« ジャンプVSマガジン | トップページ | 『魁!!クロマティ高校』 »

8月レッスン 2回目

3週間ぶりのレッスン。失せ物がここで見つかるかと尋ねてみましたが、ありませんでしたsad

最初は先生自筆のノートのコピーをいただいて、”カデンツ”(どういう意味なんでしょ?)のレッスン。前回から練習している伴奏付けです。まずスケール、和音、和音の展開形の確認。7級でよく使う和音の展開形はコレとコレと、といくつか決まっているようです。級が進むにつれ、難しい和音も出てくるようで。最初は和音の流れのパターンを覚えればよいそう。ハ長調の例題があるので、それを参考にト長調、ヘ長調、ニ長調、イ短調など移調が簡単(シャープやフラットが少ない)なものを自分で考えて、弾いてみる(宿題その1)。そして、宿題その2。練習書の中の練習課題2問宿題。8小節の単音メロディーに左手で伴奏を考えて付けます。和音進行はパターン通りだけど、メロディーに対する決まりごとに注意する。で、先生からさらに課題が。メロディーラインの変奏。リズムを決め、音型を考えて。五線紙に書込みながら、自分で考えながらピアノを弾くなんて、まるで作曲家の気分ですlovely

ツェルニー第20番。最初は譜読みすら出来なかったのに、今ではもうソラでも弾けそうです。前回の注意を胸に、強弱をつけて、指に圧を入れて。右手がオクターブで上がっていくところを弾きなおし。段々早くなるので、テンポキープ。腕がすーっと右へ動いていくように、左手の音に注意して。あと数箇所先生が気になったところを弾きなおして、「大体弾けているからこれで終わりにしましょう」と○をいただきました。次は第21番。左手のメロディーを歌う。

バッハのシンフォニア第8番。これも最初は譜読みすら出来なかったのに、今では結構スラスラ弾けます(楽譜がないと弾けませんが)。1箇所弾きづらかった装飾音は、先生の楽譜ではカッコつきで装飾音なしなので、装飾音パス。こっちも強弱と指の圧に注意。シンフォニアはメロディーが3声に分かれています。ソプラノ、アルト、テナーといった感じに。それが交互に現れるのですが、いかんせん手は2本しかないので、2本の手を駆使して3声を歌います。で、このメロディーを少しずつ、1声ずつ区切って弾いてみて、次はソプラノとテナーのみ、ソプラノとアルトのみ、等組み合わせて練習。「このように再度家で練習してきてね」と言われました。実際、家での最初の譜読み段階でこのように練習しています。あと、指導を受けたのが、スタッカート。息を吸い込むようなスタッカートになっているので、息を吐くような明るいスタッカートになるように。鍵盤を下まで押して。

「曲が少ないかな?」と先生に言われたので、前~に提案した、シベリウスの『樅の木』かドビュッシーの『ゴリウォークのケークウォーク』かどちらかをしたいと言ったら、「スタッカートの練習にもなるので、『ゴリウォーク』を」ということになりました。こっちも家では練習していて、ある程度弾けるようになりましたが、またスタッカートに着目して、一から練習再開です。

9月から毎週レッスンに変えたので、次回は1週間。宿題が山ほどあるよ~coldsweats01

レッスン後、選挙応援のご指名を受け、8時まで3時間ほど電話のボランティアに行ってきました。帰宅したのは8時45分。今日はもう練習できません。明日から毎日がんばろうrock

« ジャンプVSマガジン | トップページ | 『魁!!クロマティ高校』 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/46030397

この記事へのトラックバック一覧です: 8月レッスン 2回目:

« ジャンプVSマガジン | トップページ | 『魁!!クロマティ高校』 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック