« 自堕落な生活 | トップページ | 年賀状 »

12月レッスン 4回目

忘年会やら総会やら送別会やらで、今回も練習できたの、2日に1回ぐらい。16日に調律師さんが来て、音が一皮剥けてクリアになった気がします。鍵盤の蓋の取り付け方も教えてもらいました。もう二度と外すつもりはないけど。

2009年最後のレッスンです。

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

宿題はできず。

ツェルニー40番 第25番(レッスン2回目)

・前回と同じく、ハイフィンガーで弾かない。レジェッロで弾けるように。
・両手同じパターンで上がったり下がったりで難しいところはないから、もっとテンポを速くする。今、4分音符=65ぐらいだけど、最低80、できれば120ぐらい(!ほとんど倍ですが、先生!)で弾けるように。練習する時間はたっぷりあるからね。

あわせて、次の26番の練習の仕方も。左手6/8拍子の中に右手が19個入ったり、23個入ったりの曲。「ショパンのノクターンは全部こんな感じだよね」。左手は和音で押さえて、練習する。

バッハ シンフォニア第3番(レッスン1回目)

全体を通して。
・譜読みは出来てるし、ある程度弾けてはいます。
・ところどころテンポが崩れるので、メトロノームで刻んで練習。
・16分音符がもやもやして時々滑るので、もっとかっちりと1音1音はっきりと。
・ツェルニーもだけど、指の腹じゃなくて、指先でタッチ。タッチポイントを考えて。筋トレしてね。

ベートーベン ピアノ・ソナタ第8番「悲愴」第1楽章(レッスン9回目)

・右手の8分音符が続くところ、スラーだけど、レガートじゃなくて、タカタカ弾く。
・左手の8分音符で1拍目にスタッカートがついているところ、指を跳ね上げるのではなくて、キーを押し込むようにアクセント。

「悲愴」は時間がなくて、ご指導が少なかった気も。

来年最初のレッスンは1/12。気を抜かずに練習練習。

« 自堕落な生活 | トップページ | 年賀状 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/47157813

この記事へのトラックバック一覧です: 12月レッスン 4回目:

« 自堕落な生活 | トップページ | 年賀状 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック