« リフレッシュ | トップページ | ピアノのために読書 »

高気密高断熱&24時間換気

久々のおうちネタです。

昨日遊びに来てくださったお茶の友人が「このうちは気持ちがいい。匂いもあんまりしないし」とおっしゃってくれました。

これは、私の人柄のおかげ・・・ではなくて、家の性能によるものです。

秘密は高気密高断熱住宅&24時間換気。

床下、壁、天井と外気に接しているところにはすべて厚さ10cmぐらいの断熱材が入っております。施工もバッチリで、新築時の気密性能測定の隙間相当面積は0.3c㎡/㎡。ちなみに平成11年の通産省が定めた省エネルギー基準(次世代省エネルギー基準)は、北海道・青森が2c㎡/㎡以下、他の地域は5c㎡/㎡以下。

高気密のメリットはたくさんありますが、上記の感想に直接結びつくものは、「計画的な換気が出来る」ということです。隙間が少ない=昔の家のように隙間から風が入ってこない、ので、人の手で換気してやらなければいけません。

いろいろな換気法があるのですが、わが家は第3種。排気のみを機械で行っています。トイレ、お風呂、納戸に排気口があってダクトで一つに集められ、24時間排気(換気扇のような感じ)しています。排気することによって、屋内の圧力が下がり、居間や寝室などにある給気口から外の空気が入ってきます。なので、絶えず家の中の空気が循環していて、とても気持ちがいいのです。大きな声では言えませんが、よその家に行くと最近息苦しくなります。

家の24時間換気システム(アルデ社製)はスイッチはなくて、弱中強の設定のみ。弱で2時間ごとに家の中の空気がすべて入れ替わるようになっています。電気代は1ヶ月400~500円程度。音も弱だと、まったく気になりません(寝室の横の洗面所の天井裏で動いてます。中だとちょっと気になるかな)。

他にもたくさんメリットがあるのですが、また次回。

« リフレッシュ | トップページ | ピアノのために読書 »

おうち」カテゴリの記事

コメント

わが家の24時間換気システムは(第何種かよく知らないけど;)
リビングのメインスイッチは「切・入 弱・強」になってます。
横に「メンテ以外では切らないで」と書いてあるので
確かに「切」いらないかも。夏衣さんとこのは合理的ですね!

だんごさんのとこのも、多分第3種だと思いますhappy01
メンテ時は天井裏にある本体のスイッチを切るようです。
今日強にしてたら、玄関ドアが重たかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/46304459

この記事へのトラックバック一覧です: 高気密高断熱&24時間換気:

« リフレッシュ | トップページ | ピアノのために読書 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック