« 祈りが届いたか? | トップページ | M:i-3 »

3月レッスン 1回目

火曜日、旅行代金を支払いに前の職場へ行った帰り(懐かしい面々に会えてとても嬉しかった)、ピアノのレッスンへ。その前に時間があったので、部屋を借りて練習。練習してて気づいたことは、左手の薬指、小指の力がないということ。鍛えないといけません。

さて、レッスン。ツェルニー18番はなんとか○をもらえました。「高音の和音にもっときらきらした音が欲しい」。そのためには、指の形、打鍵のスピードをもっと注意すること。先生も今日の自分のレッスン(先生が誰に教わっているのか謎なのですが)で話を聞いたそうですが、ピアニストは指の付け根に筋肉がついてぷっくりしてるそうです。手のひらのマメができるところ。そこと指先に力を入れるように注意する。再三言われるのに実行してませんが、ビール缶などを指先でつかむ訓練をするように言われました。

次の19番。やはり指の力がないので、打鍵するために指を過剰に持ち上げてしまいがち。指は鍵盤を這うように。左手のベースラインは二分音符が途切れないように指を入れ替える。薬指と小指が力がなくて音がすべりがちなので、16分音符は一つ一つ音を刻む。

発表会の曲として、メンデルスゾーンの「胸さわぎ」を仮決定。先生は、簡単だし、展開がなくて単調すぎるのでどうか、という感じでしたが、指を鍛えるためにもいいかも、と思ってくださったようで。私は曲が短い(前のシューマンは6分、これは3分)ので大歓迎。少し弾いてみて、注意点と練習の方法をいくつか教えてくださいました。

水曜日。レッスンのための練習は今のところツェルニーとメンデルスゾーンの2曲。どちらも短いので、すぐ飽きて(?)しまいます。そこで、指を鍛えるために久々にハノンやってみました。うーん、指が動かない・・・。参考にと以前買った本を見たら、指の付け根の筋肉のこと書いてありました。さらに、小指の力をつけるための練習方法も! いい本買ったわ~happy01

« 祈りが届いたか? | トップページ | M:i-3 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/44263887

この記事へのトラックバック一覧です: 3月レッスン 1回目:

« 祈りが届いたか? | トップページ | M:i-3 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック