« よろしければ その2 | トップページ | 9月に買った本 »

9月レッスン 4回目

5連休をはさんで、2週間ぶりのレッスン。

即興演奏 練習書(レッスン5回目)

伴奏と変奏、忘れてしまうので、今回からノートにチャラ書きしていくことにしました。書き込んでご指導できるから、先生にも好評でした。

宿題③ヘ長調。疑問その1。6小節目、メロディーと和音のベースラインが同じ”シ”になるがよいか→OK。7小節目、Ⅴ度じゃなくて属7の和音で。導音の”ミ”は重ならないように。和音の広がり等注意して弾くと表情がつく。

次、宿題⑦変ロ長調。和音が分からないところがあり、質問。ベースラインの「シーミーファーシー」の形を覚える、とのこと。ハ長調なら「ドーファーソード」。属7の和音、導音は抜けていてgood。

来週の宿題は同じく♭のお勉強⑳ヘ長調と○25変ロ長調。

ツェルニー40番 第22番(レッスン1回目)

一度通して弾く。譜読みは出来てます。
・連続同音打鍵でないところは、レガートにせずに同じ調子になるように
・手首をもっと上げる
・指の動きを止めないで。止めると響かない。一の腕は楽にして。包丁を持っているときの力が入ってない感じで。
・薬指の力がないから打鍵はしっかりするけど、アクセントはつけずに。後に続く音が同じ大きさになるように。
・左手は力がないのもあって一つ一つの音がはっきりしない。もっと指を握る。4の指の角度に注意。

バッハ シンフォニア第8番(レッスン5回目)

・薬指が寝てる(伸びてる)から、タッチが変わって、音色が変わる(優しくなる)。バロックでは指を立てて。指の腹で押すような感じで。
・3人の人が話し合ってるように。中間部で2人で話していたところに3人目が割り込んで、やいのやいのとなって、「もう、こうしたらいいんじゃないの」的な半終止があって、もう一度話が盛り上がって、最後は落ち着いた、ような人間関係みたいなものが出るように(先生のおっしゃってることは分かるのですが、指を動かすのにいっぱいいっぱいです)。

ある程度になったらしく、譜読みのため次の曲を決めることに。ここで一つ問題が。先生オススメの楽譜を持ってないので、どうするか。楽譜を買うか(楽譜がないと譜読みできない)。シンフォニアをやめて次は古典(有名なピアノ・ソナタ。『月光』とか『悲愴』とか)をするか。ピアノ・ソナタはヘンレ版がいいけど、1冊7000円近くする(!)。それも持ってない・・・。とりあえず次回は『ゴリウォーグ・・』で。こないだのモーツァルトK.333の第3楽章もやりたいけど、ピアノソナタと『ゴリウォーグ・・』両立できるのか?

ドビュッシー ゴリウォーグのケークウォーク(レッスン3回目→次回)

時間がなくて、今回はパス。

« よろしければ その2 | トップページ | 9月に買った本 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/46349195

この記事へのトラックバック一覧です: 9月レッスン 4回目:

« よろしければ その2 | トップページ | 9月に買った本 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック