« 井上荒野さんについて | トップページ | 6月レッスン 1回目 »

ピアノの練習

明日はレッスン日。先々週のレッスン後ほぼ毎日弾いていたのに、だれたのか、ここ数日弾いてない。今日は張り切って練習しました。

ただいま、図書館から借りた本『シャンドール ピアノ教本』で理論を学習中。

まずは、バッハのシンフォニア8番。ピアニストもバッハの曲を指慣らしに弾くと何かで読んだので、ここ最近もっぱらバッハで指慣らし。昨日上記の本で、バッハの曲の装飾音はチェンバロだかハープシコードだと主旋律の音が他の音にかき消されてしまって聴こえないので、装飾音が付いていると知ったばかり。ピアノで弾く分には無用らしいのですが、やはり装飾音を入れて弾いてみます。そのほうが難しいし。

次は、レッスンでは止まっているツェルニー40番の20番と21番。うーん、私が先生なら○はあげられない・・・。21番の左手のベースのメロディーライン、全然音が出てません。

気を取り直して、発表会の曲。毎日弾いてなかったので、手の動かし方忘れてます・・・coldsweats02 何度か通して弾きましたが、まとまりがない。曲想がなってない。音楽を音楽たらしめるためには、音の強弱、緩急が大事と上記の本で学んだばかり(汽笛のような単音では音楽にならないそうな)。練習の究極の目的は、技術を身に付けたその上で、曲を表現し、伝えるようにできること。技術面でつまづいていてはいけないのです・・・。しかし、私はいまだ楽譜を確かめつつ音を出してる箇所がある始末。うーむ、何度も弾いて物にしなければ。

曲のイメージをつかむために、CDを久しぶりに聴いてみました。楽譜を見ながら。でも、このCD速すぎて(私の倍の速さ)、参考にならない。よく聴くと速いながらも、要所要所テンポが微妙にゆっくりになるところがあって、しかし、それが曲に合っています。同じテンポで弾くばかりが能じゃない、ということか? 

調子に乗って、速く弾いてみたらば、左手は音を全然拾わないわ、腕が痛くなるわ、さんざんでした。明日先生にどれぐらいで弾いたらいいか訊いてみよ。それと、もっとゆっくりのCD探そう。

あと、今日考えたこと。私が思いついただけなので、間違ってる可能性も大です。上記の本に、鍵盤に指を垂直に降ろすと余計な力が入らずに音が鳴らせるので、最小限の動き・力になるように、指・手・腕のコーディネートをしながら弾くとよい、とあり、ずっと考えてました。以前先生が言ってたような気もするんだけど、”ボールをつくような感じ”の力の入れ方がいいのか、と。むちを振るように、というのも何かで読んだけど、ボールのほうが適切かな?、と。ボールを手からそれずにつくには、肘を固定していたら、後ろに飛んでいってしまうので、上腕を少し動かしてやらないといけない。ずっと力を入れ続けていたら、手が痛くなってくるので、ボールに触れる際は力を入れ、すぐに脱力。手が広がっているよりも指先でコントロールしたほうがつきやすい。家にはボールがないので、確認のしようがありませんが、左手の動かし方を学ぶにはいい方法かも。でも、問題は垂直に降ろすいい方法が習得できても、現在練習中のアルペジオの習得にはならないこと。はあ。

« 井上荒野さんについて | トップページ | 6月レッスン 1回目 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/45281105

この記事へのトラックバック一覧です: ピアノの練習:

« 井上荒野さんについて | トップページ | 6月レッスン 1回目 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック