« 受験申込 | トップページ | 街道てくてく旅 »

10月レッスン1回目

即興演奏 練習書(レッスン6回目→次回)

曲の指導をしてもらいたくて、わざと宿題はせず。

ツェルニー40番 第22番(レッスン2回目)

大分指が動くようになってきた。右手はOK。左手はまだまだ・・・。
・ピアノは響く楽器なので、響かせる。木琴などを叩いてるような感じで。手首を使って。腕や肘に力を入れない。
・左手の指が開きすぎ。ペットボトルの口を指4本で持ってみて。そんな感じで。
・人差し指の第1関節がつぶれてる。中指はしっかりしてるから、中指をお手本に。

バッハ シンフォニア第8番(レッスン6回目)

通して弾いている間、先生が「ヘ長調、ニ長調、etc」とおっしゃってくれたけど、弾くのに一生懸命でよく聞いてませんでしたcoldsweats01

・主題が出てくるところをもっと強調して。
・ここは偽終止で、ここで終止形。カデンツが分かる?(なんとなく・・)
・バッハは突っ込もうと思えば、いくらでも突っ込める。ほとんど弾けてるから、これでおしまい。また弾いておいてね。

次はベートーベン『悲愴』第1楽章をするのですが、シンフォニアはどうしたらよいのか、15番かっこいいから、弾けるようになりたいし、と尋ねたところ、「シンフォニアばかりやっていてもつまらないし、また少しずつ。インベンションも弾きなおしてみると、小さい頃にやったときとはまた違ってくるよ」「インベンションは大人(独身時代)になってからしたんです・・・」「あら、そう。譜読みするなら、3番、10番、11番、12番で。楽譜は市田さんのでやってね」

ドビュッシー ゴリウォーグのケークウォーク(レッスン3回目)

「テンポはどうしたら?」「アーティキュレーション(音のつなぎかた、切り方)を確認したいから、ゆっくりで」「ペダルは?」「踏んで」
曲の中間部の終わりまで、音の切り方、タッチ、指遣い、ペダル等々いろいろ教わりました。

来週はお休み。『悲愴』の第1楽章のヘンレ版の楽譜(コピー)をいただいたので、譜読みします。「1番~15番までの楽譜は高いし 、いくつかしか弾かないし・・・。『悲愴』1曲だけの楽譜もあるよ」とのことでした。↓これですね。1,050円か・・買おうかな・・。

« 受験申込 | トップページ | 街道てくてく旅 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/46426043

この記事へのトラックバック一覧です: 10月レッスン1回目:

« 受験申込 | トップページ | 街道てくてく旅 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック