« 楽譜 | トップページ | 煙草盆 »

楽譜 その2

明後日のレッスンに向け、モーツァルトのソナタK.333がんばってます。20歳代でレッスンを再開したときよりも指がよく動いているように思えるのは、練習量もあるけどグランドピアノで音を出して練習していることが一番いいように感じます。上達するには道具は選ぶべきです。

楽譜が2つあって、微妙に違うのでこんな感じで練習してます。131_3103_2

最後のほうまで練習していったら、音が全然違うことが判明!

131_3104

『スーパーピアノレッスン(以後、SPLと略)巨匠ピレシュの・・・』

ファレレレ シファレ シファレシ ・・・

131_3106 『全音ソナタアルバム2』

ファファファファ ファレシファ シファレシ ・・・

前半によく似たところがあって、そこは2つとも ドドドド なので、全音が正しそうだけど分からない。

今日立ち読みしてきました。

結果、『全音ソナタアルバム2』だけが違ってる。

ウィーン原典版も、以前のSPLでモーツァルトを教えてくださったアントルモン先生オススメのヘンレ版も、さらには全音のウィーン原典版準拠も ファレレレ シファレ シファレシ でした。これで練習するぞ!

ウィーン原典版かヘンレ版(輸入楽譜)を買ったほうがよさそうだけど、どちらもお高いの・・・悩みます。

« 楽譜 | トップページ | 煙草盆 »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/42627974

この記事へのトラックバック一覧です: 楽譜 その2:

« 楽譜 | トップページ | 煙草盆 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック