« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

お茶会終わって

帰ってきました。昨年と同じ初茶会のお手伝い。帰宅後、ピアノの練習も。

結構時間に余裕があって、体も気持ちも楽なんだけど、2週間後に控えたお茶会(先生が席主)が念頭にあって、人と話している時もぼーっとしてて、受け答えが多々とんちんかんな一日でした(普段もそうだけど、それ以上に)。家に帰ってきて、後悔しまくりです。はあ。

さらに、これから先11年間、初茶会はお手伝い組であろうと想像すると、なんだか哀しくもあり。お客様の側に回ってみたいと思う今日このごろ。これから少子化が進んで、さらにお茶人口も少なくなったら、私はいつまで経ってもお手伝い組にいるのでは!と不安増大。今はまだ先生方も多数おられますが、20~30年後、私が先生方と同じ年齢になるころには、盛大な大寄せのお茶会にお客として参加することも出来なくなりそうな予感がします。まあ、日本社会に共通することかもしれません。

今日は8時集合だったので、6時起き。2週間後は6時集合なので、4時には起きんと。最近2~3時に寝てるので、これから2週間、6時起床を続けたいと思います。それでは、おやすみなさい。

よろしければ その5

半月ぶりに弾いてみました。

ベートーベン 『ピアノ・ソナタ 第8番 悲愴 第1楽章』

データが大きすぎて、3つに分かれてます。
それぞれ時間は以下の通りです。

前…4分
中…30秒
後…3分30秒

聴いてみよ! と思われたら、聴いてやってください。

後半は、何度続けて弾いても途中で失敗してばかりで、録音データを切り貼り編集してつなげてみました。niftyは最大1MBファイルしかアップロードできないので、元データを1/4ほどに縮小しているため、あまり音質はよくありません。演奏もよくありませんが。

1月レッスン3回目

2010年のレッスン、毎回同じようなことばかり言われている(要するに出来てない)気がして、あんまり進んでないような…。

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

バッハ シンフォニア第3番(レッスン4回目)

最後まで、ご指導を受けながら。
・オクターブ近く飛ぶところ。ピアノでは楽々音が出るけど、歌手や管楽器は息を吸ったり、音を探ったりしないと出ない。その間をとる。ヤ○ハでピアノをやってる人はこれがなかなか出来てない、と先生が先生の先生に言われたそうです。「ちょっと長いかな」と思うぐらいでちょうどいい。
・速くなりがちなのは、16分音符で、頭の1拍目が前の小節からタイでつながっているところ。ちゃんとその音の長さを感じて弾く。
・展開部。3声の音の響きを考えて、性格付けをする。アルトはちょっとおとなしめ、ソプラノのここはちょっと暗めなど。
・後半の右手の小指や左手の小指で4分音符2個分のばすところ。音が出てないので、音を出す。レドシやラソファと下がるので、だんだん小さく。
・導音が主音に導かれる最後ははっきりと音を出す。

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第2楽章(レッスン2回目)

片手練習もしつつ、初めの1ページを重点的に。

・内声部のタカタカはゆっくり弾くけど、タッチは素早く。でないと、音が抜ける。
・右手が内声部のほうに傾いてるが、どちらかというとメロディーの小指のほうに傾かせて。
・展開したB。音色を変えて。優しく。音を打たない。和音の響きも考える。

ツェルニー40番 第28番(レッスン1回目)→ 時間切れ。次回

いつもは後の人がいないから、少し長めにレッスンしてくださるのですが、今回レッスンの人がいて、早々と終わり。40分は短い。

1/19の記事書きました

明日レッスン。1週間前を思い出して。

お風呂での指広げの甲斐あって、ツェルニー28番、右手のオクターブ、前よりましになりました。まだ第3関節陥没してるけど。

1月に買う本 その2

うぉ~、見逃していたぜ~。明日買いに行こ。

1/4 『機巧童子ULTIMO (2)』 武井宏之 ジャンプコミックス

すっかり話忘れてますねー。(1)読み直さんと。

1月レッスン 2回目

30代最後の誕生日、レッスンに行ってきました。

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

バッハ シンフォニア第3番(レッスン3回目)

最後まで、途中ご指導を受けながら。
・左手のカデンツ部分をはっきりと。
・右手と左手と交互に出てくる「掛け合い」のところを際立たせて(これ前回も言われてた)。
・ちょっと嫌な感じの音(座りの悪いところというか、落ち着かないところ)は、大事な音だから嫌な感じに聴こえるように弾く。
・右手と左手両方使って(指が届かないので、そういう指番号)内声部を弾くところは難しいので、パッセージ練習を。
・最後の左手の16分音符が続くところは艶のある音で。

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第2楽章(レッスン1回目)

全体を通して、ところどころポイントのみご指導。

・弦で演奏しているイメージで。
・内声部のタカタカが聴こえるように、極力ペダルは踏まない。指が届かなくてメロディーが切れそうなところのみ、ペダル。
・小指や薬指でメロディーをとるところは、鍵盤を押さえる圧力に注意して。自分の膝の上で指を押さえてみると分かりやすい。
・最初は(p)なので、ピアノでなくてもよい。のだめやCDでも割と大きめな音。貧相な感じにならないように。
・左手バスの音を出してしっかり支える。
・ミレレドドシシシシのところは、しゃくらないように。
・シーシラシシラソファミラのところは、左手結構大きめに。ピアニシモだけど気にせず。
・ラミミ、ラミミ、の内声3連符のところはレガートじゃなくて、3連符ごとに切る感じで。

ツェルニー40番 第28番(レッスン1回目)→ 時間切れ。次回

悲愴の第2楽章、難しいけど、ページ数(3と1/3ページ)が少なくてよいです。

ピアノの練習

火水と練習しなかったので、木曜日から毎日がんばってます。

・悲愴 第2楽章
 指番号を確認しながら、譜読み中。和音の弾き方等、第1楽章に通じるところもあり。小指でメロディーラインを出しつつ、内声部を抑え気味に弾くのが難しい。

・バッハ シンフォニア第3番
 巻末の解説を再読し、出来るだけパッセージごとに練習。よく見ると指番号を勝手に変えて弾いているところがあり、訂正。

・バッハ シンフォニア第10番
 3声部をそれぞれ弾いて。こちらも指番号を確認しながら、数小節ずつ譜読み中。両手で弾いて指の移動を覚えさせてますが、翌日には忘れているのが悲しい。

・ツェルニー40番 第28番
 お風呂で指を広げてます。小指の第3関節が陥没するので、それが出るように左手で下から支えながらやってますが、うまくいきません。左手は出来るので、左手と右手の違いを比べてみますが、よく分からない…。

webで検索したら、練習方法が書かれた論文(「やさしいピアノの演奏法入門(その1) (その2) -初心者及び学生のための-」鎌田範政先生著・『鹿児島大学教育学部研究紀要 教育科学編』)を見つけたので、読んでやってみようと思います。爪の切り方まで載ってます。

なばなの季節

農家で生まれ育ったので、スーパーであまり見かけない野菜(ささげとか)をよく食べてました。

特に「菜っぱ」。なにの菜か分からず(聞いても明確な答えは返って来ない)食べていたんだけど、今もむしょーに食べたくなります。大根葉(これもスーパーじゃ売ってないよね)も多かったけど、もっと甘い菜っぱも。ストックの葉っぱが食べることが出来そうだったけど、あんな感じの菜っぱ。

そう考えていたら、2,3年前コープの宅配チラシで見つけたのです。

「なばな」133_3330_3

一度買って食べてみたら、まさしくコレ!

なばなのシーズンがやってきたら、必ず買います(最近はスーパーでも売っているhappy01)。今日もおいしくいただきました。

調理方法は、ゆでて、しぼって、刻んで、油炒め。味付けは塩。

133_3331

2010年 初!測定日

今日は、3年4ヶ月通っているサーキットトレーニング(以下、CT)での測定日でした。12月の様子はコチラ

お正月休みをはさみ、12月よりさらに体重、体脂肪等、少しずつ増えておりました…。12月に誓った水分摂取もまったく続かず、水分量だけが12月と小数点1桁までまったく同じパーセンテージ。

インストラクター「日々のカフェインを含まない水分(食事以外)の摂取量は?」
私「1日250ml」
インストラクター「カフェインを含めたら?」
私「+300mlぐらい」

「CTにいる間に500mlは取りましょう」と言われてしまいました。

私はめんどくさがりで、夏以外はCTに飲み物類は持っていかないのです。CTに行くためにお茶をいれて冷ますのもめんどくさいし、お茶やお水を店や自販機で買う気もないし。

そもそも、食事の汁物や食後のお茶がなくても平気な私。夏に麦茶を作っても私が飲まないから全然減らなくてよく捨ててるぐらい。さらに水分を取ると、すぐトイレに行きたくなって、あんまり意味ない気も(水分をとらなかったら、全然トイレに行かないときもある)。こんな私に水分を取れ、というほうが無理がある気が…。

でも、ある程度の水分(いや、こないだ水を取り過ぎたら、血液濃度が薄まって死ぬという記事を読んだからさぁ)は必要なのですよね。血液どろどろそうだし。

がんばって、CTにいくときはお茶を作って持っていくようにしようかな。早寝早起きもまったく実行されてないけどさー。自分の健康のためなのに、まったくやる気なし。

1月レッスン 1回目

だらだら過ごした3連休も終わり、ピアノのレッスン、明日はお茶のお稽古、と日常がようやく戻ってきました。

2010年最初のレッスン。再開して3年目に突入です。

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

バッハ シンフォニア第3番(レッスン2回目)

途中まで。
・16分音符のところで速くなりがち。テンポをキープ。左手と右手が揃ってないときがあるから、そこを注意すると大分よくなります。
・同じようなメロディーが右手左手交互に出てくるから、それを際立たせる。内声はちょっと小さめで(一音一音はっきりと、と言われていたので、メロディー等まったく考えず、タカタカ弾いていた。歌わないと)。
・時間があれば、3声それぞれだけを通して弾いてもらうんだけど、譜読みは出来てるから、パッセージ(3-4小節)を指番号等注意して繰り返し練習して。

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第1楽章(レッスン10回目)

1/17岡山で中村紘子さんのコンサートがあり、「悲愴」をするのだけど、行く予定はありません…。
通して弾きました。
「いろいろと課題が多い曲だったけど、ある程度出来るようになってきましたね」ということで○もらいました。やった~shine
しかし、先生は気になるところがあるようで、そこだけちょっと弾きなおし。右手の交差部分。左手は分離伴奏がよくあって動くけど、右手はあまりないから。肩の付け根から動かすように。手が小さくてオクターブが届きにくいから、お風呂とか暖まっているときにぱっと指を開く練習をするように言われました。

ツェルニー40番 第25番(レッスン3回目)

4分音符=90でトライ。
・頭を振って拍子をとらない(頭は止めたけど、足で刻んでた…いいでしょうか?)。
途中から弾きなおして、○もらいました。やった!
「いい音が出るようになりましたね~」

7月の発表会の曲の前に、もう1曲できるから、「悲愴」の第2楽章を。

また、ツェルニーは第26番の難しさに挫折した旨を伝えたところ、「27番も悲愴の第2楽章と同じだし。このあとは難しくなるから、曲をやってパッセージ練習すればいいかも。同じ練習曲でもショパンとか、ちゃんとした曲に聴こえるものを。ツェルニーはいくら練習しても”曲”には聴こえないし、表現力も身に付かないから。」

って、先生。ショパンの練習曲ってエチュードですよ…。無理ですよ。28番は右手のオクターブの練習なので、これはすることになりました。

さて、また新しい譜読みです。がんばろうー!

1月に買う本

12/25 『マリア様がみてる 私の巣(マイネスト)』 今野緒雪 コバルト文庫

読了。薔薇ファミリーは直接関係しない話なのですが、私の中では一番面白かったかも。実年齢に近い大人たちがたくさん出てきたからかしらん。哀しかったのは、誤植があったこと…。純粋な誤植は1箇所だけだけど、主人公の女の子のセリフの中で方言(東京弁?)なのか、誤植なのか、判別しがたいところが2箇所あって。「お嫁入り道具にしたがいいやね」「好きなの出して着たらいいやね」。この”いいやね”は一体どう解釈したらいいやね?

1/4 『ピューと吹く!ジャガー(18)』 うすた京介 ジャンプコミックス

こっちも読了。17巻に続き中表紙がよかった。話も結構ツボにはまったものが多かったです。話というより、画力か。

1/19 『天上天下(21)』 大暮維人 ヤングジャンプコミックス

行き当たりばったり感が強いこのマンガ。いや、面白いんだけど、早いとこ決着つけてほしい。

1/22 『アルサラスの贖罪3 善と悪の決戦』 D&L.エディングス ハヤカワ文庫

こんなベタなサブタイトル、ありですかーgawk 1巻読了後の期待に反して、2巻はエディングス節炸裂でした。

検索中に見つけたのですが、雑誌『ウルトラジャンプ1月号(発売中)』に、鈴木央先生が読みきりを書いているようです。もう集英社では書かないのだと思っていた。なぜに?

かるた熱が上がっているこの時期、やはりこれも買っとかないとダメかしら。

『ちはやふる(1)~(7)』 末次由紀 BE LOVE コミックス 

宝島社『このマンガがすごい!2010』 2009年度 オンナ編 第1位ですし。ちなみにオトコ編第1位は以前ブログにも書いた『バクマン。』 大場つぐみ(原作) 小畑 健(漫画)。

名人戦・クイーン戦

今日は楽しみにしていた”競技かるた”の名人戦・クイーン戦の日。HDDに録画してるので、後で見る予定ですが、19:45~のダイジェスト版はしっかり見ました。

名人戦は解説者いわく「10年20年に1度あるかないか」の大激戦happy02 11連覇中の西郷直樹名人に挑戦するは、私の出身でもある福井の三好七段。試合は三好七段2連勝の後、2連敗。しかも第4戦はあと1枚で名人位獲得のところで、ダブルで大逆転負けしてしまい。

19:45までに終了しなかった第5戦の行方を、ダイジェスト版でハラハラしながら見てました。ダイジェスト版の放送時間内に決着は着いたのだけれど…。結果は明日の新聞を見てくださいね。

それにしても、手の動きが速すぎて、私の動体視力ではどちらが取ったのか全然分かりません。HDDのスロー再生でも分かりません。テレビの超スロー映像でやっと分かる感じ。テレビを見ると、今年こそかるた会に入会して(家から自転車で行ける距離にある公民館で月に1回かるた会が活動してるのだ)級を取りたいなと思うけど、記憶力も体力もありませんdespair 久しぶりに実家でかるたをしたけど、覚えてると思っていたものも半分近く忘れてました…。

ここ2日、就寝2時

2010年が始まって1週間。

早寝早起き、全然守られてません…。

「日付が変わる前に寝る!」は一応守っているのよ…。

昼寝することによって。

現在1:26。今日もまた就寝2時ですな。

新年あけましておめでとうございます

今年もどうぞよろしくお願いします。

今年こそ、”早寝早起き”がんばろうと思っていますが、開けて4日とも挫折…。

明日からがんばります。

日付が変わる前に寝る!(すでに変わってるけど…)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック