« モーパッサン『女の一生』その1 | トップページ | ふき »

ヘルペスの薬

 自覚はないのに、やはり疲れているのか、唇とあごの皮膚にヘルペスが出てしまいました。福井弁で言うところの”かぜねつ”です。一般的には”風邪の華”や”熱の華”と言われるようです。ウィキペディア”福井弁”のか行にあったので、リンク貼っておきます。→ウィキペディア福井弁
 疲れるとよく出る体質なので、以前皮膚科でもらった薬を塗ってます。

124_2447  ヘルペスの薬は処方箋なしでは売ってくれないので、欲しいかたは必ず皮膚科なり内科なり受診してください。よく効きます。症状が出るなというちくちくした痛みを感じ始めた時から塗るとよいそうです。

  私の薬は”ビダラビン軟膏”。奇しくも福井の小林化工という会社のものでした。

今日の LOW … 見積書の訂正が郵送。でもあんまり変わってない。

今日の HIGH … 熟睡。

« モーパッサン『女の一生』その1 | トップページ | ふき »

アイテム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ヘルペスの薬:

« モーパッサン『女の一生』その1 | トップページ | ふき »

2019年1月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ウェブページ

無料ブログはココログ

最近のトラックバック