« 風炉先屏風 | トップページ | 第1903回 西日本宝くじ トライアングルチャンス »

招待状 投函!

やぁっと投函完了。ほっと一安心。
がんばって巻紙に筆で書いたのだよ・・・。疲れた・・・。

今回も、以前のお稽古茶事でもお世話になった本はコレ。

文例も一通りあり、さらに毛筆で巻紙に書く方法も載っていて、これ1冊あれば他に何もいりません。新しい筆のおろし方や巻紙のつぎ方まで詳しく載っています。

招待状を書くのになかなか着手できずにいて、昨日の夜9時から文面を練ることから開始。

本によると、「予め都合が分かっていれば、招待状は2週間前までに出すこと」とあるから、本当は昨日ぐらいには先方に届いていないといけません。

まあなんとか文章を練って、お習字道具を取り出してきて書き始めたのですが、字は下手だわ、紙(奉書)はざらざらして書きづらいわ、安物の筆だからうまく書けないわ、と悪戦苦闘。家にある小筆と墨汁で書いていたのですが、よくよく本を見ると、仮名用の細い筆、墨汁ではなくて仮名用の墨(そんなんあるのね)で書くとある。書きづらいのはそれが原因かと思いつつ書き進めていったら、3通書いたところで紙が切れ・・・。この時点ですでに夜中の3時近く。

今朝仕事に行き、会社のお習字得意な人に習字道具屋さんを教えてもらい、会社帰りに買い物。奉書と仮名用の筆と仮名用の墨を買ってきました。お習字道具って案外高い。思わぬ出費。

131_3116 夕食は夫に作ってもらい(カレー)、硯で墨をすりすり。仮名用の筆をおろし、書き始めました。奉書はやっぱりざらざらして書きづらいのですが、筆はさすがに高いだけあって書きよい。道具は選ぶべきだと数日前に断言したのは誰でしょう・・・。

なんとか残りの2通プラス書き直し1通を書き終え、封筒の宛名までも筆で書き、ぱたんぱたん時代劇に出てくるように折って、地図のコピーも封入。切手を貼って近くの大きな郵便局まで出しに行ってきました。日付が変わる前に出せたので、明日にはみんなのお手元に届くと思います。

汚い字のお手紙ですが、喜んでくださるでしょうか・・・。お習字も習いに行かないとだめかしら。

131_3113_2_2131_3115 

« 風炉先屏風 | トップページ | 第1903回 西日本宝くじ トライアングルチャンス »

茶道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/42666827

この記事へのトラックバック一覧です: 招待状 投函!:

« 風炉先屏風 | トップページ | 第1903回 西日本宝くじ トライアングルチャンス »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック