« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

スーパーピアノレッスン 第2回

土曜日「巨匠ピレシュのワークショップ」第2回を見ました。レッスン曲は第1回目に続き、シューマンの「アラベスク」。今回のレッスン会場はブラジル。弾くのはオランダ出身の11歳の男の子。

第1回の感想が書かれたブログをいくつか拝見したところ、これまでの1対1のピアノレッスンとは違っていて、ピレシュさんとアシスタントの講師(ピアニスト、チェリスト、音楽療法士)、生徒さんたちが入り混じっていろいろ意見を述べながら、表現の仕方などを話し合っていくということで、興味津々でテレビの前に。

いきなり哲学的なことを話し合っているみんな。言語は英語。やはり幼い頃から本格的に勉強している人は英語で会話ぐらいできないといけないのね・・・。

ピレシュさんが言うには、「私たちはwantingしすぎる。こうしたい、ああしたい。wantingは内側に向かっていくもので、無理が出る。だから、wishing(願い)を持って演奏して。wishingは外側に向かっていくものだから」。

そんなこと考えたこともなかったけど、まさしくそのとおり。

むかーしのNHK趣味百科「ピアノで名曲を」に出ていらしたヴェーラ・ゴルノスターエヴァ先生もとても哲学的な人でした。なんらか哲学的なことを考えないと、楽器とは向き合えません。

そして、アラベスクのレッスン。「腹筋、背筋が大事よ」とこないだ私も先生に言われましたが、腹筋、背筋を鍛える体操を彼はしていました。体が動いて、肩が上がるクセがあるようです。私も体が揺れて、肩が上がります。小学生の頃にレッスンした楽譜を見たら、「肩を上げない」と書かれてました。そのころから治ってないのか・・・。

11歳の彼が弾くアラベスクはとってもきれい。コーダの部分で「歌って。話すように弾いてはだめよ」とアドバイスがあり。「歌う」のと「話す」のとは違うのですね・・・、私にはあんまり区別がつきません。

そして、今日日曜日。テキスト買ってきました。wantingとwishingについての記述はなし。1回目見逃したのが痛い。

知らぬ間に・・・

始まっていました。NHK教育「スーパーピアノレッスン」新番組。

2008年8月~12月「巨匠ピレシュのワークショップ」 土曜日の午後0:30~0:55。

今日は2回目。なんとまた、シューマン 作品18 アラベスクの2回目。なにかとご縁がありますわ。

しかし、教育テレビなのに再放送がない! なぜ? なぜ?

第1回は見逃しております。はああ。

これまでの「スーパーピアノレッスン」すべて録画してるのに~。アンコール放送をお願いします。

10/25 第10回、11/8 第11回はこれからトライする、モーツァルトのピアノ・ソナタK.333。

すごい偶然。テキスト買ってきます。

2008年12月~2009年3月はアンドラーシュ・シフによる「ベートーベンのピアノ協奏曲(仮)」だそうです。これも楽しみ。

私としては「ベートーベンのピアノ・ソナタ」やってほしい。

バルコニーならぬ掃き出し窓にて

近所の家の掃き出し窓の下(外)に一匹のネコ。首を伸ばして座ってた。

見つめる先は家の中。

同じように座って視線を受け止めているネコ。

傍から見てもラブラブの2ネコでした。愛だわ~。

オークションで茶道具

以前電気風炉を購入したお店のオークションで、茶道具落札できましたhappy01

割とお値打ちに手に入ったのではないかと、悦に入ってます。

もう1点欲しかったものがあったのですが、えらく高値になってしまって、あきらめました。

来週には手にできそうです。楽しみ~happy02

ピアノの練習も大事だけど、9月半ば初炭手前を人前ですることになったので、手順を覚えないと。いつも先生のおっしゃるとおりに体を動かしてるだけだから・・・。

簿記の勉強、二日坊主です。

モーツァルト ソナタ第13番

さらっと楽譜眺めてみました。

ケッヘル番号は333。1778年モーツァルト21歳、パリでかかれたものと言われてきたのですが、最近の研究で2-5年後にかかれたものとなっているようです。

CD持ってないかと探してみたけど、持ってるものは310、330、331、332、545。モーツァルトの気分に浸るため、ただいま聞いてます。

軽く流して弾いたときは気づいていなかったのですが、この曲5ページもあるweep こないだのベートーベンが3ページだったので、えらい違いです。大丈夫か?

まる、もらいました

やりーhappy02
ベートーベンのソナタ Op.2 , №1 第1楽章、二重丸もらいました。
やっと終わった。半年長かった。

「発表会の前ぐらいから音が出てくるようになりましたねー」と先生。
6年半のブランクから抜け出せたのだと思います、おそらく。
あとそれと、生ピアノの感覚。今まで主にヘッドフォンでクラビノーバで練習してたから。ピアノの音の出し方を少しずつ摑めてきたかな?

さすがに、練習期間が1週間しかなかったツェルニー15番。いきなり○はもらえませんでした。次の3週間後のレッスンで○もらえるようがんばろう。

さて、曲が1曲仕上がったということは、次の曲に挑戦ということ。

全音の『ソナタアルバム2』をめくって、先生が考える次の曲は

モーツァルトなら 20番 のソナタ。

ベートーベンなら 悲愴 第1・第2楽章 or 今日終えたソナタの第3楽章 or 月光 第1楽章。

どれでもいいそうですが、ベートーベンのいずれの曲も有名すぎて、レッスンで弾くのは気恥ずかしい(いわゆる有名な曲はレッスンで弾いたことがないのです。エリーゼのために、トルコ行進曲、etc.)

とりあえず(モーツァルトに失礼な言い方ですが)、モーツァルトにしようと思います。ベートーベン飽きた。

蛇の手触り

月曜日は男性1000円を狙って、映画を見に行きました。前売り1枚だけ買ってあるポニョを見る予定が、今週で最後の『インディ・ジョーンズ』に急遽変更。前3作すべて映画館で見た夫のために、まあ4作目も映画館で、ということで。私は1・2作目見てない。安さを狙って行ったのですが、車で行けばいつでも2人とも1000円。ポニョの前売り、買わなきゃよかった。

しかし、駅前の映画館、最終週ということもあり、夜のみ1回上映の小さなスクリーンのところ。スクリーンよりも周囲の壁の面積のほうが大きいってどういうことよ・・・。スクリーンよりも高さのある、スクリーン下の壁につい目を向けてしまう。さらに、予告がない! 映画館の楽しみといえば、予告でしょ。予告。予告があると思ってもたもたしてたから、座った途端、本編が始まってビックリしました。よかった、間に合って。

まあ最後の週に見に来た私たちが悪いんです。お客さんも1/4ぐらいは入ってました。座席も幅広く、カップルシート(というんだろうか。2つずつくっついてる)になっていて、隣の人に触れ合うこともなく。久しぶりの映画で楽しかったのですが、笑えるシーンであまり誰も笑ってなくて、映画館で見る醍醐味が・・・。

ところどころ私なりに哀しいシーン(悪役だからってあんなひどい目にあわせなくてもいいのに! 笑えない)もありましたが、おもしろかったです。惜しむらくは、スクリーンが小さかったこと。家でテレビ見てるのと変わらない感じでした(ウソだけど)。最後のシーンなんか大画面で見ると大迫力だろうに・・・。

教訓:映画は公開されたら、早く行くべし。

さて、映画の中で、インディ・ジョーンズが大きな蛇をつかむシーンがあるんだけど、「ぬるぬるしてる」と言ってました。実は私、一度大きな蛇(もちろん毒はない)を首に巻いたことがあります。そのときに触った感じでは”ぬるぬる”はしていませんでした。「よくぬるぬるしてるというけど、全然違うなー」と思った覚えがあります。ウロコみたいな感じでもなかったような。サラサラしてたような気がします。ちゃんと脚本書いてほしいなー。

暗譜

ピアノのレッスン、隔週の予定が、私の都合で今月は週1ペースとなりました。

練習せねば。

ベートーベン。何十回と弾いたはずなのに、やっぱり弾けないところが弾けない。

楽譜を見ながら弾いているのが駄目なのだと思い、そこだけでも暗譜することにしました(同じことがツェルニーにも言える)。指の動きを覚えたり、和音を確認したり。

暗譜はできないからと放っておいたけど、暗譜あってこその表現力なのだと実感。楽譜を目で追って指だけ動かしていても駄目ですね・・・。楽譜より鍵盤を見ないと。あとは音楽の流れ。次がどう展開するか、どこを頂点に曲を組み立てるか。いろいろ考えることがあります。

ツェルニー15番。弾けるところと弾けないところがはっきりしたので、弾けないところを重点的に。これもまた弾けないところは暗譜。右手と左手で和音をとって、流れを確認。曲の構成、強弱も確認。

タイムリミットの9時が近づいたので、シューマンのアラベスクさらっと流して(これまた楽譜を見ずに)本日の練習は終了。

また明日がんばろう。

人形焼

小さい頃から大好きなお菓子。

P1000089

人形焼。

近所のお寺のお祭りでは、必ず屋台が出て、売ってました。

もらったわずかな小遣いはほとんど人形焼に消え。1人で3,4つは当たり前のように食べ。しかも、親から頼まれた時もあり、屋台がある数日間毎日買っていたような気がします。

全国どこでもあるのかと思っていたら、隣の県の大学に進学したところ、屋台がないことを発見。

福井でしか食べられないのです。多分福井の人は全国どこにでもあると思っていると思う。違うのだよー。福井に住んでる人がうらやましい。

お祭りの屋台じゃなくて、常時売っているところもあるので、福井に帰ったときは機会があれば買って食べてます。

この夏は隣の町の有名なおそば屋さん(細川元首相や宮崎吾朗さん、鈴木敏夫さんの色紙まであった)へ行く途中、ショッピングセンターの駐車場に屋台を発見! 実家から一番近い人形焼やさん。チェックチェック。

しかも下商店。昔、ピアノを買ってもらったときの営業の方のご親戚のお店です。

7個500円(20年前は8個500だった気が)のところ、母・妹・姪・私×2個で8個購入。

早速、家に帰っておやつにいただきました。ちょっと冷めたけど、おいしーい。皮の薄さとちょっと鼻につく重曹の匂いと味、ところどころ皮を破るぐらい入っているたっぷりのこしあん。

妹は「そばを食べてても人形焼の袋が気になって」。甘いものが嫌いだと公言する弟までもが「あんたの分ないよ」といえば、「えー、人形焼食べる、くれ」。

愛すべきお菓子ですわ。全国展開してほしい。

浅草の人形焼も有名ですが、まったく別モノ。作り方は似てるが、たい焼きとも違うし、大判焼きとも違う。

福井に来て、お店を見かけたら、是非是非食べてみてください♪

明日がんばります

猛烈な眠気に負け、CT→サボリ、ピアノの練習→あっという間にタイムリミット(PM9:00)。

この調子でいくと、簿記の勉強もサボリです。

明日がんばります。

工業簿記1日目

気持ちを奮い起こして、やっと勉強できた。しかし、工業簿記1日目。概要で終わり。30分。

今日はピアノの練習ができなかったので、明日はCT、ピアノ、簿記の3連荘(れんちゃん)でがんばります。

家計簿つけ vs 簿記の勉強

家計簿つけに軍配が上がりました。

簿記の勉強3日目にしてすでに挫折。気合を入れるべく、ノート5冊組まで買ってきたというのに。

言い訳すると、わが家の家計の締め日は15日。帰省する前の12日からの分と月締めの分が重なって、時間がかかっただけなのです。

明日はお茶の役員会でまたも勉強時間がとれなさそうだけど、明日は少しでも簿記の勉強しよう。

厳めしさ

発表会を終え、約3週間ぶりのピアノのレッスン。発表会の写真ももらい、少し世間話。私のレッスンの後に来ている男性(発表会では私の前にシューマンの「飛翔」を弾いていた)は、これまで独学でピアノを弾いていたと聞いて、びっくり。暗譜もしてミスなくすごく上手だった(私には「飛翔」は到底無理)ので、小さい頃から習っていたのだと思っていました。彼は次はベートーベンかモーツァルトをするそうです。「私も次はモーツァルトかメンデルスゾーンをしたいです」と言ったところ、「古典派が好きなの?」と訊かれてしまいました。メンデルスゾーンってロマン派だと思ってたんだけど・・・。古典派じゃなかったら、ショパン、ドビュッシー、リスト? 難しくてトライできません。

さて、レッスン。まずは、ツェルニー40番の14番。初めて先生の前で弾くのに、○もらえました。??? しかし思い返せば、発表会の練習を始めた3月から家で練習していたのだった。次は全く譜読みしていない15番。ちゃんと練習しよう。

次はこれまた1月からやっているベートーベンのソナタ。「案外上手に弾けたかな」と思っていたのに、「可愛らしいベートーベンね」とダメを出されてしまいました・・・。もっと貪欲に厳めしさを追求します。

毎回先生は自分が考えた練習方法(筋トレみたいなものもあり)を親切に教えてくださるのですが、練習方法もいろいろあって、「先生は大変努力されているんだなあ。いろいろ親身に教えてくださって、私ももっとがんばろう」と思いつつ、ふと目に入った先生の二の腕。立派な筋肉がついておりました。私のぷよぷよ二の腕とは雲泥の差。ぷよぷよがなくなるぐらいまで毎日練習しようと心の中で決めました。

簿記勉 再開

今度の試験、11/16(日)。

ちょうど90日前。

再開しました。

初めは簡単、商業簿記2日目。1時間30分。

続けてやれますように。

ただいま

13日~17日のお盆休み丸5日間を、私の実家-夫の実家で過ごし、本日帰ってまいりました。

食事の仕度、買い物、掃除、洗濯などほとんどせず、妹の娘(6ヶ月)、義妹の娘(1歳)と赤ちゃんたちと戯れ、オリンピックの映像に拍手を送り、楽しかった5日間。

13日の岡山-新大阪の”のぞみ自由席”は私1人しか座れなかったけど、新大阪-福井は1週間前に取った指定席に座り(もちろん満席)、15日の福井-米原の”しらさぎ自由席”、米原-豊橋の”こだま自由席”ともに、指定席は満席にもかかわらず、自由席はがらがら。お盆の時季は結構自由席空いてます。17日の名古屋-岡山の”のぞみ(広島着)自由席”も名古屋で結構降りてちゃんと座れました。

家に帰ると、泥棒に入られることもなく、野菜も枯れてなく、朝顔もしっかり伸びて、一安心。

明日は止めておいた新聞13日の夕刊~17日の朝刊が2紙まとめてやってきます。小説がどうなっているか楽しみ。

また明日から普段の生活。今週は、仕事、家事、サーキットトレーニング、ピアノのレッスン、お茶のお稽古(先週休んだ分も合わせて今週は2回)、お茶の青年部の役員会と盛りだくさん。がんばるぞー!

『ハートブレイク・レストラン』

フリーライターの寺坂真以は、仕事場としてよく使うファミレスで、上品なお婆ちゃんと知り合いになる。そのハルお婆ちゃん、ファミレスで話されている不思議な事件の謎をいとも簡単に解いてしまうのだ。しかも、ハルお婆ちゃんにも秘密があって・・・。

このハルお婆ちゃん、フィギュアで売り出したら人気が出そうな見た目で、言葉遣いは非常に丁寧、謙遜を美徳としている感じなんだけど、ちょっぴり茶目っけもある、かわいらしいお婆ちゃんなのだ。

個々の事件は単独なんだけど、「連作ミステリー」とあるように時系列順に話は進んでいき、少しずつファミレス、ハルお婆ちゃんの謎が解けていきます。真以のロマンスも少しずつ進行中。

ミステリーだけど殺人事件はなし、松尾先生の作品によく出てくる○○も登場、松尾ワールド満喫のお話たちです。松尾先生初めての方にも読みやすいです。

最後は「もうお婆ちゃんに会えないの?」と淋しくなりましたが、そんなことにもならないようで・・・。続きが出るかな?

私にはこの本のタイトルが謎。ハルお婆ちゃん、納得できる説明をお願いします。

夏休み

5日(火)の午後から、妹&姪2人(8歳、6ヶ月)がわが家に遊びに来た。

私も仕事を休んで、遊びまくり。今週は、月曜と火曜の午前、金曜の午後しか仕事に行ってない。

火曜は駅に迎えに行き、夕食は家で作って食べたから、まあ普通の日だったが、その後はまるまる遊んでた。

水曜は海の日に行った海水浴場へ。6ヶ月の姪は海デビュー。しかし、彼女はまだ幼すぎて波も怖くないらしく(波らしい波もないけど)全然泣かない。8歳の姪のバタフライも見せてもらった。夜はくるくる寿司へ。隣のボックス席の子供が「○○サビ抜きで」と手慣れた注文ぶり。

木曜は家でだらだら過ごして、年内閉園が決まったばかりの倉敷チボリ公園へ。5時以降は入場料が大人1000円でお得だから、と行ったものの、以前は無料で入れたものもチケットが必要になっていた。パンフレットをよく見ると昼間の入場料も2000円から1500円になってる。アトラクションで楽しんだ後、夏休みにやってる光と花火とダンスのショーを見た。結構面白く、席もたくさん埋まってた。花火の音が大きく響くのだけど、6ヶ月の姪はまたも怖がらない。まだ「怖い」という感情がないのかしらん。

妹は金曜の午後に帰る予定を土曜日に変更したので、私は当初の予定どおり仕事へ。妹たち親子3人は街へ。仕事から帰ってきても家にいず、私一人夕飯の仕度。お水をいれずにトマト缶で作る夏野菜カレーを作ろうかと思ったが、子供はあまり変わったものは食べないというので普通のカレー。しかもバーモントカレーの甘口しか食べられないらしく、スーパーでカレー粉を調達。いつもと違う黄色いカレー。子供がいると食生活もまったく変わるもんですね。その後、オリンピックの開会式をみんなで鑑賞。絵巻のスクリーンなんで出来てるんでしょ?

それで今日。お昼を食べて、新幹線で帰っていきました。4日後に帰省するからまた会えるんだけど、にぎやかだった分淋しくなりました。6ヶ月の姪も人見知りをするという割には、私や夫が抱っこしても泣かなくて(実の父親は抱っこするといつも泣かれて困っているらしいのだが)かわいらしかった。

もともと家にいるのが好きな私なので、この1週間仕事に行かずに家にいたら非常に楽しかった。子供がいるから早く起きるし、ご飯も食べるので規則的な生活が送れる。しかし曜日感覚はなくなる。普段と違うから楽しいのであって、毎日がこんな生活だったら、仕事に行く生活が恋しくなるのかもしれませんが。

来週は月・火と仕事に行ったら、5日間お休みでまるまる帰省。

絶対休みボケになりそうで、非常に恐ろしい・・・。

うきうき夏休み

だんだんと仕上がる日が遅くなっていきます。とほほ。

130_3021 9月(7/20に届いた)分は見た目簡単そう。
8月中に仕上げよう。

8月に買う本

7月に出てた本

7/10 『ハートブレイク・レストラン』 松尾由美 光文社文庫

ファンなんですが、単行本は(高くて)買えません。いつも文庫が出るのを楽しみに待ってます。これもやっと出た。

8/1 『お釈迦様もみてる』 今野緒雪 コバルト文庫

祐巳ちゃんの弟、祐麒くんの話。双子じゃないのに同級生。姉はキリスト教系の学校なのに、なぜ彼が仏教系の学校に行っているのか、不思議なのです。

8/23 『ホアズブレスの龍追い人』 パトリシア・A・マキリップ 創元推理文庫

単行本並の価格ですが、買わざるをえない。今後古本で見つかる可能性は非常に低い。
先日、マキリップの「イルスの竪琴」シリーズ読み終えました。マキリップの世界はとても魅力的。楽しみです。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック