« 腕時計の文字盤 | トップページ | 今日もまたアラベスク »

アラベスクがいっぱい

シフのピアノを真似して、左のペダル踏んでみた。

・・・まったく出来ない。

あきらめました。

昨日、テレビを見てたら、『名曲探偵アマデウス』で、仲道郁代さんがベートーベンの月光の第3楽章を弾いていた。

仲道郁代さんのCD持ってる。とCD見たら、なんとそこにはシューマンの「アラベスク」。うーん、知らなかった。私、アラベスクのCD2枚持ってたんだ。

早速、聞いてみる。

・・・今まで聞いた別のCD、シフ、私が習ってるのと全然演奏が違うんですけど・・・。

この間夕食中にラジオで入って慌ててテープに録音した、もはや誰が弾いたのか分からない「アラベスク」も聞いてみる。うーん、やっぱり違う。

でもまあ、土曜日に聞いたシフが一番私の理想とするところと確信。シフのように目を閉じて音を聞きながら今日は練習してみた。案外弾ける。

よし、これでがんばるぞ! と思った矢先、デジタルテレビの番組表でクラシック番組を検索していた夫が一言。「水曜日にまた別のピアニストの人のアラベスクが入るよ」

とりあえず、録っておきます。

« 腕時計の文字盤 | トップページ | 今日もまたアラベスク »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アラベスクがいっぱい:

« 腕時計の文字盤 | トップページ | 今日もまたアラベスク »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック