« 落とし穴 | トップページ | ささげ 芽? »

落とし穴から這い上がる

今日、職場で聞いてみた。

同じ電卓を使っている男性社員。
「え、ルートキーなんか使いませんよ」

後ろの席の税理士資格を持つ女性社員。
「私、使ったことないですよ」

彼女の電卓にはルートキーがあるし、試験に使えそうなシンプルなもの。

「電卓って高いよね」
「これ5,000円ぐらいした」

・・・やっぱり5,000円は必要か。

もう覚えるか、ひとよひとよにひとみごろ。ひとなみにおごれや。ふじさんろくにおーむなく。

あれ、√7はなんだっけ?

しかし、なんだ、簿記はお金の計算をするものだから、そんな小数点まで覚えないといけないものか? 単に√64=8とか出来ればそれでいいんじゃないのか? テキストに「ルートキーのある電卓を使用してね」と書かれているのを鵜呑みして、次のページの練習問題見てないけど、九九さえ分かれば済む話じゃないのか? それとも、試験に出たら捨てるか?

帰って問題を見たら、「√16,000,000は?」等簡単な問題だった。

電卓買うのやめます。

« 落とし穴 | トップページ | ささげ 芽? »

簿記 1級」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/40890517

この記事へのトラックバック一覧です: 落とし穴から這い上がる:

« 落とし穴 | トップページ | ささげ 芽? »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック