン。メモリアルイヤーでもあるし、譜読みもさらっとしたことだし、2010年はショパンで行きますか。しかし、3曲ずっと練習するのは嫌になりそうだ。

「次はシューベルトもしたいんですけど」とおずおず申し上げたところ、「えー。シューベルト」と嫌がられてしまいました。あんまり好きじゃないみたい先生。即興曲はOKらしい。ソナタも一緒に勉強してくださるとのこと。

さあ、明日からショパン3曲とシューベルト、気合入れて譜読み! 書き込みたくさんできるように楽譜コピーに行こうっと。

浮上できず

ブログで泣き言を綴ってみたけど、いまだ浮上できず…。仕事休みで、外へも出ず、人に会わなかったのが原因かと。考えれば考えるほど落ち込んでいくー。

気分転換にラフマニノフのピアノコンチェルトのCD聴いたり、録画した『ハンサム☆スーツ』見たりしたけど、あんまり元気でてません。明日は仕事だし、ピアノのレッスンだし、サーキットトレーニングで測定もあるし、元気出るかしら…。明日仕事に行くことすら、すごく非日常的に感じてるんですけど。

脱・申告納税

毎年行ってきた夫の確定申告。だけど、平成21年度分は免れることができました。

給与を2か所以上から受けていて、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く)との合計額が20万円を超えなかったため。

うれしいけど、その分収入が減っているということ。毎月のお給料も、手当がなくなったりと減っているし…。

このうえ配偶者控除がなくなると、子供がいないわが家はとても痛い。「控除がなくなったら、主婦ももっと働いて収入を増やしましょう」という記事も見かけるが、この不景気、キャリアのないパート主婦や専業主婦が外でどれだけ稼げるというのか? 新卒の学生でも就職できないのだ。就労のチャンスもなく、あったとしても収入を増やすために安い時間給で長時間拘束されるだけ。もっと現実的な話をしてほしい。

配偶者控除をはじめ、税制がライフスタイルに大いに影響を与えている世の中。もっと敏感に対応してもらいたいものです。鳩山さん、小沢さん、他多数の政治家さん。

帰ってきました

おかげさまで、昨夜12時過ぎに寝たにもかかわらず、4時には起き、準備を終え、集合時間6時に余裕で間に合いました。

お席ではいくつかポカもしましたが、夫いわく「後世に語り継がれる大失敗」もなく、無事に終わったように思えます。

が、水屋で小さな声でおしゃべりしたり、お水屋のお手伝いの先生に生意気なお願いをしたり、とお水屋ではまったくダメダメだった気が…。はあーっ。一応、社中お運びのまとめ役という大役でしたのに、そんな体たらくではいけません。反省。ていうか、いつも反省ばかりの私…。弟子(私)の不出来で、先生のお友達の間で、先生の株が下がってないといいけど。私の株はいくら下がってもいいけどさ。

また、自分のポカを泣き言で口に出したりして…。人から慰めの言葉をかけてもらって自分が安心したいための泣き言は口にすまい。みんな、人に構っていられるほど暇じゃない。と口に出した後から思うので、始末が悪い。

今度からはポカしても口にせずじっとガマンか、「こうしてしまったけれど、どのようにしたらよいでしょうか」とアドバイスを受ける姿勢で話すようにしようと思います。社中のみんなは誰一人として泣き言言わないんだよねー。大人です。場数を踏んでるからのまとめ役でしたが、人間性に劣る私。みんな若くて独身なのに、なんでそんなに大人なの?

明日は有休とったので、夫の確定申告、来週日曜の青○部総会の資料作成、ピアノの練習に励もうと思います。

いよいよ明日

「平成22年2月なんて、ゾロメですねー」などと呑気に話してた平成19年の年末。果たして平成で2010年を迎えられるのか、と不敬なことを心のうちでは思っていましたが、なんのことはない。もう平成22年2月。明日が本番です。

この1週間、6時起きも実行せず(がんばれば起きられるという変な自信がついた)、体調を整えることに専念。明日の4時起き、がんばります。起きるよりも、お茶会がんばらないと。

それではおやすみなさい。

2月レッスン2回目

2/2の記事、タイトルが間違ってましたね。訂正しました。

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

バッハ シンフォニア第10番(レッスン1回目)

10番の譜読みを始めたのは、いつ? ブログによると、1/17には両手練習を始めてますね。ともかく、4つに分かれるこの曲のⅠ、Ⅱまでしかできてないので、そこまで通して。

・割と弾けてます。導音→主音がきれいに出てました。この前の3番よりはテンポキープしやすい曲。

・8分音符の切り方が統一されてないので統一する。

先生から指摘のあったこの部分、運指が難しいから誤魔化して練習していたのですが、昨日初めて後ろの解説を読んだ(これまで読まずに練習していたのだ)ところ、演奏方法が書いてありました! なので、1日では練習できず。
解説によると「二声部の衝突がある。一つの声部で2分音符分を保持すべきところ、他の声部の8分音符と衝突するため、その音をもう1度保持しなければならないという大変厄介なパターンがくり返し起こってくる。(中略)ひきにくく思われようが、忠実に従っていただきたい。ともすればわれわれは安易な道に陥り易い」
はい、思いっきり安易な道に走ってました。
アルトが”ドー”と伸ばしているところに、ソプラノが”ミ、ド、ラ、ファ”と入るのだけれど、これを右手1つで弾くので、ドの音が重なってしまうのです。なので、ソプラノの”ド”を弾く前までドを押さえてて、一旦指を鍵盤から離して”ド”を弾いた後はそのドーをキープ。こんな難しいの1日で練習できようか、いや出来ない(反語表現)。これがⅠに3回、Ⅱに4回出てきます。明日からがんばって練習します(あんた、お茶会があるんじゃ!)。

・16分音符の主題は、腕を使ってなめらかに。
・他とちょっと違っている部分は、音を出していきましょう。
・左手和音で弾くところは、タテをそろえるのではなく、ヨコの動きを感じて。
・主題を追っかけるように練習してもよし。歌いながら。

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第2楽章(レッスン4回目)

前半展開部から最後まで。
・右手のメロディーラインは音がよく出るようになってきました。
・左手が上行するところ、腕を外回しに。肩から腕全体がぶら下がっている感じで。音が大きくなるように弾けます。
・オクターブが届きづらくて一生懸命弾いているのは分かるけど、一生懸命さは分からないように弾きましょう(一生懸命さを表現したい訳ではないものね…)。
・曲の盛り上がりを感じて。

ツェルニー40番 第28番(レッスン1回目)

オクターブの連続で段々右手が痛くなってくるので、1ページ目だけ。
・出してほしい音はよく出てます。
小指が陥没するので、左手で下から支えて練習してると伝えたところ、添える程度であまり力を入れて支えないほうがよいといわれました。リトルピシュナで練習になりそうなものがあるらしく、今度見せていただくことになりました。

夏の発表会の曲選びについて、先生とお話

先生が選んできてくださったのは、ワルツ2曲とノクターン4曲。そのうちのノクターン2曲は難しい(楽譜見たけど絶対弾けない)。あとは、アンプロンプチュ1番。好きな曲を。ちょっと早いけど練習していくことに。早く終わったら、あたためておいて、別の曲をしてもいいし。ということで曲が決まり次第、練習開始です。

よろしければ その6

指が回らなくなる前にcoldsweats01 弾いてみました。

J.S.バッハ 『シンフォニア 第3番』

聴いてみよ! と思われたら、聴いてやってください。

3声が聴こえてきたらいいのですが…指を動かすだけで精一杯です。音色を変えるなんて、不可能!

ちょっと気が抜けてます

今週末は何の予定もなく、家でごろごろ(あ、土曜日は家の2年目のメンテナンスに工務店の方が来てくださいました)。

金曜日は6:30に起床。うーん。段々起きるのが遅くなっている。前日の「じゃっかん」が気になって、ニュースばかりをチェック。NHKも民放もその部分のテロップは文字が入ってませんでした。地元の新聞は正しい漢字が入ってたけど、日経の記事はなし。使い方も間違っているから載せないのが無難。

土曜日は6:00に目覚ましが鳴るも、耐え切れず、そのまま10:30まで寝てました。

今日は6:00に起きたけど、朝食後、昼寝というか寝だめ。

しかし、お茶会に気がとられすぎて、日々ぼーっとしています。

金曜日は資源ごみの日だと勘違い(本当は翌週)し、朝からせっせと新聞等束ねて、いざ家を出ようとして気づき(よかった、家出る前で)。

帰宅後にコープの宅配で届いたものを見れば、翌週に届いて欲しかったものばかりが届いてて。先週、1週間勘違いして注文してました。さらに、土曜日来週分の注文するのを忘れ。来週の週末の食材はスーパーへ買出しにいかないと…はあ。

金曜日の帰宅後、手が滑って新しいこたつ布団に眠気覚ましに飲んでたコーヒーぶちまけるわ(眠気はいっぺんに吹き飛んだ)。

ぼーっとしてるうえに、この前のお稽古はお休みで、先生や社中のみんなに会ってないから、気が抜けてます。ほんとにお茶会で自分の役目を果たすことができるんだろうか。

また、明日から6時起きがんばります。さあ、寝ないと。おやすみなさい。

若干

今朝もがんばって6時起き(厳密に言うと6:10起き)。

朝、便座の電気が入ってて感激! 日々の行動パターンを覚えて、自動で電源が入る仕組み。私の生活パターンを覚えてくれたようですheart04

慣れてきたとはいえ、朝一番はぼーっとしてるので、2月14日は4時に起きられるか不安。お茶会は延々お昼の3時まで続くのだよ…。しかも休憩なしで(お昼は交代で手早に済ます)。

さらに昨夜は24:30に寝たので、睡眠不足。今日は帰ってから2時間ほど昼寝。やはり23:00には寝んと。今夜は早々と寝ます。

先ほどの21時のニュースで、朝青龍が「若干29歳」と言ってました。「まあ、29歳は”じゃっかん”じゃないけど、朝青龍だから許すか」と思っていたら、ん? 若干?

NHKめ、テロップの漢字が違うぞ! 電話か!

朝青龍のニュースの最後にはテロップの年代が違っていた訂正は入っていたけど、若干の訂正は入ってなかった。電話鳴らなかったのだろうか…。もうテレビ消したけど、番組最後までに訂正は入った?

最近マスコミの漢字力のなさにあきれる。地元の新聞でも堂々と「高値の花」と出てたし(しかも間をおいて2回ほど見た)。地元の新聞はおいておいても、NHKは許されないでしょう。

朝青龍の引退に関しても、相撲協会も甘すぎるが、世間も甘すぎる。なんで引退記者会見なんてやるんだろう…。ボクサーや他のスポーツ選手はもとより、芸能人でも暴力騒動を起こしたら、あんな記者会見ありえないし、「残念です」というキャスターのコメントもありえないと思うんだけど。

今日はちゃんと起きた

日々規則正しい生活を送っていらっしゃる方からすれば、なんとも低次元な話題続きで大変恐縮です…。

今日はちゃんと6時に起きることができました。昨日は24時には寝たし、目覚ましは歩いていかないと止められないところに置いたし。

仕事が休みで、毎月恒例の家での遊びのお茶の日で、家の中もきれいに掃除し、午後からは来てくださった方とおしゃべりしつつお点前。昼寝したり、ごろごろしたりすることなく、充実した1日でした。

が、お抹茶を3服ほどいただいたので、23:30現在まったく眠くありませんsad

明日の6時起きに向けて、早くお風呂入って寝ようっと。おやすみなさい。

2月レッスン1回目

今日は少しは進むかしら…。昨日からあまりの寒さにチャリ通からバス通に変更。帰りにICレコーダーで練習中の曲(CD)聴いてます。

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

バッハ シンフォニア第3番(レッスン5回目)

最後まで通して。
・よく音が出るようになってきました。指の付け根から動かす素早いタッチがよくなって、音抜けがなくなりました。
・テーマと違う、上がったり下がったりする16分音符のフレーズがきれいな曲で、その部分もよく聴こえてました。

最初のほうはちょっと歌いすぎ。テンポキープでもう一度。

・カデンツもきれいに聴こえてました。
・歌うように弾くけど、ロマン派風じゃなくて、バロック風で。
・当面の課題はテンポキープと導音→主音といった調を感じるところをもっと出すこと。
・試験を受けるんだったら、3声の音色をそれぞれに変えないといけないんだけど…。あまり追求してもキリがないから、先に進んでもいいですか?

もちろんです。◎もらいました。やったー! CD聴いてた効果が出たのかも。しかし、次の第10番。まだ1/3ページしか譜読み出来てません…。

ここで、夏の発表会の曲選びについて、先生とお話

メモリアルイヤーだからショパンかシューマンと思っている私ですが、ショパンは苦手…。さらに「コレが弾きたい!」という曲もないのに、ショパンを選択してる私。一人当たりの持ち時間も考慮して、先生がいくつか考えてくださることになりました。困る生徒だわ。

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第2楽章(レッスン3回目)

前半部分のみ。

・右手のメロディーラインは音がよく出るようになってきました。内声部もいい感じ。
・左手のベースラインがまだ小さいので、もうちょっと出してもよい。特にいつもと違うフレーズのところ。外側の音(右手のメロディーと左手のベース)をよく聴いて。
・少しテヌート気味にしたいので、うすくペダルを入れましょう。
・展開部Bの左手の和音の下の音の動きに注意。
・次回は中間部分から。左手のシーシラシシラソソミラ等は若干大きめでOK。

ツェルニー40番 第28番(レッスン1回目)→ 時間切れ。次回

今日も次の人が待っていて時間通りに終了。来週はシンフォニア間に合いそうにないので、ツェルニー見てもらおうっと。

2月に買う本

ない。

夫は買う本があるそうな(ゆうきまさみ『鉄腕バーディー』)。

図子慧先生のツィッターを見てたら、ゲラを受け取ったことが書いてあって、「すわ、新刊か!」とamazonを検索したら、雑誌掲載の短編を発見!(単行本とは限らないか。ちぇっ)

徳間の『SF Japan』という季刊誌。こんな雑誌、知らんかった。しかも、10年前ぐらいからあるらしい。でも岡山の本屋に売ってるかどうかは、とても怪しい。

その話を夫にしたら、「早川でも創元でもなくて、別の出版社から『NOVA』というのも出てる。広告を見た」とのコメント。↓これのことですね。河出文庫。これは2009年12月に出た「1」。

最近SF読んでないので、読んでみたい気も。上記2誌とも日本の作家ばかりというのが気になりますが。やっぱり海外ものは早川の『SFマガジン』。2010年1月号(11月刊)と2月号(12月刊)は創刊50周年記念特大号だったのですね。買おうかな。SFマガジンもとんとご無沙汰。

あと、鈴木央先生の「だらだらブログ」が2010年より再開されてます。

今日は7:30…

昨夜、0時にはお風呂に入ったのに、寝たのは1:30…。

で、6時には起きれず(3日連続睡眠4時間半はちときつい…)、7:30起床となってしまった。3日坊主どころか1日坊主。明日は絶対6時に起きるべく、今日は23:30には布団に入ります。

目標の2/14は4時起きなのだよ、自分。

おやすみなさい。

6時に起きた

のだが、まだ慣れないので調子が狂う。少しずつ軌道修正。

6時半に朝食をとったら、11時にお腹が空いた。明日はもうちょっと遅めの朝ごはんにしよう。

昨夜は早く寝ようと思ったのに、いつもの調子で1時半に寝たので、明らかに寝不足。会社で気づくと寝てた…。昼食後は起きてられましたけど。さらに、おこたに入ってテレビを見つつ横になった21時半。30分ほど寝てた。

今(23時)からお風呂入って、今日は12時台に寝ようと思います。おやすみなさい。

1/26の記事書きました。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック