« 遠足のおやつ考察 | トップページ | 庭仕事 »

視点・論点

思い出せれば、金曜日の夜は西条秀樹さんが出演しているNHK教育の『趣味の園芸やさいの時間』を見ています(金曜日は再放送なのね。知らなかった)。

今日はいつものエンディングテーマもなく、つまらんなあ・・・と思っていたら、なんと『視点・論点』が!

視点・論点』大好きなのです。

テレビというメディアが最大に生かされた番組だと思います。取り上げられるテーマが多岐に渡っていて、時事問題にも迅速に対応(8/31に鳩山新政権の課題について学習院大学教授の方が話されている)。直に体面しているかのような語り手からのメッセージがひしひしと伝わってきます。

短いようで、ぎゅっと中身が濃い長い10分間。

今日は、「どうなる基軸通貨問題」。語り手は三菱UFJリサーチ&コンサルティング客員研究理事の眞野輝彦さん。

ドル安=円高と2つの相対関係でしか語られないが、金相場と為替相場を比べてみるとドルの力が弱くなってきていることが分かる。基軸通貨となりうるには4つの条件(経済活動が盛んで通貨が出回っている、市場が自由に開かれている、通貨価値が安定している、政治が安定していてリーダーシップがある、等)が必要だが、ドルに変わるものがないのが実情。各国が保有している通貨だか何か忘れたけど、2008年は65%がドルで、25%がユーロ、ポンドが4%、円が2%。ユーロができる前は円は6%でドイツマルクに次ぐ3番目だったが、経済活動の停滞、失われた10年等で円の価値も下がっている。北朝鮮の脅威、軍隊を持たない国の通貨”円”を買うことを投資家はためらっている(!本当か!?)。ユーロは一つの政府として政策が行われていないので、基軸通貨とするのも厳しい。

というような内容でした。番組を見ただけで、非常に賢くなった気がします。

« 遠足のおやつ考察 | トップページ | 庭仕事 »

NHK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/46565365

この記事へのトラックバック一覧です: 視点・論点:

« 遠足のおやつ考察 | トップページ | 庭仕事 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック