« 6月に買う本 | トップページ | 名人戦 »

『パディントン発4時50分』

読む(新しい)本がないので、アガサ・クリスティーを本棚から引っ張り出しました。

先月、夫がポアロとマープルのTVを録画して見てたので、私も簿記勉強中にちらちら見。この「パディントン発4時50分」も見たのだけれど、運良く誰が犯人か覚えてなかったので、小説読んでもOK。

事件はミス・マープルの友人がパディントン発4時50分の列車に乗っているとき、並行して走ってきた別の列車内で男が女性の首を絞めているところを目撃。しかし、その列車から女性の死体が出ることはなかったのだけれど、友人の言葉を信じたマープルは死体を放り出したと思われる場所を特定。知人の有能な家政婦に捜査をお願いします。そこはケチな老人が住むお屋敷。その子供たちもなかなかのクセモノぞろい。殺された女性は誰か、死体はどこか、犯人はだれか。

クリスティーに翻弄されっぱなしでした。おもしろかった。人間関係が分かったので、またTVも見ようっと。

« 6月に買う本 | トップページ | 名人戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/41555366

この記事へのトラックバック一覧です: 『パディントン発4時50分』:

« 6月に買う本 | トップページ | 名人戦 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック