« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

10月に買う本

2008年も3/4が終わってしまいました。一気に寒くなったせいか、冬?って感じ。

10/1 コバルト文庫 『マリア様がみてる 卒業前小景』 今野緒雪

前回『お釈迦様もみてる』が新シリーズで出たのですが、今回は『マリア様』。祥子お姉さまもとうとう卒業ですか・・・さみしいわ。

10/15 早川書房 『駅神ふたたび』 図子慧

わーい。早々と新作が。大好きな作家さんのためにも単行本買ったほうがいいのだけれど、文庫出るまで1年待とうかしらん。悩む。

10/16 プリンセスコミックスデラックス 『アマル-黎明の出雲伝説3』 市東亮子

1,2巻と読み直さないと話分かりませんが、続きが気にはなっているのです。

煙草盆

ネットオークションで落札した1点が早々に到着しました。迅速な対応でありがたいことです。

131_3107_3煙草盆、火入(ひいれ)、 灰吹(はいふき)です。価格のわりには、いいものでした(入札者が1名だったので、最低価格で購入できた)。透かしが銀杏だったので、もしやと思っていたら、灰吹に「今日庵(=裏○家)」の文字が。裏○家の門弟なので、よかったー。

灰吹は汚れが激しい(口に焦げ跡が・・・お飾りで使わないものと思っていたのに、煙草吹かした人がいるのだろうか?)ので、新しいものに取替える予定。また、違った火入を探す楽しみも。

下に敷いてあるのは、倉敷特産いぐさ(昔の話で今では生産農家は1,2軒。織は倉敷のようです)のランチョンマット。待合に使う予定のリビングではこういうセッティングにしようと考えてます。

お茶事の楽しみは亭主が6割とも7割とも言われますが、未熟ながら実感中です。

しかし、苦しい点も・・・。巻紙に墨で招待状書かなきゃ・・・。

楽譜 その2

明後日のレッスンに向け、モーツァルトのソナタK.333がんばってます。20歳代でレッスンを再開したときよりも指がよく動いているように思えるのは、練習量もあるけどグランドピアノで音を出して練習していることが一番いいように感じます。上達するには道具は選ぶべきです。

楽譜が2つあって、微妙に違うのでこんな感じで練習してます。131_3103_2

最後のほうまで練習していったら、音が全然違うことが判明!

131_3104

『スーパーピアノレッスン(以後、SPLと略)巨匠ピレシュの・・・』

ファレレレ シファレ シファレシ ・・・

131_3106 『全音ソナタアルバム2』

ファファファファ ファレシファ シファレシ ・・・

前半によく似たところがあって、そこは2つとも ドドドド なので、全音が正しそうだけど分からない。

今日立ち読みしてきました。

結果、『全音ソナタアルバム2』だけが違ってる。

ウィーン原典版も、以前のSPLでモーツァルトを教えてくださったアントルモン先生オススメのヘンレ版も、さらには全音のウィーン原典版準拠も ファレレレ シファレ シファレシ でした。これで練習するぞ!

ウィーン原典版かヘンレ版(輸入楽譜)を買ったほうがよさそうだけど、どちらもお高いの・・・悩みます。

楽譜

レッスンに通い始めてから、2冊楽譜を買いました。2冊ともおうちで趣味で練習するための楽譜です。

先月買ったのは、ブルクミュラー『18の練習曲』(全音難易度中級第3課程)。ブルクミュラーといえば、『バイエル』の後に練習する『25の練習曲』が有名です。特に、誰でも一度は弾いてみたくなる『アラベスク』(姪も友達に教えてもらって練習してました)。

発表会前のレッスン時に私の演奏を聴いてくれた人が発表会で弾いた曲があるのです。大人になってからピアノを習い始めた女性の方(恐らく20歳代)、すごく上手にきれいに弾かれていました。曲もとても素敵だったので、発表会の後「私も弾きたいです」と話したら「すぐ弾けますよ」と言われましたが、結構難しい。発表会のプログラムに書かれている曲名は『シルフィード(風の精)』。ゲーマーにはおなじみですな…coldsweats01 しかし、買った全音版のタイトルは『空気の精』…。叙情性が…。

今日買ったものは、チャイコフスキー『四季』(全音難易度中級第4課程~上級第5課程)。1月から12月まで標題がついたものが12曲。『舟歌』や『トロイカ』が有名。効率的に練習するには、CDで演奏を聴いて真似したほうがよいと聞いたことがあるので、今度CD買って楽譜を見ながら聞いてみようと思います。やっぱロシアのピアニストがいいかしら。

ミニトマト

半分枯れてるのに、まだ実がついてます。ありがたや。
今日の収穫→
131_3101

他の野菜はほとんど終わってます。

いまさらですが、ネットオークション

windows95が出て、96年6月にPCを買った私。それ以来、インターネット生活を謳歌してきましたが、ネットオークションには手を出してませんでした。

が、遅咲きながら、最近ハマってます。

それは、お茶道具。

家が建ってからというもの、お茶道具屋さんで新品のものを買ったり、骨董品屋さんで中古の棚を買ったりしてましたが、10月の第3水曜日、先生・社中の皆さんをお呼びすることになってあせってます。

せっかく来てくださるんだから、少しでも道具が揃っていたほうがいい。

しかし、お金が潤沢にあるわけでもない。

よく考えてみたら、新品ばかりを買わなくてもいいのではないか? 中古でいいものがあれば、お得だし。それにお道具をもてあましている人もいるはず。

検索してみたら、ざくざくお宝の山(お稽古道具で十分な私の場合)。

昨日今日で2品購入。どんな品が手に入るやら、不安半分、期待半分heart02

器据と和敬板

「お点前で何が好き?」と訊かれたら(あまり訊かれないけど)、「茶箱と長板」と答えます。初めて本を買ったのもこの2つだし、ちゃんと揃えたお茶道具も茶箱が初めて。

結婚前に習っていた先生は茶箱が好きで、よくお稽古をしたものですが、今の先生で茶箱をしたのは1回きり。

茶箱が私を呼んでいるー。

というわけで、インテリアコーディネーターさんがこの間来た時、約束したのです。「次は本を見ながら茶箱しましょう」。

折も折、お茶道具屋さんのDMに「茶箱道具4割引」の文字が。買いに行かねば!

で、買って来ました。奥から器据(きずえ)と和敬板(わけいいた)。うぐいす針。

130_3098_2 130_3099_2

桑、溜塗、黒塗などいろいろあるようですが、 前の先生がお持ちだった桐生地のもの(今の先生のは見たことがない)を買おうと行ったところ、お取り寄せになるようで。桐生地はお店に在庫がある溜塗のものの2割安(もっと安いと思っていた)だったのと、生地のものは染みになりそうだったので、結局、桐の溜塗のものを購入(調べたら、茶入を購入したネットショップのほうが少し安かった)。

器据を広げてみたものの、うぐいす針を刺す穴が開いてない。これって自分で突き刺すんでしょうか・・・怖いわ。

第2水曜日が待ち遠しいんだけど、次の第3水曜日に先生、社中の方をご招待するので、そっちのお稽古(一応、続き薄茶をする予定)したほうがいいような・・・

わいわいハロウィン

勢いに乗って作っちゃいました。10月のもの。

刺繍はうまくできませんbearing

130_3096_4   

ピアノリサイタルに行ってきました

レッスンに通っている楽器屋さん主催のピアノリサイタルに行ってきました。

’07年ロン・ティボー国際コンクールピアノ部門優勝(第1位)の田村響(たむらひびき)さん。男性です。1986年生まれで、現在ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学に留学中です。

プログラムはバッハ「イタリア協奏曲」、ベートーヴェン「テンペスト」、ショパン「スケルツォ第1番」、リスト「孤独の中の神の祝福」、「ダンテを読んで」。

開場5分後に着いてみれば、すでにステージ向かって左側(手の動きがよく見える)はほとんど席が埋まっていました。仕方なく、真ん中あたりで。

髪を短く刈っていて、一見体育会系(?)の彼でしたが、ピアノの音色はとっても柔らかで優しい響き(名前どおり)。少し見えた手も指もしなやかで柔らかくて動く動く。当たり前ですが、とても上手でした。フレージングや、メロディーがとてもきれいで、聴いていると楽譜が浮かんできそうなくらい。

前半は気合を入れて聴いていたのに、後半になったら、ところどころ別のこと考えたり、うとうとしてたり(なんか変な夢まで見てた。母と子が会話してるような)・・・彼は集中して弾いているというのに、なんて集中力がないんでしょう、私。しかも、後半は初めて聴く曲ばかりで、アンコールと勘違いしていた曲が、プログラムの最後だったようで。とっても素敵な曲でした。

アンコールはショパン作曲リスト編曲6つのポーランドの歌「愛しい人」、「小犬のワルツ」でした。

今は手軽にCDで音楽が聴けるけれど、やっぱり生はいいですねhappy01

宝くじの日記念 第546回 全国自治宝くじ 

連日、宝くじばかりアップで、荒んだブログだわ・・・

先日のスクラッチ、別に西日本のみ売り出してるわけではないようで。売り出し数と当選本数が違うのでしょう。多分。

さて、9/2 宝くじの日から売り出された「全国自治宝くじ」、本日、抽選日でした。

1000万通(20億円)1ユニットを5ユニット(100億円)売り出し。

1ユニットにつき
1等       1億   5本
1等前後賞 2500万  10本
1等組違い  10万  495本
2等     1000万   50本
3等      100万  500本
4等       1万  5万本
5等       1千 50万本
6等       200 500万本
記念賞     3万  2万本

10枚買って、結果はめでたく 200円。ま、これが順当というものでしょう。

オータムジャンボは9/29(月)から売り出しです。

第1901回 西日本宝くじ 幸運の女神ラッキー3

9/17(水)、今日から発売です。

購入場所はいつものショッピングセンターのサービスカウンター。

前回の当たりくじと引き換えに1枚購入。ちょっとおじさんの軽蔑の視線が痛い。

今回のスクラッチ、9/17~西日本のみ発売です。400万通(8億円)売り出し。

1等 300万   8本
2等  5万   40本
3等  1万  744本
4等  2千 4000本
5等  1千 110640本
6等 500  40万本

6ヶ所削って、同じマークが3つ揃ったら当たりです。ラッキー3というらしい。

また、6等500円が当たりました! すごい!130_3092 おじさん、ありがとう。

500円の当選確率は1/10。前回のスクラッチと同じですが、当選金額が違います。わーいわーい。

次回の西日本スクラッチは10/1~。

9月レッスン1回目

9/2、9/9と予定があって、ピアノのレッスン3週間ぶりです。8/27~9/5の間は覚えてないけど、その後は6日、15日にしか練習してません。

まず、ツェルニー40番の15番。8月の2回目のレッスンで初めて弾いた曲。今日、○もらえました。やった! 次は飛ばした13番。いつもの倍の長さ(4ページ)あります。

そして、モーツァルト。「夏衣さんのピアノは軽い音が出るから、モーツァルトが似合うと思う。初めて聴かせてもらいます♪」と先生はなんだか期待気味。そんなに期待されると困るんですけど。

「スーパーピアノレッスンと、私が使っている全音の『ソナタアルバム2』と楽譜が全然違っていて、全音でずっと練習してたからそれでします」と伝えると、先生は赤い本でやったとのこと。赤い本って『ウィーン原典版』のことですね。

同じ曲でも出版社によって楽譜はそれぞれ違います。なぜ違うかは私はよく分からないので、右記ご参照ください。教えてgoo!「輸入楽譜について」

弾き始めると、やはり先生が習ったものと違うところが多々あるらしく、その部分はスーパーピアノレッスンのテキストで確認することになりました。

で、家に帰って確認したけど、全音のと全然違うので困ってます。しかも、スーパーピアノレッスンのテキスト、見づらい。

やっぱり(高いけど)ウィーン原典版買ったほうがいいかしら・・・。

やっと

見に行きました。「崖の上のポニョ」。

既成概念吹っ飛ばして、「ファンタジーだから何でもありで、そのまま受け入れる」心構えをずっと保ちつつ見ないと、置いてけぼりをくらいます。

ていうか、こないだ買ったパトリシア・A・マキリップの『ホアズブレスの龍追い人』に較べたら、映像で見せてくれるだけ分かりやすい(『ホアズ・・・』は文章が突飛すぎてイメージしづらい。読むのに相当てこずってます。翻訳者も大変だったでしょう)。

宗介がリサに優しい言葉をかけるところ、ワーグナーに似た曲に乗ってポニョが波の上を駆けるところ、舟の親子と話してるところ、等々、別に泣きどころでもないところで、おめめからおみず出てました。

「生きてるっていいな」と思ったので、宮崎さんの魔法にすっかりかけられてます。

鍋敷き

連休の真ん中、観光客でごった返す倉敷の美観地区に行ってきました。

さすが連休。駐車場どこも満車です。

お目当てはコレ↓

130_3088_3

鍋敷きです。何に使うかというと、お茶。

茶釜を布や紙に包んで箱にしまうと、布や紙が湿気を呼んでサビてしまうそうで(釜の箱の中にはちゃんと黄色い布が入ってますが)。何にもくるまずにぽんと箱にしまったほうがよいらしく。

その際、箱の底にこの鍋敷きを置いて、釜を置くというわけ。

けど、普通のお店にはこんな鍋敷き売ってない。確か以前倉敷のお土産屋さんで見たような気がして、行ってみたらばありました。1軒だけでしたけど。

風炉用と炉用(まだお釜持ってないけど)で2つ購入しました。

これはわらを編んだものじゃなくて、ひるぜん(岡山県北の高原)で作られたがまのものです(ひるぜんに行くとたくさん売ってるかも)。机に置きやすいように下が平らになっていて、壁に掛けるようにか輪っかまでついてます。わらじゃないので、ぼろぼろ屑が落ちることもなく。結構いいお値段でした。

サーキットトレーニング 3年目突入!

一昨年の9月16日から始めたサーキットトレーニング。丸2年が経ち、3年目に突入です!

9/11(木)に測定をしてもらいました。

結果は、去年とほぼ変わらず。

1歳年をとったのに去年と同じということはいいことかもしれません。

長いスパンで見ると、体脂肪は着実に減ってるようです。

週3回これからもがんばろう!

月見の茶会

心配していた雨も降らず、お茶会が無事終了。

感想を一言:暑かった・・・

初炭手前、70点といったところでしょうか。

火箸でお炭をついだときはなんともなかったのに、灰さじ持った手はぶるぶる震えておりました。恥ずかしい(先生は初々しくてよいと言うが・・・あまりに手慣れた風情はよろしくないと)。

火箸でつまんだお香を落とすわ、紙釜敷を懐中したまま炭斗(すみとり)を取りに行くわ、まあ数えればいくつか失敗はありましたが、手順はどうやら間違えなかったようで。よかった。

しかし、その後、お濃茶用のお菓子を出したとき、その場で挨拶してしまったのでした。挨拶はいらないのです。アホ。お濃茶のお運びは普段しないから、うまくいきませんね。と言い訳。

お客さんで来てくれたみんな、楽しい時間を過ごせてたらいいなあ。

お茶事の準備

午後から仕事を休んで、明日のお茶事(昼するのに名目は月見の茶事)の準備に行ってきました。

まず掃除、そして道具出し。

身内(青年部)のみのお茶事ですが、初炭手前(しょずみてまえ)をすることに。人前でするのは初めてです。うまくできるかな、どきどき。

普通は手前をしつつ問答をする(これが結構難しい)のですが、今回は半東(はんとう)さんがすべて話してくださるので、一安心。

夫は今日仕事で遅いので、夕食の準備もいらず。着物の準備をして早々と寝ます。おやすみなさい。

明日、雨降りませんように。

秋風に誘われて

9月ももう中旬。ようやくできた、と毎月言ってます。130_3086_2

今回パーツが少なく、そのパーツも超簡単だったのに、落とし穴が。・・・刺繍。

何度もやり直したけど、うまくいかないので、そのままGO。

10月分を見たら、パーツがたくさんある上、刺繍もたくさんcoldsweats02

茶入

ネットオークションで買った茶入(新品)が届きました。

130_3081 これでお濃茶の練習ができる!

と思ったのも束の間、楽茶碗持ってなかった・・・

今度は楽茶碗を買わねば!

次の水曜日にインテリアコーディネーターさんが遊び(お茶)に来てくれますが、もう掛けるお軸もなし。年中使える色紙or短冊も欲しいなあ。

ほとんど挫折

うちにある唯一のWiiソフト。

スーパーマリオギャラクシー。

やっぱり任天堂のゲーム機はマリオが一番! と勇んで買い、あまりのステージの難しさ・多さに攻略本まで買ったにも関わらず、ほとんどやってない。

理由は・・・

酔う、のである。

ちゃんと注意書きがあるのです。

「3D表現が含まれるゲームソフトでは、個人差はありますが、シーンにより乗り物酔いに似た症状が現れることがあります。その場合、プレイを一旦中断し、休憩をお取りください。」

それを読んでちょっと迷ったのだが、「そんなことないよ」と言う職場の人の言葉を信じて買ったのだ。

ステージはクリアするまで、途中でセーブができない。ので、長いステージだと最後のボスキャラにたどりつく頃には体がふらふら。長いステージでも先に先に進めていけば短時間でクリアできるのだけれど、根が貧乏性なので、ステージにあるコインやスターピースはなにがなんでも全部取りたい。そうやって進めていくうちに、気分が悪くなっていくのである。ゲームが終わったあとは、もう寝ることしかできません。

121のステージのうち、まだ24つしかクリアしてない。

もう売って、マリオカートを買おうか悩んでます。

備前 花入れ

引っ越してもう9ヶ月近くになるのに、今頃「新築内祝」。お祝いをくださった親戚はみな遠方で、なかなか遊びにきてもらえないので、お礼に。岡山らしく備前焼の花入れにしました。

130_3076_r1 お茶の青年部でご一緒している方が備前焼作家でもあり、窯元でもあるので、そこでお願いし、みんなには先週発送してもらいました。で、今日、役員会でわが家の分をちょうだいしました。8/2に窯出ししたばかりの、できたてのほやほや(?)です。

親戚の方が「素敵」と言うとおり、本当に立派ないいものです。別に花を生けなくても、そのまま置いておいても素敵。桟切り(さんぎり)という窯変です(協同組合岡山県備前焼陶友会 参照)。

備前焼は釉薬をかけずに焼くので、この表面に出てる模様は人間が作ったもの(人工的に模様をつける特殊なやり方もあるようですが)じゃなくて、窯の中で出来上がったもの。世界に同じものは2つとありません。

備前焼にはあまり興味がなかったのですが、いいものが手に入ったら、また次も、とハマりそうです。

9月に買う本

9/4 ジャンプコミックス 『サムライうさぎ 7』 福島鉄平

お盆に実家で雑誌の最終羽を読む。打ち切り以外の何物でもなく・・・。まあ、ジャンプだから仕方ないか。

9/19 ウルトラジャンプコミックス 『天上天下 19』 大暮維人

どんな話だかすっかり忘れ。もうそろそろ終わりそうな雰囲気だった気が。

9/5 ハヤカワ文庫 『ドラル国戦史5 水晶砦の攻防』 D&L・エディングス

いつも表紙の絵が誰なのか考えますが、前回の4の表紙はさっぱり分からなかった。あのギャルみたいなのが、アーラ!? 右にいるのが鷲鼻で、中央はジャルカン? 左はナラサン? アーラ、全くイメージと違うんですけど・・・

第1899回 西日本宝くじ 中秋の名月スクラッチ

一夜明け、宝くじ新年が始まったような感じ。

というのも、今日いつものショッピングセンターのサービスカウンターで買ったスクラッチ、200円当選! 200円購入したので、プラマイゼロですが。130_3068

記念(?)に、今日から宝くじの当選結果をブログに書き留めることにしました。

今回のスクラッチ、9/3~西日本のみ発売です。350万通(7億円)売り出し。

1等 50万   21本
2等  5万  154本
3等  1万  231本
4等  5千 2450本
5等 200  35万本
中秋の名月賞 2千 103,145本

5つのマークのうち同じ種類のマークが横1列に3つ揃ったら、当たりです。トリプルマッチというらしい。

200円の当選確率は1/10。10枚買ったら、絶対当たりが入ってるんでしょうか? スクラッチくじはいつも1枚(200円)しか買わないので、分かりません。

もちろん、「宝くじの日記念 第546回全国自治宝くじ」も買ってきました。9/2~9/17発売で、抽選日は9/19。

カレンダー見たら、今日は「大安」でした。この調子で「宝くじの日・・・」も当たりますようにrock

次回の西日本スクラッチは9/17~。

宝くじの日

9月2日は「宝くじの日」。

1年間の宝くじのハズレ券の敗者復活戦です。しかし、景品はしょぼい・・・
平成19年8月1日~平成20年7月31日に抽選が行われたハズレ券(スクラッチは裏面に記載あり)に限るので、こないだのサマージャンボは該当しません。詳しくはコチラ→みずほ銀行宝くじコーナー

130_3064

わが家にある今回対象のハズレ券。結構ハズれてますcoldsweats01

10番違いでした。これで心置きなくゴミ箱にぽいっ。

さて、今年は「かもめーる」の抽選日でもあります。詳しくはコチラ→日本郵便
数少ない暑中・残暑見舞いを確認しましたが、こちらもなし。

9/29(月)からオータムジャンボの発売ですが、その前に「宝くじの日記念 第546回全国自治宝くじ」というものがあります。

1枚200円で、9/2(火)~9/17(水)発売。

ちょっと表を作ってみました。Takarakuji_2

「宝くじの日記念」くじは下2ケタで当たるくじが1000円(他の通常のくじは2000円)ですが、ジャンボ並みの高金額が狙えるのがよいところ。1枚200円だからジャンボよりお得だと思います。次回のオータムジャンボの2等、3等と当選本数が同じですが、前回のオータムジャンボの2等の当選本数は2本、3等は20本だったことを思えば、「宝くじの日記念」がいかに高チャンスというものか(私見ですので、探せばもっと好条件の宝くじがあるかもしれません)。

しかし、ジャンボよりも発売枚数が格段に落ちる(5000万枚、オータムは13000万枚)ので、早めの購入がベター。

私も早速買いに行ってきます。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック