« グアム3日目 その1 | トップページ | ユーロ売却 »

4月レッスン 1回目

満開の桜を横目にレッスンへ。

ピアニストの方の指導講座に先生が出席されたそうで、姿勢のアドバイスを受けました。ピアノのコンテストの審査もしていて講評があるんだけど、やはり姿勢の注意が多いそうです。かかとに重心を置いて。椅子の角と当たる太ももの裏でも体を支えるように。膝はちょうど鍵盤の下。お腹を突き出すように力を入れる。その姿勢ですっと立てるように。ピアノを弾く前は腕を広げて白鳥体操。

ツェルニー19番。1回通して弾いて、再度後半部分を指導を受けながら。音階が下がっていく部分は、指から指へ重心を移すように。○もらえました。やった!

次は20番。後半2ページはあまり練習してないのに通しで弾いて。う、なんとか弾き切れた。譜読みは出来てますとのこと。16分音符で指を動かすのが目的じゃなくて、メロディーラインを出せるように。裏拍(2拍目、4拍目、等偶数拍)がメロディーラインの場合、裏返ってしまうから、あまり強調はしないんだけど、やっぱりそこもメロディーラインを歌って。いくとおりか練習方法を教えてもらいました。右手でメロディーを弾き、左手で右手の動かない音を弾く、などなど。指の動きも大事だけど、まず気持ち。メロディーラインはここ、という気持ちがないと弾けないような気がします。

さて、肝心の「胸さわぎ」。これまではペダルなしでレッスンを受けてましたが、やはりレッスン時もペダルありで。初めの何小節かは導入部分。「そこを飛ばして(なんとか弾けるから)、メロディーが始まるところから練習してます」と先生に言ったら、「ちゃんと初めから弾いてね」と言われてしまいました・・・。レッスンでは全体を通して曲想をつけたり、難しいところを何度か弾いたり。最後がとても素敵なんだけど、すらすら弾けない私。ここがきらきら弾けたら最高だわ!と何度か家で練習してますが、きらきら弾けないのです。悔しい。

今日の先生のお言葉。「タイム、スペース、エネルギーの3つの要素が大事よ」。タイムとは弾くテンポ、打鍵するスピード等、スペースは打鍵する手の動き、音の方向性(ベクトルといいますか、この音はどこへ向かっているのか)等、エネルギーは打鍵する強さ等。

« グアム3日目 その1 | トップページ | ユーロ売却 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/44621331

この記事へのトラックバック一覧です: 4月レッスン 1回目:

« グアム3日目 その1 | トップページ | ユーロ売却 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック