« 美の壺 | トップページ | ドライブ »

メトロノーム その1

ツェルニー40番の11番、仕上げる際に先生に言われました。「メトロノームで合わせてきてね」。

ツェルニー30番にしろ、40番にしろ、楽譜に書いてあるテンポはもうむちゃくちゃ。

例えば、11番。テンポはPresto(急速に)。付点四分音符=132。
ソミファレミドというフレーズを1分間に132回弾ける速さで弾けということ。
無理、である。いくら早口言葉が上手でも、口で言うのも無理だと思う(指より口のほうが遅いかしらん)。付点四分音符=120としてみたところで、1秒間にソミファレミドドラシソラファと弾けないといけない。

こんな驚異的な速さで弾けるんなら、他のどんなに難しい曲でも簡単に弾けちゃうよーと思っているのは私だけで、みんなちゃんと楽譜どおりのテンポで弾くんだろうか…と思っていたら、先生も「ツェルニーは速すぎ。こんな速く弾けないわ」とおっしゃってました。よかった。

「付点四分音符=66(半分!)でいいわ」ということになったのだが、私はメトロノームを持っていない。とりあえずはクラビノーバのリズム(メトロノーム)で乗り切った。

メトロノームといえば、四角錐のぜんまい式のが有名?だが、最近ではデジタルのポケベル(いつの時代の人やねん)みたいな大きさのものがあるのだ。それを一つ入手しようと楽器屋さんへ行った。

種類、多すぎーbearing

何がなにやらさっぱり分からん。チューナー付いてるけど、ピアノにチューナーはいらん。昔風のぜんまい式もあったが、デジタル式より高い。なぜ高い?

少しネットで研究してから買おう。ぜんまい式だと場所をとるけど、電池交換は不要だよなあ・・・。

« 美の壺 | トップページ | ドライブ »

ピアノ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/40329344

この記事へのトラックバック一覧です: メトロノーム その1:

« 美の壺 | トップページ | ドライブ »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック