« 手作り茶杓 | トップページ | サーキットトレーニング 祝1年! »

炉壇 その4

9月6日(木)、営業さん、現場監督さん、電気屋さん、大工さんを交えて、炉壇の確認。一番の気がかりは、床下につけたコンセントや電気コードが熱で溶けたりしないかということ。炉の据え方の資料を見ても、昔ながらの床下が外気と触れているもの。これなら大丈夫だけど、わが家は内断熱工法で厚さ10cmの断熱材でぐるっと囲むことになる。そうなると、炉と断熱材の間の電気コードが熱をもつのは必須。

Ro

安全を考えて止めたほうがいいということになりました。

というわけで、電熱器を使うなら畳の上にコードを這わせて使うということになったので、床の間横の押入れの中にコンセントを追加しました。

今日の LOW … 電気工事の人がいるか分からないのに、夫に現場に行けと言ってしまった。ちゃんと人がいるだろうか・・・。

今日の HIGH … ちゃんといたようで、話も出来たみたい。よかった。

« 手作り茶杓 | トップページ | サーキットトレーニング 祝1年! »

おうち」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/201211/16480673

この記事へのトラックバック一覧です: 炉壇 その4:

« 手作り茶杓 | トップページ | サーキットトレーニング 祝1年! »

2016年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック