« 工務店へ電話・FAX | トップページ | 『蒼ざめた馬』 »

YAMAHAショールームへ

CTへ行き、大工さんに差入をし、うどん屋(最近土曜の昼食はもっぱらうどん。うどん好きな私は岡山へ来てとっても幸せ)で昼食をとり、いざYAMAHAのショールームへ。

玄関前の来店者ボードに「○○様」とうちの名前が貼ってある。朝電話した後に、「○○さんが来るから打ち出して貼っておいてね」「分かりました」というやりとりがあったことでしょう。手際がよいというか、それがショールームの仕事というか。なんにせよ、うれしいやら恥ずかしいやら。

担当の人は他のお客さんの接客中だったので、ぷらぷらキッチンなど見ていたら、おばあちゃんに連れられた2歳ぐらいの女の子に母親と間違われて、足にタッチされてしまいました。「ごめんなさいね」とおばあちゃんは言うけれど、かわいい子で素敵なハプニング。人見知りしないようなので、ちょっと一緒にキッチンを眺めておしゃべりしました。

その後、別の人が応対してくれて、お風呂の壁面のアクセントカラー決め。なぜだか家のお風呂用品(イス、洗面器、お風呂のふた、石鹸箱)はみんな青緑色(そういう色の商品しかないのかもしれないが)。これもなにかの縁?ということで、候補はライムかミント。ライムを見るとあまりに緑色。ミントに決定しました。お風呂とエプロン、床、ベースの壁の色はホワイトに決定。色弱な夫はアクセントカラーのミントとベースのホワイトの色の区別がつかないようですが、うっすらと見える柄がミントは横縞、ホワイトは縦縞だそうで(私にはそっちのほうが区別つかない)、OKとのこと。決定したお風呂はカタログにあるものと同じなので、YAMAHAのHPに載ってました。YAMAHA システムバス EGシリーズ Eグレード。

次に洗面台も間口幅と扉色を確認。エポックという商品名で、間口は900mm、鏡は3枚扉、扉の色はスノーホワイト。

正味30分でショールームの用事は終わり。近くの雑貨屋さんに行ってみました。初めて入る・・・・。存在は知っていたけど、今まで入らなかったのが悔やまれるほど、いろいろ売ってます。苦労した友人の誕生日プレゼント選び、ここに来ればあんなに悩まなかったのに! おうちが出来たら、物買いに来よう。

次に、工務店さんに念押しされたエアコンの枠を買いに電器屋さんへ。和室のエアコン用です。壁を左官屋さんに塗ってもらうので、エアコン部分はあらかじめ枠をはめ込むとのこと。エアコンは押入れの天袋の位置にかぽっとはめる壁埋込式を買おうと思っています。見た感じは普通の壁掛け用のエアコンが壁に埋まってる感じ。メーカーのカタログをいろいろ見た結果、一番格好がよかったダイキンを買うことにしました。壁掛け式のように「勝手にお掃除」等最新機能はついてないので、見た目だけで選択。対応してくれた店員さんは東芝の方で、後日改めて電話するとのこと。

差入用の保冷箱を取りに行くと、ちょうど大工さんが帰るところ。家の中に保冷箱を置いてあったので、鍵を開けて中に一緒に入りました。この大工さん、毎日いて、優しそうな方なんだけど、初めに紹介された棟梁さんとは違うんだよね・・・。というか、棟梁さん今日来てないし。木曜日に確認しよう。話が茶室に及んだところで「炉の上につける釘、どっち向きにつけますか」と大工さんが振ってくれる。んー、よく分かっていらっしゃる。なんとも頼りがいがあることよのお(『あさきゆめみし』再読中)。「裏○家なので床の間と逆向きです」「お茶室も20年ぐらい前にしたことはあるんだけれど、忘れちゃってねえ」。20年前だろうが本質は変わらない(と思う)ので、全然OKです! 「水屋の竹のすのこもあんまり重たいものはのせないでしょ?」「水が入った甕をのせるので、結構重いと思いますけど・・・」まあ、なんにせよ現場で打ち合わせですね!

買い物をし、帰ってみると、早速電器屋さんからの留守電あり。掛けなおすと、いやに丁寧にいろいろ聞いてくる。曰く「家はもうできてるんですか」「いや、まだ建ててるところです」「じゃあ見に行かなくてもいいですね。10畳用とききましたが、和室の大きさは」「京間の8畳です」「床の間が2畳ぐらいありますか」「1畳あります」「暖房は」「蓄暖を入れるのでエアコンは補助的なもので」「冷房よりも暖房機能のほうが落ちるので、夏に買うお客さんは冷房しか考慮してないんですよね」。売価は高いけど、アフターサービスがよいと言われている電器屋さんなので、誰にでもこんな感じなのかも知れませんが、普段受けたこともないサービスっぷりで驚きました。私はエアコンを買うの初めてなので、他と比べようがありませんが・・・。一旦電話を切ったあとに、また電話。「配管は壁内ですか?」「いえ、内壁には断熱材がぎっしり入っているので壁に穴を開けて外に配管です」「それならいいんです。壁内に配管すると、次にエアコンを入れ替えるときに掃除代が4万円かかって、取付代と含めると結局7万円ぐらいするんですよ」わざわざ電話してきてくれたので、私もおおげさに「そうなんですね!」と乗ってあげました。いやはや、すごいサービスっぷりです。おみそれしました。

今日の LOW … 特になし。

今日の HIGH … またも夫の同僚より「冷麺」もらう。『蒼ざめた馬』読了。

« 工務店へ電話・FAX | トップページ | 『蒼ざめた馬』 »

おうち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/16341839

この記事へのトラックバック一覧です: YAMAHAショールームへ:

« 工務店へ電話・FAX | トップページ | 『蒼ざめた馬』 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック