« 日食グラス | トップページ | ペダリング練習 »

読書三昧

7/13からの1週間は読書(マンガ含む)三昧でした。今は読む本がなく、活字切れの禁断症状。とりあえず覚書。

今野緒雪『マリア様がみてる リトルホラーズ』。一般の生徒が主人公の短編集です。リトルホラーズとあるように、ちょっと不思議な感じの話がたくさん。少し毛色の変わったものもあって、びっくり。短編の合間に菜々ちゃん(1年生!)の視点のお話が入ってるんだけど、またしてもやられた~。最後まで読み終えたら、最初からまたどうぞ。ちらほらヒントが隠されてます。

島田荘司『摩天楼の怪人』。時は1969年。20代の御手洗さんがコロンビア大で助教授をしていた時のお話です。御手洗さんを知らなくても読める(御手洗ファンなら「きゃーきゃー」言うこと間違いなし)、島田さん言うところの「本格ミステリー」です。壮大な謎解きあり、冒険あり、で、面白かった。読まなきゃ損(明け方4時近くまで読んでて、体調崩しましたが)。

うすた京介『ピューと吹くジャガー 17』。中表紙絵がとてもお気に入り。もう17巻なのね・・。ハミィちゃんは嫌いだけど、ハミィちゃんの出てくる話は好き。1話だけでしたが、面白かった。

武井宏之『機巧童子ULTIMO 1』。主人公のタイプが今までとはちょっと違う感じなんだけど、大和くん、いいねぇ~。早く続きが読みたいな。ウルティモって、男の子なの?

私屋カヲル『こどものじかん 7』。いつにもまして中身濃ゆ~。ストーリーにしろ、絵にしろ、私屋先生ぐらい書き込んでくれないと、マンガ家としてどうかと。りんちゃんも5年生。作者の中では結末は決まってるらしいんだけど、これからどんな展開になるのか? 目が離せません。

市東亮子『BUD BOY <番外編> 空心鳥』。副題の話のみの収録です。太玄大皇と玉風大帝の関係、羽矢房が離反した理由のお話。うーん、なんだか蕾に同情してしまいます。母上様は偉大ですな~。

松尾由美『フリッツと満月の夜』、『人くい鬼モーリス』。感想は後日。しかしなんですな。ミステリーを読み始めると、時間も構わず夜遅くまで読んでしまうので、ちょっと控えよ。

後は夫が買った漫画。うたたねひろゆき『天獄5』。柊あおい『STEP』、『雪の桜の木の下で』。

さ、今日は何を読もうか。

« 日食グラス | トップページ | ペダリング練習 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/45690735

この記事へのトラックバック一覧です: 読書三昧:

« 日食グラス | トップページ | ペダリング練習 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック