« 解決 | トップページ | 炉壇 その2 »

炉壇 その1

茶室の最大の懸案事項。それは炉(ろ)。中に入れる炉壇(ろだん)を買わないといけません。電熱(床下のコンセントを使って、電気コードが見えないもの)と炭が併用できるものをWeb・カタログ等で探してました。結果、

候補1 … 裏○家の淡交社が製作して売っている「楽々炉壇」。電熱も炭も使えます。問題は、炉壇が土塗りなので、塗替が必要なこと。
候補2 … 野々田式。電熱用の炉壇と、炭用の炉壇を入れ替えて使えます。問題は独特な形の炉壇受けの設置が必要だと思われることと、炭用の炉壇が組立式なこと。
候補3 … ヤマキ電器。候補1の楽々炉壇の電熱ヒーターはヤマキ製。問題は電気の炉壇と普通の炭の炉壇が入れ替えて使えるかカタログでは分からないこと。

炉でお茶をするには、灰・五徳・炭・釜が必要です。五徳も炭も釜も買えばいいのだけれど、灰って売ってるんだろうか?

茶人として一番大事なのは灰。昔、ある茶人が火事にあって、一番に灰を持ち出したという話もあるほど。道具はまた買えばいいけど、灰は手入れが大変だから。「炉の灰は夏の暑い時期にお番茶をかけて干してという作業をしないといけない。それはそれは大変なのよ」というお茶の先生の話を聞いているので、灰に接することに一歩引いてました。

上記3つの電熱のうち、候補2の野々田式は灰に似せたカバーがついてます。候補1・候補3はどうやら灰を入れて使うみたい。ずぼらな私、灰の手入れができるか不安。とすると候補2の野々田式か?

なかば心を決めて、お茶道具屋さんにでかけたところ、プロならではの視点が! その話はまた明日。

今日の LOW … エアコンの風が冷たいが、ないと暑い。

今日の HIGH … 夫が朝食・昼食つくってくれた。ありがたやー。

« 解決 | トップページ | 炉壇 その2 »

おうち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/16395743

この記事へのトラックバック一覧です: 炉壇 その1:

« 解決 | トップページ | 炉壇 その2 »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック